キャラランクと各キャラ解説


≪≪浪人≫≫強さ:A

弱点は特になく、バランスの良いキャラ。過小評価されてる感じがあるが、普通に強い。
これといった弱点がない代わりに尖った性能もないと思いきや攻撃力が高めで、通常攻撃は僧兵と手乞の次に高く、特殊攻撃は全キャラの中で最高である。
ただ、浪人使うなら剣聖でいいや。と考えるプレイヤーが多いのか使用者は少なめ。

≪≪乱破≫≫ 強さ:S

スタミナが全キャラ中最高で移動速度も最高に近い。そして攻撃力が低く、耐久力もぶっちぎりで低いという色々と極端なキャラ。
どのステージでもトップクラスで、タイマン部屋で一番高得点が多いキャラである。 そして城でも制圧、援護、守りのどの役割でも最高レベルにこなせる性能を持つ。
しかし紙耐久で下手をすると一瞬で死んでしまうので扱うには丁寧さが必要。
特殊攻撃が超優秀で、相手からすると速すぎて反応出来ないことがある。しかし、ゲージ消費が多いので扱いには注意。
低耐久なので乱戦になると脆いところがあるが、一番攻撃をくらいにくいキャラである為上手くプレイ出来れば大活躍が出来る。
火力不足なので乱戦だとダメージレースに負けたり、ジリ貧になってしまうことがある。
昔は文句無しの最強キャラだったが、相性の悪い軽業の台頭、乱破にとっては厄介な特殊の長柄の登場等々で前ほどの存在ではなくなった。

≪≪僧兵≫≫ 強さ:A+

高攻撃力広範囲で猛威を振るう。タイマンでも乱戦でも強いが、どちらかといえば乱戦の方が向いてるか。
城では攻めてもよし、守ってもよしであり、その高ステータスで巨大な戦力になるとても強力なキャラ。
攻めだと主に援護になるが、この高火力広範囲に晒され敵の守りからするとかなりの脅威である。
驚きなことに僧兵で足手まといになってしまっている人を殆ど見たことがない。それほど強力で、初心者が使っても強いということである。
個人的味方にいてほしいキャラNo.1。

≪≪老師≫≫ 強さ:B+

4段ジャンプを駆使したその自在な動きは相手にすると非常に厄介。4段ジャンプに加え、x攻撃でも上昇出来て特殊攻撃も移動に使える為、空中移動は抜きんでている。
攻撃面でもx攻撃は広範囲で特殊攻撃は汎用性が高くとても優秀である。
以上の理由で以前は本当に強いキャラだったのだが耐久下降によりその強さが一気に落ち込んでしまった。
しかし、耐久が下がっただけで他の性能は以前と変わらないため舐めてかかると痛い目を見る。強いんだけど短命、というのが正しいか。
城では攻めの援護も出来るがこれといった強みがないように感じるので、やはり守りの方が向いている。基本は守りで守りが過剰なら攻めにいくのが一番性能を発揮できる戦い方だろう。
城では耐久下降の上、台の上をキープする能力が無く回復力UPの恩恵を受けにくいので城で10分間生き残るのは難しめ。だがヒット&アウェイは大の得意である為、この性能を上手く活かせれば生き残ることは十分に可能。
耐久下降は本当に必要だったのか、賛否が分かれるところ。

≪≪鎖術≫≫ 強さ:A+

タイマンで鬼強い(TOP3には入る)。横への範囲がとても広く、足も速いため敵を近づけさせない。
浜では皆が相手にしたくないキャラ、特に2段ジャンプのキャラに絶望を植え付ける。
城の守りでもかなりの強さなのだが、接近されたら脆い&低耐久なので短命になりがち。
攻めの援護でも持ち前の横方向への長さを活かすことができ、守り側からすると鎖術がいると非常に鬱陶しい。ただやはり低耐久なので城では安定さに欠ける。
このキャラも老師と同じく、強いんだけど短命なキャラである。
タイマンだけでいうなら間違いなくSランクだが、乱戦では厳しいところがあるのでこのランクとする。

≪≪術師≫≫ 強さ:B+

このキャラの特徴はやはり特殊ジャンプで、特殊ジャンプを使えば全キャラで最速。だがスタミナゲージMAXのときしか使えないので、乱破や軽業の方が安定した速さである。
城ではその移動速度を活かして敵城に一瞬で辿り着き、主に制圧をするキャラとして認識されている。
移動速度以外はこれといった強みがなく、弱いってほどではないが微妙なキャラ。
特殊ジャンプを利用しないと浪人の下位互換のようなものになってしまうのだが、敵と戦っている最中に特殊ジャンプを上手く使うのは中々難しく、悩ましいところ。
だが浪人と似ていて弱点という弱点もないため安定した強さではある。
術師は以前はもっと見かけたのだが、何故だか最近は使う人が少なくなっている。もしかすると一番使用者が少ないキャラかもしれない。

