※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 こうして風を感じるのはどれ程ぶりだろう。そうエンジンの振動と音とを感じながら思う。

 眼下に広がるのは青々とした森だ。戦後はどこもかしこも杉ばかり植えられたと聞いたが、どうやらこの森は違うらしい。昔よく見た、懐かしい人里の森だ。
 いや、植生を考えれば原生林と言えるかもしれないが……あいにく零戦からではなんの木かまではわからない。針葉樹だとは思うが広葉樹かもしれない。まあ、こうして森を見るのが久しぶりすぎてそんなことはどうでもいいと思えるほどだが。


 微かに空気の流れが変わる。
 見れば、部下の機が前を飛んでいた。先行していたはずだが、いつの間にか隊から遅れていたようだ。それどころか、高度100から500まで上がっている。城を探すために、小さな機体を活かして低空を飛んでいたはずだが……

 いぶかしんでいると通信が入った。帰投せよとのことだ。この戦争が始まってから初陣だったが、任務は失敗と言わざるをえない。アインツベルン城の捜索というのは簡単だと思ったが、まさかしくじるとは……勘が戻っていない、などと言い訳はできない。慢心がこのミスを生んだのだ。

 再び先行する。僚機に指示すると、編隊を反転。アーチャー・赤城の航空隊は、こうしてアインツベルン城上空から離脱した。



「森しか見えなかった?」
「ええ。正確には、『森と森だと思われる緑』しか見えませんでした。」

 教会の敷地から程近い所に、低層の立体駐車場がある。周囲からの目と太陽光線を避けられるその場所は、サーヴァントを実体化させるにもマスターの暑さ対策にも都合がよい。
 そこに集まったアーチャー・赤城主従とバーサーカー・ヘラクレスの主従は、アーチャーから報告を受けていた。

 アーチャーの宝具、零式艦上戦闘機。旧日本軍の兵器で一つ上げるとすれば十人中九人は答えるであろうそれを、アーチャーは偵察機として運用したのだが結果は思わしくなかった。

「イリヤ、アインツベルン城には結界の類いはあるの?」
「いくつかあるわ。たぶん悪霊避けや人避けのに引っ掛かったんじゃないかしら。この分だと、ここにも城があるのは間違いなさそう。ずいぶん正確に再現されてるわ。」
「低空を飛んだのが仇になりましたか……今度は高度を上げてもう一度偵察しますか?」
「無駄よ。航空機から見にくくなるように特に上空へは機械への対策がしてあったはずだから。空襲に合わないためとか人を立ち入らせないためとかで、色々と仕掛けを用意していたけれど、それも再現されるんじゃない。」
「アーチャーには相性が悪いわね。でもそれってお城があるってことでしょ?直接向かって見ても無駄足にはならなさそうかしら。」
「それが賢明よ。結界はあって城そのものは無いっていうのは考えにくいから。」

 一同は、ひとまずアインツベルン城へ向かうことになっていた。冬木市がまるごと再現されている以上アインツベルン城も再現されているという予測からの提案だった。またこれは一つの意味を持つ。同盟相手を自らの拠点に引き入れるというのは、招く方招かれる方双方の一定の信頼関係が要求される。言わばこれは、一つの踏み絵でもあった。

「じゃあ早く行きましょう。こんな服着てるの誰かに見られたら沽券に関わるわ。それでアリス、キョウスケは?」
「狂介ならさっき慎二とタクシーを呼んでくるって言ってたはずよ。」
「段取りがいいわね。じゃあ私達も向かいましょう。全く、なんで日本の夏ってこんなに暑いのかしら。湿度が高いから?」

 汗を拭うとイリヤは忌々しそうな目で出口へと歩いていく。アーチャーを霊体化させるとアリスも続いた。



「別行動をとるって……どういうことだ?」

 アーチャー達が話し合っている頃、色丞狂介と間桐慎二は木陰で二人話し合っていた。
 こんな暑い日の、それも出勤時間からも外れた頃ならば、町を歩く人はまばらだ。例えそうでもなくても高校生然とした二人に注意を払う人間はいないだろうが。

「そのまんまだよ。一度新都に出ようと思う。もっと同盟の人数を増やしたいからね。」
「なるほど。じゃあ僕もーー」

 いや、と慎二は狂介の言葉を遮ると「狂介はあの二人を見張ってくれ。見張り役が必要だ」と続けた。

「イリヤちゃんとアリスさんを?」
「そう。考えてもみろ?イリヤと会ったときのことを。アイツは海に落ちて上がってきたんだろう。それで、上流にある冬木大橋は崩れてる。どう考えてもアイツが誰かと戦ってそれで落ちたんだろ。しかも今度は自分の家に招き入れようとしてるんだ。罠だったらどうする。」
「罠だったら……見張り役じゃなくて囮役になるんじゃ?」
「……まあそれは一回置いておいて。」
「置くなよ!?」

 狂介の突っ込みに慎二はシー、と口の前に指をやった。

「大声出すなよ、聞かれたらどうする……」
「ああ、ごめん。でも、同盟相手を探すなら全員で行けばいいんじゃないか?その方が安全だし。」
「それじゃあアイツが隙を見せないだろ?それにアインツベルン城に行くことになってるのに今さら行き先を変えようとしたら怪しまれる。」
「別行動する方が怪しくないか?」
「確かにそうだけど、でもさあ狂介。こうしている間にもどこかで戦いが起こってるかもしれないんだぞ?今動かなかったら、その間に誰か死ぬかもしれない。」
「それはーー」

 思わず、そうかもしれない、と言ってしまいそうになり、狂介は黙った。
 確かに慎二の言うことは一理ある。アインツベルン城に行っている一時間か二時間か、あるいはもっと長い間に戦闘が起こってもおかしくはないのだ。いや、むしろ起こる確率の方が高いだろう。なにせ既に橋が一つ落ちるほどの大きな戦いが起こっている。そしてその当事者が同盟相手なのだ。
 そういったことを考えれば慎二の言うことはまさしくその通りなのだが……

「二人が来た。とりあえず、話は後でだ。」

 そう慎二に会話を打ち切られても狂介は言葉を返せなかった。



 数分後、四人のマスターは一台のタクシーに揺られていた。
 慎二は簡潔に買い出しに新都に行きたいと切り出すと、イリヤはもちろんアリスも止めはしなかった。結果、慎二はタクシーを途中下車することで話は纏まり、彼らは再び相乗りしていくことになる。

 相も変わらずいやみを飛ばし合うイリヤと慎二を、狂介は今度は止めようとはしなかった。ただ窓の外に目を向け、考える。これから先、どうすべきかを。

(これじゃあ、同盟っていってもバラバラになるんじゃないか?)
(みんなでもっと話し合うためにイリヤちゃんの城に行こうっていうのに。)
(でもみんなで新都に行って同盟の仲間を増やそうとしても、どんな同盟なのかとか固まってないし。)
(イリヤちゃんをメイド服のまま出歩かせるわけにもなあ……)
『キャスター、どうすれば慎二を止められると思う?』

 狂介は念話をキャスターへ送った。自分一人では答えが出せないのならばサーヴァントに聞く。単純で有効な策だ。

『その前に、いい加減に一つ言っておきたいことがある。』
『?なに?』
『念話でぐらいキャスターと呼ぶのはやめろ。パピヨンと呼べ。』
『パピヨンーー』
『Non!!もっと愛を込めて!』
『パピヨン!』
『まあ赤点はつけないでおいておこう。それで、ワカメを新都に行かせない方法か?そんなもの簡単なことだろう。』
『本当か!?どうすればいい?』
『俺達が代わりに新都に行くと言えばいい。』
『え。』
『ワカメは買い出しを口実にしたんだ、代わりに行ってくると言ってもさほど不自然じゃない。まあお前がいなければ同盟の方向性はわからなくなるがな。』

 なんとなくキャスターが悪い顔をしながら言っていそうで不安になるが、狂介は悩んだ。自分が慎二の代わりに新都に行くと言えば、もしかしたら慎二を行かせないですむかもしれない。そうすれば、少なくとも今後、慎二が同盟から離れるような可能性は減るように思える。イリヤと不仲であることもあって別行動を取りたいと思っているのかもしれないが、だからこそ二人が落ち着いて話せる場を設けたい。だがその為に自分が同盟から離れるのは本末転倒ではないだろうか。


 狂介は、もう一度窓の外に視線を向けた。



【冬木教会近くの路上を走行中のタクシー/2014年8月1日(金)0903】

【イリヤスフィール・フォン・アインツベルン@Fate/stay night】
[状態]
メイド服(ワンピースとエプロン、ソックス)、満腹、頭痛、その他程度不明の命に別状はない怪我(全て治癒中)。
[装備]
特別製令呪、私服(ずぶ濡れ、磯臭い)。
[残存令呪]
3画
[思考・状況]
基本行動方針
全員倒して優勝する。
1.タクシーでアインツベルン城に向かう。シンジは別行動、ねえ……
2.参加者が何千人もいる……!?
3:あのルーラー……ルーラーとしてはかなりいい加減ね。
3:とりあえずシンジとキョウスケとアリスと同盟を組んだけど……
[備考]
●第五次聖杯戦争途中からの参戦です。
●ランサー(幸村)、ランサー(アリシア)、アサシン(扉間)のステータス、一部スキルを視認しました。
●少なくともバーサーカー(サイト)とは遭遇しなかったようです。
●自宅はアインツベルン城に設定されていますが本人が認識できているとは限りません。
●バーサーカーと共に冬木大橋から落とされました。怪我の有無や魔力消費は不明です。
●アサシン(千手扉間)がハサンではない可能性に気づきました。
●アーチャー(赤城)、キャスター(パピヨン)、キャスター(フドウ)、ルーラー(イチゴ)のステータスを確認しました。
●参加者が何千人という規模であることを考え始めました。
●間桐慎二に疑念を抱いきました。

【バーサーカー(ヘラクレス)@Fate/stay night】
[状態]
筋力(50)/A+、
耐久(50)/A、
敏捷(50)/A、
魔力(50)/A、
幸運(40)/B、
宝具(50)/A、
霊体化、狂化スキル低下中。
[思考・状況]
基本行動方針
イリヤを守り抜く、敵は屠る。
[備考]
●イリヤと共に冬木大橋から落とされましたが少し流されたあと這い上がっできました。


【アリス・マーガロイド@東方Project】
[状態]
健康、満腹。
[残存令呪]
3画
[思考・状況]
基本行動方針
幻想郷に戻ることを第一とする。
1.とりあえず色丞狂介、間桐慎二、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンと行動を共にする……がこのタイミングで慎二が別行動しようとするのはーー
2.三千人、ね。
3.定期的に赤城の宝具で偵察。
4.できれば冬木大橋を直接調べたい。
5.人形を作りたいけど時間が……
6.聖杯戦争という魔法に興味。結界かあ……
[備考]
●予選中から引き継いだものがあるかは未確定です。
●バーサーカー(ヘラクレス)、キャスター(パピヨン)、キャスター(フドウ)、ルーラー(ミュウイチゴ)のステータスを確認しました。
●参加者が三千人いることを考え始めました。
●間桐慎二に疑念を抱いきました。
●アインツベルン城の情報を知りました。

【赤城@艦隊これくしょん】
[状態]
筋力(20)/D、
耐久(150)/A++、
敏捷(20)/D、
魔力(10)/E、
幸運(30)/C、
宝具(30)/E+++
霊体化、魔力増(微)。
[思考・状況]
基本行動方針
マスターを助ける。今度は失敗しない。
1.警戒を厳に、もしもの時は壁役に。
2:戦略資源(魔力等)をもっと備蓄したいなあ……
3:定期的に宝具で偵察し必要なら制空権を確保する。
[備考]
●アインツベルン城上空を宝具で偵察しました。
●アインツベルン城の情報を知りました。また赤城の宝具はアインツベルン城に施された魔術の影響を受けることを認識しました。


【間桐慎二@Fate/stay night 】
[状態]
高揚、疲労(小)、満腹。
[残存令呪]
3画
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯を手に入れる。何を願うかは後から決める。
1.新都に行き同盟相手を募る。三千人いるなら誰かしら見つかるだろ。
2.あのルーラー、かなり軽いな。
3.ライダー(孫悟空)は許さない。
4.間桐家で陣地作成を行うと思っていたがアインツベルン城も悪くない。
5.会場と冬木市の差異に興味。新都に行ったら色々と調べてみるのも一興。
[備考]
●孫悟空のクラスとステータスを確認しました。
クラス・ライダー、筋力B耐久B敏捷B+魔力D幸運A
このステータスは全てキャスター(兵部京介)のヒュプノによる幻覚です。
●キャスター(パピヨン)、バーサーカー(ヘラクレス)、アーチャー(赤城)、ルーラー(イチゴ)のステータスを確認しました。
●この聖杯戦争を『冬木の聖杯戦争を魔術で再現した冬木とは別の聖杯戦争』だと認識しています。
●キャスター(パピヨン)とイリヤへの好感度が下がっています。
●マスターの人数が三千人、もしくはマスター千五百人サーヴァント千五百人程度だと思っています。

【キャスター(フドウ)@聖闘士星矢Ω】
[状態]
筋力(30)/C、
耐久(40)/B、
敏捷(60)/C+、
魔力(100)/A+、
幸運(50)/A、
宝具(50)/A
霊体化。
[思考・状況]
基本行動方針
マスター・慎二を見定める。今のまま聖杯を手にするならば━━
1.そろそろ止めるか……
2.今は慎二に従い、見定める。
3.求めるなら仏の道を説くというのも。
4.色丞狂介、か……
[備考]
●慎二への好感度が予選期間で更に下がりましたが不憫に思い始めました。見捨てることはありません。
●狂介に興味を持ちました。
●孫悟空が孫悟空でないことを見破っています。


【色丞狂介@究極!!変態仮面】
[状態]
疲労(小)、精神的疲労(中)、満腹、ハンバーガー所持。
[残存令呪]
1画
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯戦争を止める。悪人をお仕置きする。
1.止めるべきか、それとも……
2. とりあえず慎二とアリスとイリヤと行動を共にする。
3.ランサーだけあって逃げ足は早いんだな……
4.帰ったら家で陣地作成したり核金作ったりしてもらう。
5.下北沢のサーヴァント(サイト)を警戒。冬木大橋も気になるからこのあと寄ってみる?
[備考]
●核金×2、愛子ちゃんのパンティ所持。
●予選期間中にサイトの魂食いの情報を得ました。東京会場でニャースを見た場合、サイトの姿や声を知る可能性があります。
●孫悟空のクラスとステータスを確認しました。
クラス・ランサー、筋力C耐久C敏捷A+魔力B幸運C
このステータスは全てキャスター(兵部京介)のヒュプノによる幻覚です。
●キャスター(フドウ)、バーサーカー(ヘラクレス)、アーチャー(赤城)のステータスを確認しました。
●ルーラーのステータスを確認しました。

【キャスター(パピヨン)@武装錬金】
[状態]
筋力(20)/D、
耐久(30)/C-、
敏捷(30)/C、
魔力(40)/B、
幸運(50)/A、
宝具(40)/B
霊体化、魔力増(小)。
[思考・状況]
基本行動方針
せっかくなんで聖杯戦争を楽しむ。
1.面白いことになってきたな。
2.帰ったら家で特殊核金を制作。今日はパピヨンパークは無理か?
3.冬木市の名物は麻婆豆腐‥‥?
[備考]
●予選期間中にサイトの魂食いの情報を得ました。東京会場でニュースを見た場合、サイトの姿や声を知る可能性があります。
●気分で実体化したりします。
●孫悟空が孫悟空でないことを見破っています。
●マスターが補導されたのを孫悟空による罠と考えています。
●ビッグマックとハッピーセットは狂介に押し付けました。