無心になれ(ザ☆ドラえもんズ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登録日 :2016/09/09(金) 06:17:42
更新日 : 2016/09/10 Sat 22:14:14
所有時間 :10分で読めます




『無心になれ』 とは、ザ☆ドラえもんズスペシャル7巻に収録されている短編エピソードである。

あらすじ

王ドラは読心導士との闘いに挑むが、その名前の通り心の中を読まれてしまい、攻撃をかわされ敗北する。
その事にすっかり元気をなくした王ドラ。翌日、のび太ドラえもん、ドラリーニョがカンフー道場へやってきてサッカーに誘われるが、上述の理由のためにさすがに遊ぶ気分ではない。
しかし、読心導士が酒場で暴れているという知らせを聞き・・・

登場キャラクター


王ドラ
この物語の主役。真面目な秀才のカンフーの達人。
だが、物語冒頭で読心導士に負けてしまい、真面目な王ドラは意気消沈。無心になる修行を張先生に教わるも、なかなか上手くいかない模様。しかし、酒場で読心導士が暴れている知らせを聞きリベンジに挑むが・・・

ドラリーニョ
もう一人の主役。天然ストライカー。
王ドラが落ち込むにも関わらず、サッカーに誘うなど、ややKY(いい意味で)。
こちらも読心導士との闘いに挑むが、物語を大きく動かすことになる。

ドラえもん
毎回登場するドラえもんズのまとめ役。これといった活躍はなかったが、王ドラを心配するなどの仲間思い。

のび太
ドラえもん同様、毎回登場する少年。

張先生
王ドラの道場の師範。無心になる方法を教えていた。回想のみに登場。

ノビーニョ
ドラリーニョが世話をしている少年。ラストのみに登場。

ミニドラ軍団
こちらもノビーニョ同様、ラストのみの登場。

読心導士
カンフーの達人の王ドラを敗った僧侶の男。柄は結構悪い。
相手の心を読み取る読心術を持つ。

読心導士の手下たち
読心術は持たないためか、リベンジに挑む王ドラや遊び半分のドラリーニョの攻撃により、あっさり負けてしまう。


読心導士が酒場で暴れていることを王ドラに知らせに来た。

酒場の男
読心導士の襲撃で裏口から逃走しようとするも勘付かれてしまう。
その後、 後述の修羅場を目撃することになる。














※以下ネタバレ注意

こんどこそ 無心で戦い、心を読まれないようにしなければ……
王ドラは、読心導士とのリベンジに挑む。しかし、無心になろうとするも、またもや心を読まれてしまう。あれほど厳しい修行をしたのに無心になれないことに戸惑う王ドラ。
おまえは おれ様には永遠に勝てない!
無心にならない限りな‼︎
もはや勝ち目はないのか?誰もが思ったその時だ。
王ドラ いじめちゃ ダメ‼︎
見兼ねたドラリーニョが王ドラを庇い立てするかの如く買って出てくる。王ドラはこの場から立ち去ってもらうように頼むが、それでもドラリーニョは構わず読心導士の相手をする。
読心導士はドラリーニョの心を読み取り倒そうとするのだが、突然戸惑い始める。
心が読めない‼︎
い…一体どんな厳しい修行をしてきたんだ⁉︎
動揺する読心導士はのび太を人質にしてドラリーニョを動揺させようとするも、余計に怒ったドラリーニョはボールを蹴る。だが、目の前にのび太がいるので、このままでは当たってしまう。驚いたのび太は思わず頭を下げ避けたのか、ボールの軌道が曲がった。
そして、ボールは読心導士に直撃した。
無心のドラリーニョが読心導士を破った…。
実は、フリーキックで敵の壁を越えるように打つシュートと同じこと。ボールに回転をかけてキックしたとの事。
完全敗北した読心導士は、ドラリーニョに無心になれる修行方法を教えて欲しいと弟子入りを志願する。驚く一同だが、
うん、いいよ‼︎
ちょうど人数が足りなかったんだー。
と、ドラリーニョはあっさり承諾。

【以外、この物語のオチ】
所変わってブラジルのサッカー場。
無心になる修行(?)に励む読心導士と、修行が足りないと精一杯頑張る王ドラだが、
結局、ドラリーニョって無心というより…単に何にも考えてないだけだと…
呆れるドラえもんとのび太であった。

追記、修正は無心というよりも、単に何も考えずにお願いします。