≪≪剣聖≫≫ 強さ:S

強キャラといえばこのキャラで、高水準なステータス。移動速度は普通より少し遅めだが、大して気にならない程度である。
高スタミナかつ耐久もあるこのキャラは滅茶苦茶に強く、生存性能がとても高い。
城では攻めても守っても強力で、高いレベルで安定したステータスなので大きな戦力になる。ただ台の上から敵を落とす能力に少し欠けるので、一人だけで守るのは避けたいか。
特殊攻撃は下方向に範囲が広く、不意打ちするのに便利。剣聖が上にいるときは注意がいる。
僧兵と同じく、剣聖で足手まといになっている人を殆ど見ることがない。やはり剣聖も初心者が使ったとしても強いということだろう。
そして上級者が使う剣聖は固すぎて全然死なない。相手にすると苦戦は必至である。
ちなみに何故か選択画面ではATTACK★5となっているが、それほど攻撃力は高くないので注意。

≪≪軽業≫≫ 強さ:S

移動と連続攻撃に長けた身軽なキャラ。特殊ジャンプを上手く使えるかがポイントになる。
使いこなせれば超強いのだが、全キャラの中で一番操作が難しい。その上攻撃力がとても低くクセがあるため扱うには慣れが必要。
特殊ジャンプは横へ自由に動き回れ、あの乱破より上の移動性能だと思われる。
ジャンプ回数が多いキャラで耐久下降されていないのは軽業だけである。その為、軽業の性能は破格ではないかと一部で言われている。
城の守りで最高に強く、すばしっこくて連続攻撃にも優れその上耐久もある軽業は一番守りが堅いキャラだと言われる程である。もちろん攻めもできる。
やはり火力不足に悩まされ、乱戦だとジリ貧になってしまうことがある。味方に攻撃力の高いキャラがいると心強い。

≪≪手乞≫≫ 強さ:A

高攻撃力高耐久と、乱戦で輝く性能を持つ。一方、タイマンでは弱い。
その為、他のステージでは全然見ないのだが城ではそこそこ使用者は多い。確かに城以外で使うのは縛りプレイでもない限りやめといた方がいいだろう。
鈍足のためか城では守りを担当することが多い。手乞は守りが自分一人だけだと弱いが、それは味方もわかっているのでそこまで不安視しなくていいはず。
守りのイメージだが、攻撃力が高いので攻めの援護でも活躍できる。乱戦にとても強いので、敵の守りがやたら多いときは果敢に攻めてみると面白いだろう。
B+にするか迷ったが、乱戦での強さは他のキャラより光るものがあるのでこのランクとする。

≪≪長柄≫≫ 強さ:B

攻撃の後インターバルがあるという特大のデメリットがある割に、それに見合うストロングポイントがない。そして攻撃力も低い。
長柄の強みは範囲の広い通常攻撃と超広範囲で大きく上昇できる特殊攻撃である。それに魅力を感じなければ使うべきではない。
最低ランクだが、広範囲というのはそれだけで強くなる要素であり上手い人が使う長柄は厄介な存在になる。
ちなみに長柄はzとx攻撃を交互に出すより、同じ攻撃を連続して出した方が攻撃間隔が短い。

【ランクまとめ】

S :乱破 剣聖 軽業
A+:僧兵 鎖術
A :浪人 手乞
B+:老師 術師
B :長柄

【あとがき】

今までハガクレのキャラランクみたいなのを見たことがなかったのでこういうのを作りました。
ランクについてですが状況によって秀でるキャラはある程度変わってくるため、必ずしも高ランクのキャラの方が強いわけではないです。
それと、「じゃあ城だと全員Sランクキャラのチームが一番強いのか?」と言われるとそうとも言い難いです。例えば、乱破や軽業だけのチームだと火力不足で厄介な人を中々倒せずダメージレースに負けたりするので、他に攻撃力が高いキャラもいた方が強いチームになります。
長柄や術師でも強い人はいるので明らかな雑魚キャラはいません。なので高ランクのキャラを使っても、ランクが低めのキャラに苦戦することはよくあります(特に城だと)。相手がランク低めのキャラだとしても、油断しないようにしましょう。
作っておいてあれですが、油断につながるのでプレイの最中はキャラランクはあまり意識しない方がいいと思います。


名前:
コメント: