※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.



「私は赤沼三郎だ」

 赤沼三郎、参加者X。
 彼の正体が津雲先生と水沢利緒にも気になってくる頃合いだった。
 それは頑なに覆面を被り、「私は赤沼三郎だ」と言い張る赤沼の事が、いい加減に無礼に感じたのである。

「私は赤沼三郎だ」

「そろそろ覆面を取ったらどうなんです? 失礼じゃないですか」

「私は赤沼三郎だ」

「いい加減にしてください! いつもいつもそればっかりで……!」

「私は赤沼三郎だ」

「ずっとそんな事を言い続けるのなら、こちらにも考えがありますよ!」

 津雲は、怒りに震えて赤沼の覆面に手をかけた。
 強引にその覆面を剥いで、赤沼の姿を見つけようとしたのである。
 そんな手段を使ってまで、赤沼の正体を気にかけた津雲の気持ちはわからなくはない。
 殺し合いの最中、ひたすら無口に隣にいた赤沼が、その態度に加えて覆面を被り続けたのである。
 その瞳が一体何を映しているのか、津雲には気になって仕方がなかったのだろう。

「私は赤沼三郎だ」

 しかし、そうして津雲が覆面を剥いでも、その下にあるのは赤沼の黒い覆面があった。
 覆面の下に覆面を被っていたのだ。
 目の前の相手が狂人だと認識して、津雲は恐怖した。
 だが、それで津雲は諦めなかった。

「こんなもの……!」

 更にその覆面を剥ごうとする。

「私は赤沼三郎だ」


 その下には覆面があった。

「こんなもの……!!」

 更にその覆面を剥ごうとする。

「私は赤沼三郎だ」


 その下には覆面があった。

「こんなもの……!!!!」

 更にその覆面を剥ごうとする。





 そんな事をずっと繰り返してきた。





 そして、ある覆面を剥がした時、赤沼三郎はそこにはいなかった。
 覆面が覆面を多重に被って人のふりをして動いていたかのように、赤沼三郎に正体はなかった。
 覆面の下の覆面、それをひたすらに剥ぎ続けると、そこにはもう、何もなかった。

 何もない。

 しいて言うのなら、それが赤沼の正体だったのだ。

「ハハハハハッ、赤沼三郎なんていうものはなかったんだ! 赤沼三郎なんていうものはなかったんだ!」

 津雲は高笑いをしながら、自らを囲う鏡を見た。
 すると、そこには赤沼三郎があった。
 思わず、津雲はその鏡に触れたが、その鏡の中の赤沼は津雲と同じように津雲に触れていた。
 はっとして、津雲は己の顔に触れた。
 そこには、柔らかい布の感触があった。

「私が赤沼三郎だったのか……?」

 気づいた。
 そう、津雲こそが赤沼だったのだ。
 赤沼の正体が何もなかったのではなく、津雲が赤沼だった。
 だから、何もないように見えたのだった。

「私は、赤沼三郎だ」

 赤沼三郎……。
 思わずそんな声が出た。

「違う、違うんだ……私は津雲成人だ……」

 津雲は、思わず、自らの被っている覆面を剥いでいた。
 ひたすら、ひたすらに剥いでいた。
 覆面の下には覆面があった。
 その覆面も剥ぎ続けた。
 そして、最後の一枚に手をかけた。

「これで……津雲成人に戻れる……」

 そう思って、津雲は自分の手で最後の覆面を剥いだ。





 そこには、もう、何もなかった。
 そんな一人芝居を、彼らはただただ見守っていた。






【赤沼三郎@飛騨からくり屋敷殺人事件 死亡】
【津雲成人@不動高校学園祭殺人事件 死亡】

【残り36人】




【一日目/午前/鏡迷宮@鏡迷宮の殺人】


【水沢利緒@魔犬の森の殺人】
[状態]健康
[装備]なし
[所持品]基本支給品一式
[思考・行動]
基本:殺し合いから脱出する。
[備考]
※参戦時期は、死亡後。


【狩谷純@金田一少年の決死行】
[状態]全身の成長痛、大声が出ない。思考は比較的冷静
[装備]ランダム支給品0~2
[所持品]基本支給品一式
[思考・行動]
基本:生き残り脱出したい。
[備考]
※参戦時期は事件後



041:Sick or Victory 時系列 044:怪物、吠える(前編)
041:Sick or Victory 投下順 043:裁き、戒と
030:参加者X 赤沼三郎 GAME OVER
030:参加者X 津雲成人 GAME OVER
027:理由など無くても死ぬときには死ぬ 水沢RIO
022:鏡よ鏡 狩谷JUN
|