※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一回放送殺人事件(ご報告が遅れましたが複製原画が当たりました)





 時刻は朝六時を回った。
 頃詩愛島には朝日が昇り、この忌まわしい連続殺人のスタートから六時間を告げる。
 現実時間ではここまで約十一か月。

 十一か月とはどういう事だろうか。

 現実に置き換えよう。
 このロワが始まったとき、マガジン本誌では「白蛇蔵殺人事件」が連載中だった。
 それから、金田一少年は白蛇蔵での事件を解決し、次の「聖恋島殺人事件」を解決した。
 で、今に至る。



 ……。


 …………。


 ………………。



 ――――そう。


 金田一ロワは金田一ロワで進んでいないが、『金田一少年の事件簿』もあんまり進んでいなかった。


 名探偵は二つしか事件を解決していなかったのである。
 うち、高遠が登場する事件ゼロ(※白蛇蔵に出てきた蛇が高遠の変装だったという説があるが根拠はない)。
 チャネラー桜庭が登場する事件もゼロだ。
 その間に十五人くらい死んだんだから金田一ロワのペースはいうほど遅くもないじゃないか。

 とはいえ、その間になんと、「聖恋島殺人事件」で真相当てクイズが復活している。
 読者が推理に参加し、犯人を当てて応募すると、豪華プレゼントが当たるというあの企画だ。
 今回のプレゼントは、リクエストしたキャラをさとうふみやがサインと共に描いてくれる色紙である。これが一名に当たる。
 で、そのあとで、「一名じゃ少ないだろ」と気づいたのか、十名に複製原画が当たるというサービスも追加された。



 本題はここから(重要)!!!!!!!!!!!!!



 自慢ではないが、なんと私は、このたび、十名にしか当たらない複製原画が当たった。
 講談社からクソデカい郵便物が届いて、「なんやねん」と思って開けてみたら、「血溜之間殺人事件」の複製原画が届いたのである。
 それは、サイン色紙に描いてほしいキャラとして「小角由香里」をリクエストしたからだった。そのキャラの複製原画がもらえる仕組みになっていたのだ。
 そのため、このロワに出ている星くんやインフルは映っていない(海峰だけ映っている)。それどころか金田一すら映っていない。
 調べてみたところ、「茅杏子」や「井沢研太郎」など、サイン色紙にリクエストされてもおかしくないような『金田一少年の事件簿』屈指の人気キャラの複製原画が当たっている人間がいた。おめでとう。
 どこかにチャネラー桜庭をリクエストした人間もいるのだろうか。


 で、複製原画が届いたのは今年の四月二十八日の事である。
 この日は、奇しくも「魔術列車殺人事件」において地獄の傀儡師からの予告状に記された事件の日から二十一年が経過した日である。
 わかりやすい言い方をするならば、ジェントル山神とノーブル由良間の命日だ。
 あの日、机の上に置いてある自分宛の封筒を開けた時、――こういう言い方は月並みだが――一瞬、何が起きたのかよくわからなかった。
 なぜかというと、金田一ファンの大多数は、もはや『金田一少年の事件簿』を読みすぎて、日常にあるあらゆるものが『金田一少年の事件簿』にしか見えなくなっているのである。
 ボールペンを持っただけで「ペンが心臓に刺さった!」を思い出して吹き出し、トイレに行くだけで毎回秘宝島殺人事件を思い出して佐伯航一郎の代わりに(あるいは高森ますみの代わりに)便座を下げておく事で精神的な余裕を保つ。
 人物名を見るとイニシャルがSKであるかそうでないかを必ず確認し、アメリカの存在を聞くだけで佐伯航一郎の伯父が頭を過る。
 末期は森羅万象あらゆる物がさとうふみやの画風で見えてしまい、目が覚めている時は勿論、眠っている時でさえ金田一少年の事件簿の事しか考えなくなる。
 つまり、封筒の中身を開けて『金田一少年の事件簿』の複製原画が入っていたとしても、それは講談社からの「金田一ロワをこれ以上書き続けたら訴える」みたいな内容の手紙がたまたま『金田一少年の事件簿』に見えていた可能性が高いと考えても違和感がないという事だ。

 しかし、なんと複製原画はマジで当たっていた。
 自慢じゃないが、複製原画が当たっていた。
 いやあ、応募して良かった。当たって良かった。毎週マガジン買うようになって良かった。
 自慢ではないが。





 ――――かくして、主催者からの放送は始まった。





『――おはようございます、六時になりました!
 リスナーの皆さん! 頃詩愛島にようこそ。
 私、美国礼奈がお送りする「第一回放送」。今日はリクエストにバンバン応えてメールもファックスもいっぱい読んじゃおうかな?』





 美国礼奈――そう名乗った人物の放送が島内でにスピーカーを通じて響き渡る。
 主催者側と参加者側でコミュニケーションを円滑にする為、このバトルロワイアルの放送では島内の参加者がメールで送った曲やお便りを放送で流してくれるシステムになっているのだ。
 これにより、殺し合いを強要する主催者と、殺し合いを半強制されている参加者との間の溝が縮まることが狙いだ。
 また、曲やお便りが採用された参加者には抽選で追加の支給品がプレゼントされる。それ目的の参加者もいるのかもしれない。

 何より、このラジオ番組・『第一回放送』では、名鳥めぐみと美国礼奈が司会を務め、二人が再び安定期に入ったさとうふみやの作画でそれなりにかわいい事から、参加者からの人気も高い。
 対主催、マーダー問わず多くの参加者が島内のメールやファックスで彼女たちにリクエストを送っているらしい。
 人を殺したとはいえ何の罪もない彼女たちが主催サイドにいる理由はよくわからない。しかし、おそらく黒魔術による洗脳を受けている為か、ラジオパーソナリティがよっぽど好きな為だろう(そのあたりは特に掘り下げなくてもよい)。


『……さて、それじゃ今早速リクエスト届いたので、曲行っちゃおうかな?
 今日の一曲目は参加者のチャネラー桜庭さんのリクエストで、DEENの「ひとりじゃない」』


 と、そんな感じでDEENの名曲「ひとりじゃない」が放送を通じて会場に流れた。
 しかし、この会場の人間の多くは、「ひとりじゃない」という曲名を聞いて、堂本剛の「ひとりじゃない」を想像するのが自然なのではないだろうか?
 なぜ、チャネラー桜庭はあえてDEENの「ひとりじゃない」を流したのだろうか。

 そう、ご存知の通り、チャネラー桜庭は太っている。
 太っているという事は、当然オタクである。
 オタクという事は、漫画やアニメが好き。
 すなわち、ドラゴンボールが好き。
 ドラゴンボールが好きという事は、ドラゴンボールGTの主題歌であるDEENの「ひとりじゃない」をリクエストしてもおかしくないという事だ。

 マガジンじゃ一度死んだら生き返れないんだぞ!
 そんな曲が流れてから、八分ほどトークしているうちに、次のリクエストが参加者の携帯電話か何かから発されたようだ。
 今度は、宇多田ヒカルの『COLORS』。これは、別にどうでもいい。


『それでは次の曲です。不動高校三年生の――遠野英治さんのリクエストで、Mr.Childrenの「HERO」。
 どんな時も僕は君にとってのヒーローでありたい……そんな曲です』


