※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「狂介の奴、三十分ぐらい前から何回か電話かけてきてたのか。間の悪い、行き違いじゃないか。」

 そう言いながら間桐慎二はスマホをフリックする。アインツベルン城を囲むように広がる森から出た途端に電波が繋がるようになったそれには、狂介のスマホからの着信履歴が列をなして表示されていた。
 城から走らせているタクシーは既に住宅街を望む所まで移動してきていた。悪路とはいえ基本的には直線の多い森の道は二十分も車で走ると外れにまで出ることができる。森に隠されていた太陽もその沈んでいく姿が時たま見えるようになってきた。

「しかもクロノからもやたら来てる。これどうやって留守電聞くんだ?」
「狂介が生きているのなら私は普通に帰るけれど。」
「そうだな、本当はイリヤにも一言言っておきたいんだが……いや、少し待ってくれ。本人にかけ直してみるから……おっと、繋がった。もしもし。」
『もしもし?慎二か!?今どこにいる?』

 後部座席に並んで座るアリスの耳にも半日ぶりとなる狂介の声が聞こえた。ということは、つまり狂介は生きていたと見て良いだろう。アリスとしてはほぼ死んだものとしていたがそれならそれで良い。大した付き合いもないのでなんの情もわかないが、一応知り合いなのだ、まだ死んでいないのは都合が良かった。ちょうど住宅地に入り始めた車から景色を見ながら、アリスは電話へと耳を傾け。

『慎二、アルトリア・ペンドラゴンって人知ってるか?あとカルナと真田幸村っていうランサーも。』
「……言いたいことは色々あるんだけど、ちょっと待ってくれ。おいアリスーー」

 そしてすぐに聞こえてきた名前に驚かされた。眉が動く。
 今、聞き違いでなければ、アルトリア・ペンドラゴンと狂介は言ったのだろうか。それどころか真田幸村にカルナの名前も聞こえた。

「生きてたみたいね。それも揉め事に首を突っ込んで。」
「だな。それで、どうする、家に寄る?」
「そうね……私はーー」
『あ、これって言わない方が良かったっけ……キャスタ『ロン、メンタンピン一発ドラ1……裏ドラ乗ってドラドラ、跳満です』あああああああああああああ!!』
「……!?」
「うっさ!……なんだ、なんで突然叫んだんだ?」
『あれ?ピンフってロンの時はつかないんじゃ?』『つかないのはツモの時ですよ』『ツモピンアリのクイタンアリが一般的らしいよ』『クイタン?』『いや俺も良く知らないけど』『よし、次の莊から赤ドラも入れよう』『キャスター……点棒が……点棒が……』『二連続で飛ぶとはな』
「おい狂介!いったい何があった!何をやってるんだ!?」

 謎の狂介の絶叫とキャスター、そして何人もの人間の声がスピーカーから流れる。珍妙な符号と、そしてジャラジャラという騒音がそれに続いた。
 それを聞く慎二とアリス、困惑。
 いったい全体、狂介がどのような状況に置かれているのか皆目検討がつかない。
 なぜ生死が危ぶまれていた男が大勢の人間に囲まれているのか、そこで何をしているのか、それらの情報が得られる唯一の手段であるスマホからは、『ついでにアリスも加えるか』等というキャスターの声が雑音混じりに流れてきた。

「私を呼んだ……?」
「拷問かなにか受けてるんじゃ……おい狂介!しっかりしろ!今何をしてるのか落ち着いて言え!!」

 大声でハッキリと喋ると、慎二はスピーカーに集中する。依然、そこからは雑音ばかりだが、辛うじて狂介の返事らしきものが聞こえ、アリスに目配せする。喋れる状態ではあるようだ。それなら、せめて聞き漏らさぬようせねばならない。
 やがて、二人の耳にジャラジャラというなにか軽めの樹脂でもぶつけ合うような音と共に、狂介の声が聞こえてきた。

『今?ええっと……麻雀、かな?』

「「マージャン……?」」

 思わず慎二とアリスが顔を見合わせたのは言うまでもない。









 ■  ■   ■    ■     ■      ■       ■        









 聖杯戦争は人一人の都合なんて簡単に無視して進んでいって。
 九重りんが半日ぶりに目を覚ましたとき、彼女の周りはすっかり一変していた。
 いつの間にか自分は病院のベッドからホテルのツインルームに四人で寝かされていて、それ以外にも色々な人、そしてサーヴァントが部屋に出たり入ったりしていた。

「目が覚めたか。」
「……最悪。」

 スッ……と視界に現れたのはアサシン・千手扉間だ。
 相変わらずの仏頂面でベッドの脇に立ち、りんを見下ろす。その顔を見て、なぜか無性に腹が立った。が、それを抑えて辺りを見回す。
 状況が飲み込めない。自分が寝て……普段の睡眠とはなにかが違ったようにも感じたが、ともかく、起きたら全く自分が想像もつかないようなことになっていたのだ。
 目を扉間に当てて無言で説明を求めると、「状況が変わった」と言ってきた。違う、そうじゃない、そんなことはわかっている。問題はなんで変わったかだ。
 視線を逸らさない。引き続き説明を求める。根負けするように扉間が再び口を開こうとしたとき。

「アサシンさん、そろそろ買い出しーーあああ!!」

 明るい色の髪の毛をポニーテールにした少女が部屋へと入ってきた。「静かにしろ」と扉間はその少女に向かって言ったがそんなのはお構いなしにポニーテールはりんの元へと駆け寄る。

「……アサシン。」
「アサシンさん、この子がーー」
「……説明する必要があるな、それも落ち着いて。」


 気だるく動かない体のりんとそのポニーテールの少女が同時に口を開き、扉間は渋々といった感じで二人を交互に見た。



「八騎のサーヴァントがいるってこと?」
「ああ、そういうことだ。」

 しばらくして、扉間から説明を受けたりんは頭を手で押さえながら自らのサーヴァントを睨んだ。その頭痛の原因はもちろん体調不良だけではない。

 りんが聞かされたこれまでのことはなかなかに信じられるものではなく一つ一つの事柄に納得できない処もあるためどうしても理解するのは難しかった。それに年の割りには聡いとはいえ、小学三年生である。絶対的な知識も知能も経験も足りない。であるにも関わらず彼女が把握したイベントはなかなかにヘビーであった。

 一、さっきのポニーテールの少女(日野茜というアイドルらしいが聞いたことはなかった)とそのサーヴァントであるランサー(真田幸村という侍らしいが歴史の授業は高学年からだ)が病院で聞かされたサーヴァント達である。
 二、一緒のベッドに寝かされている外人(マイケル・スコフィールドという上半身入れ墨のイケメン)と床に転がっているアーチャー(亀甲縛りのオッサン)があのあと病院で出会った相手である。
 三、その二組ととりあえず8日まで同盟を組んで協力していくことになった。
 四、そしたら病院の少し北にある公園で全然知らないサーヴァントが戦っていることを知ってしかもそこにランサー・カルナというサーヴァントが乱入してビームを撃って公園を焼き付くした。
 五、病院に来たキャスターととりあえず同盟を組んで(とりあえず多いな)カルナを襲うも撃退された。
 六、その戦いの結果アサシンは病院で気を失い、その間に病院に爆破予告(なんでだよ)があったためりんは転院させられた。
 七、りんを追いかけた先で美遊とバーサーカー(ここまでくると誰だよという気分だ)と出会い、一緒にホテルに行く(援交か?)と今度はいおりとランサー(冬木大橋で共闘した相手らしいが既に記憶の彼方だ)と出会った。
 八、病院からいなくなっていたランサーとアーチャー(だからなんでだよ)、彼らと共にカルナと戦ったもう一人のアーチャーとキャスター(ややこしいな)、そしてホテルにいたクラスのないサーヴァント(もうわけわかんない)と合流した。
 九、八組でとりあえず情報交換した結果(とりあえずばっかじゃん)、もっと腰を据えて話すだかなんだかで場所を変えるとかもうどうとでもなれ。

 一度にこんなに色々あったて言われてもわかるわけないだろ!
 それがりんの偽ざる感想である。そりゃそうだ寝て起きたらこんなことになってたら誰だって戸惑う。そしてベンチに座ったりんは周囲を見渡すと更に困惑の表情を作った。

「アサシン。」
「なんだ。」

 呼び掛けながら視線を左へ。カジュアルな服に着替えた茜と幸村がサングラスを鏡の前で試着している。りん、茜のことをパット見から五年生か六年生だと思っていたが、どうやらもう少し上のようだ。
 視線を右へ。白のワンピースに身を包んでいる少女は、アサシンの紹介だと美遊だったか。そしてその横の低学年らしき少女は多分いおりだ。こちらは暇そうに立ち読みしながら時おり周囲に目をやっている。

「なんでみんなで売店に来てるの。」
「……買い出しだ。」
「いやなんで。」
「このホテルの上から三階を貸しきった。それぞれの組ごとに一部屋ずつある。」
「説明になってない。」
「病院は既に拠点としては不適当だ。場所を移さねばならん。」
「で、ホテルを拠点にするの?他にあんなに敵がいるのに?」
「……ここを拠点とする!」
「マダラさん、こっちは終わりましたよ!」
「あとなんでサーヴァントが実体化してんのなんであの人あんな大声なのていうか本名マダラなの。」
「話すと長いぞ。」
「わかった黙ってて。」

 ベンチに並んで腰かけていたりんと扉間の元に向かってきた茜と幸村を認めて二人は会話を打ち切った。



 自分のことを見習い魔術師として紹介した美遊・エーデルフェルトの存在は、幸村達魔力消費の激しいサーヴァントにとって非常な意味を持つ。戦闘さえしなければ数騎のサーヴァントに魔力を融通できるというのは、それだけで彼女を同盟相手として認めるに足るものだ。なにせ、ここにいるサーヴァントの半分は霊体化していたしても明日には消滅しかねないほど消耗しきっている。そこに来て魔力の安全な調達手段が現れたのは大きい。彼女のバーサーカーに回す魔力が足りなくなれば制御が効かなくなると念は押されたがそうであっても魔力を供給されるのは至上命題であった。
 ーー彼女にとっての誤算は見習いどころか魔力を持たないマスターばかりということだった。仮にも聖杯戦争ならばなんらかの形で魔術に関わっているだろうと思ったが、話を聞くだけでは完璧に一般人であると思われるマスターばかりだ。自分の同盟での価値を高めるために少々手の内を晒したとたんにピラニアのように食いついてくるとは予想だにしなかった。

 そして現在、早急に魔力を必要としている者のうち、要注意人物であり意識のないアーチャー・ワイルド・ドッグを除いた四騎のサーヴァント、即ちアサシン・千手扉間、ランサー・アリシア・メルキオット、アーチャー・安藤まほろ、ランサー・真田幸村の四騎が数時間という条件付きで一時的に魔力の供給を受けることとなった。この処置に対してもいくらかの小競り合いはあったものの最終的には美遊に判断が委ねられた。また美遊との距離が離れすぎてはいけなかったり実体化していなければ魔力供給はできないとのことでそれぞれがなんとか変装をし美遊の近くでの集団行動を余儀なくされていた。

 これが何組もの主従が一度にホテルの売店に来ている理由である。サーヴァントが実体化し続ける必要が生じたため、あるいはマスターの着替えのため、そうでなくても雑貨なりなんなりを求めて、自然に買い出しに出る空気となり、マイケル達とそれを見張っているバーサーカーと画面の中から話しかけるドクのマスターを除いた全員がそれぞれに買い物をしていた。


 真田幸村も、今はラフなTシャツとハーフパンツにサンダルという出で立ちだ。傷跡を隠すためのテーピングもあり、体格と合わさってアスリート然としている。そのせいか隣で変装用のキャップとサングラスを選んでいるマスターの茜がマネージャーのように見えるのだが、そのようなことは幸村にとっては注目すべきことではなかった。
 その目線は、売店の近くのベンチに座る少女ーー九重りんへと向けられていた。

「気になりますか?」

 鏡の前でサングラスを試着しながら茜に問われ、「それは」と口にして。しかし、そこから先の言葉が出てこない。それは、それはなんだというのだろうか。自分の中のものを言葉にしようとして、しかし、できなくて。
 数秒の間を置いて、「拙者は未熟だと、思い知らされて」と呟いた。

 試着したサングラス越しに茜と目が合う。

「未熟、ですか。」
「はい。」
「どうしてです?」
「知らないことが多いからです。」

 ちらりとりん達を見ると、幸村は再び茜を見つめる。

「あーちゃー殿、まいける殿の方のあーちゃー殿が安藤殿達に暗殺者だと言われたとき、拙者はそれを否定しました。拙者が知る限りではそんなことはないと、安藤殿達より長く共にしていたのだからどのような人かはわかっていると。」
「しかし。」
「それはただの驕りではないのかと。」
「知っている気になっていただけなのではと、そう思った次第で候う。」

 りん達は二人でなにか話しているようだ。茜は目の端でそれを見て「なんでです?」と珍しく小声で聞いた。

「拙者は、あさしんのマスターの、あの少女の名前すら知らぬのです。なぜそれで彼らを知った気になれましょうか。」

「……だったら。」

 茜はサングラスを取ると棚から二つとってレジへと向かう。素早く会計を済ませると「まずは話してみませんか」と言って幸村の脇を通りすぎる。

「マダラさん、こっちは終わりましたよ!」

 そうして、りん達に声をかけると「ね」と言って幸村に振り返った。



(こやつは、儂の想像以上の者だな……)

 ベンチにりんと並ぶように座った茜に対して扉間が抱いたのはそんな感想だ。
 茜がりんと話はじめて数分で、この少女には人並み外れたものがあると、そうはっきりと思わされる。感じとしては、兄である柱間に近いだろう。

「でも東京って家賃も物価も高いですよね、こないだなんてーー」
「それは観光地だからーー」
(既に儂がこれまでにりんと話した時間より長く会話しているとはな。)

 アサシンがりんのサーヴァントとして召喚されてから数日が経つが、今に至るまで大した会話はなかった。互いが互いを信頼していないしりんにマスターとしてできることなどなにもない。その事を互いにわかっているからこそ、両者の間に言葉らしきものは殆ど無かったし必要もなかった。

 しかし、茜がりんと話し初めてから両者の会話は途切れることはない。必要最低限以下の会話しかしてこなかった、できなかった扉間からすれば驚きを持って受け入れられる。
 正確には茜が捲し立てそれに時々りんが相づちを打つような感じなのだが、それでもそこには確かなコミュニケーションがあるとはっきりわかった。

(日野茜……大した奴だ。)


(……暑苦しい。)

 一方のりんは、この空間に辟易していた。
 運命共同体とも言うべきアサシンはともかく、茜も幸村もつまりは他人、敵だ。勝ち残るのは一人である以上、それは間違いない。
 それなのに、特に茜は明るく前向きで社交的だった。こいつは本当に聖杯戦争のマスターの自覚があるのか、と問いたくなるほどに、茜は自らをさらけ出してくる。
 その事が、不快であった。
 馴れ合う必要などないだろうに。
 確かに、同盟とはそういうものなのかもしれないが、それでも最低限で良いのではないか、そう思わずにいられない。

「茜さん達って、真っ直ぐで前だけ見てるんですね。どうしてです?」

 会話の流れを切るようにそう言った。
 それは、これ以上茜に合わせるのが苦痛だから、そして、軽蔑していたから。
 子供特有の無邪気さを醸し出しながら、皮肉げな感じを出さないように、それでいて印象に残るよう。
 この太陽のように眩しい少女達が見えていないものを、気づくヒントをあげようと、二人が破綻し死ぬところを想像しながら。

(前向きでいられる人ばっかじゃないのに。)

 黒いものが自分の心に沸き上がる。それがはっきりわかる。イメージは背中を向けた茜にナイフを叩きつけるように抉り込む光景だ。前だけ向いてるからそうなるんだ、私がアサシンに初めて命令して殺させるのはお前にしてやる。

 愉悦の笑みを浮かべて、りんは答えを待つ。どうせ、大した理由ではないのだろう。この頭の軽そうな二人に自分が満足のゆく答えなど出せるはずがない……


「それは、前以外も見ているからではなかろうか。」


 ぴしり。

 りんは睨むように、いや、実際にそう言った幸村を睨んでいた。今こいつはなんと言ったのだ?この脳みそ空っぽといった顔の男は。前以外も見ている?だったら無用心に他のマスターなんかと馴れ合うなもっと気を配れ。それともなにか?私はそんな必要もない雑魚だっていうことか?