 遠野がリクエストしたミスチルが流れる。
 そんなこんなで、参加者たちのリクエスト曲がいくつか放送で流れていった。
 ほかにも、様々なコーナーが展開される。
 たとえば、美国礼奈の高校時代トークなどだ。
 彼女の高校時代の話が笑いを交えながら語られる。暗い殺人事件の話題はあまりない。
 それというのも、彼女の出身校である秀央高校では、現在までの連載で二件程度しか殺人事件が発生しておらず、いずれも彼女の在学期間の出来事ではないからだ。
 秀央高校で発生した殺人事件といえば、『明智少年 最初の事件』と『高遠少年の事件簿』だが、『明智少年 最初の事件』は明智健悟が三年生の時に起きた彼の「最初の事件」なので、明智の先輩である美国はその場にいない。
 それからさらに時間が経過して、明智が大学二年になってから起きている『高遠少年の事件簿』の出来事は、彼女が音羽女子大で殺人事件を起こす話と前後している。
 まさか、あの高校が自分含め四名も殺人犯を輩出する事になるとは夢にも思っていないだろう。


『――というわけで、私の高校時代トークは以上でーす。意外とマジメだったんですよ?』


 そんなこんなで、ラジオが盛り上がりつつあったところで、今度はバトロワ恒例の死亡者発表が行われた。


『それから、忘れてましたが主催側から、このバトルロワイアルでの現在までの死亡者を発表します。
 今回亡くなったのは、

 香取洋子さん
 霧島純平さん
 五塔蘭さん
 佐伯航一郎の伯父さん
 島津匠さん
 高槻鈴音さん
 高森ますみさん
 多岐川かほるさん
 出門章一さん
 遠間もえぎさん
 仁藤伸行さん
 ノーブル由良間さん
 冬部蒼介さん
 あと尾ノ上と矢森


 亡くなった方々、尾ノ上と矢森以外残念でしたね!

 実はこの中に高校時代の後輩らしき人がいました!
 すごくヤバいっていうか、普通に人とか殺してる人だったみたいです。
 なーんてね!

 ……ええと、じゃあもう一曲。最後のリクエストをかけちゃおうかな。
 ここまで特に何もしてないし登場もしてない参加者のダンデライオンさん。
 SMAPで「世界に一つだけの花」。これも名曲ですよね!』


 それでもまだ放送は続く。
 この放送の構成は、七十分間ほぼ美国が喋り続ける事によって成り立つ形になっているわけだ。
 七十分もかかる第一回放送を行った主催者は彼女が初めてだろう。



『長かった七十分ですけどお別れの時間がやって来ちゃいました。
 美国礼奈の「第一回放送」はいかがでしたか?

 では、あと三日間、がんばってこの殺し合いを続けて会員権を手に入れてくださいね!
 また五時間後に皆さんにお会いできるよう、願っております。

 この後、五時間のバトルロワイアルを挟んで次は一年生のキュートなコンビ鶴丸子&弥生の「爆笑本音トーク&第二回放送」。
 十二時からの放送です。

 それではバイバイ☆』



 放送は終わった。
 この放送の間、彼女たちが一人の人間を殺していた事など、誰も知る由もないだろう……。
 別に知らなくてもいいだろうし……。



【海堂理人(主催側)@学生明智健悟の事件簿 死亡】




【第一回放送の構成:

 トーク 8分
 曲① 2分(DEEN「ひとりじゃない」)
 トーク 8分
 曲② 2分(宇多田ヒカル「COLORS」)
 トーク 8分
 曲③ 2分半(Mr.Children「HERO」)
 トーク 7分30秒
 曲④ 2分(SPEED「Be My Love」)
 トーク 8分
 曲⑤ 2分(夏川りみ「涙そうそう」)
 トーク 8分
 曲⑥ 2分(ドラゴンアッシュ「ファンタジスタ」)
 トーク 7分
 曲⑦ 2分(SMAP「世界に一つだけの花」)
 トーク 1分 】



※主催者の中に、「美国礼奈、名鳥めぐみ、鶴丸子、弥生@学生明智健悟の事件簿」がいます。
※参加者の中に、「ダンデライオン@学生明智健悟の事件簿」がいます。


035:顔を出さなくなったあたりからずっと上映しているのはすごいと思う 時系列 037:
035:顔を出さなくなったあたりからずっと上映しているのはすごいと思う 投下順 037:
GAME STRAT 美国礼奈
GAME START 名鳥めぐみ
|