 睨む。

 睨む。

 睨んで。

「どういう、こと。」

 絞り出す。ぎりぎりと頭のなかでなにかが音を立てる。しかし、幸村はそんなこと全く見えていないかのように
「口を挟んでしまい忝ない」と言ってから続けた。

「人は前だけ見て走ることはできませぬ。上はもちろん、下や後ろも見なければ。足元も見ずに走り続けることができる者はおりませぬ。」

 ぎりぎり。

 ぎりぎりぎりぎり。

 なにかが、りんの中で軋む。なんだそれ?下や後ろ?それは私のことか?ふざけるな、だいたいそんなところにまで目を向けていたら前なんて向けない。足下にある影に気づかないように生きているだけのくせに、影を愛した人の気持ちなんてわからないくせに。

「後ろを見たら……進めない。大事なものから離れていっちゃう。」

 先程までの曲がりなりにも和気藹々とした空気はとっくになくなって。
 あんなに話していた茜も、りんと幸村の話になにも口を挟まなくて。
 目と目を合わせた二人だけ。

「ーーならば、連れていけばいい。」

 絞り出したりんの言葉に、平然と、幸村は言葉をぶつけてきた。

「歩んできた道に置いてきたものがあるのなら、それを供に連れていく。」
「できるわけない。手遅れなことだって。」
「たとえ手遅れでも、今持てるだけのものを持って前へ歩むことはできるはず。」

 りんの反論も容赦なく、打ち据える。否定する言葉を、越えてくる。

(そうか、この人は。)
 強いんだ、そう気づいた。
 幸村は、ランサーという英霊は強いんだ、りんの悩みとかそういったものを知らない、わからないと思ったが、そうじゃないのだ。この人は、きっとそういったものを力業でどうにかしてきたのだ。
(そっかぁ。)
「幸村さんは、強いね。」

 心から、そう言えた。こいつはバカじゃないんだ。大バカなんだ。真っ直ぐ前に進むための力をバカみたいに頑張って手に入れた人なんだ。さすが英霊だ、サーヴァントだ。

 りんの言葉に、幸村は曖昧な笑みを浮かべた。
「拙者は、ただ不器用なだけでござりまする。臆病者は、後ろや足下が気になるもの。ただ前だけを見て駆けるような真似は……拙者にはできなかった。」

 目の前の幸村が、とても小さく、同時にとても大きく、りんには感じられた。
 強くなろうとしたから強くなった。そんな単純でだからこそとてつもなく強いのだろう。

「ははは……少し気恥ずかしいものですな。改めて申しますと。」
「なんだか……なんだかスゴいです!ランサーさん!!なんだろう、言葉にできないことが言葉でわかったっていうか……!」

 シリアスな空気は直ぐに消えて、幸村は元の感じになった。
 時間にすれば一分ほど、交わした言葉はほんの僅かなのに、りんはわからされた。その幸村の強さが、まるで嘘だったように砕けた空気が広がる。それがりんの背中を寒くする。こんなにも強い人間が、今や先程まで観察していたように茜と緊張感のない会話をしている。たった数十秒で二人はいつもの感じになったのだろう。そんな、オーラの欠片もなくした人物が、自分とは格段に違う人としての強さを持っていることが。

(なれるのかな。)
 私も。
 忘れちゃいけない過去を、未来に持っていくような強さを持った人に。

「あ、そうだ!りんちゃんもなにか売店で買っていきません!?ここってお土産屋用に洋服とかも売ってるんですよ!」
「……じゃあ、折角だから。」
「ですよね!マダラさんはどうします?」
「儂か?そのような……」
「買おうよ、アサシン。」
「マスター……」

 私が、変われるかもしれない。
 そう思えたのは、これでたぶん、三回目。でも、自分から変わりたいと思ったのはもしかしたら初めてかもしれない。
 愛とか恋とか、そういったものじゃなくて、強さを欲しいって、生まれて初めて思った。

 茜に背中を押されて売店に行ったところで、ちらりと賞品が目に入る。こういったところで買うのなら、やっぱりああいったものの方がいいかもしれない。値段も安いし、いつでも見れるから。

「?アルファベットのブロック?あー!名前を作れる奴ですね。」
「折角だから、ね。」
「折角ですし買っちゃいましょう!」

 幸村達とは、いずれ殺し合う。あんなに強い人間と。とても勝てるなんて思えない相手と。
 でも、だからこそ、強くなりたい。
 私が、前へ本当に進むために、まずは勝たなきゃ、勝たなきゃいけない。荷物は大分重くなりそうだけど、耐えられるかわからないけど、それでも抱えて。

(お母さん……レイジ……)


(先生……!)

 九重りんは、自分の大切な人のところへ、九重りんとして帰りたい。






「狂介、麻雀をしよう。」
「……え、なんで。」

 ところ変わって売店の反対側!そこでは顔と股間だけ実体化したキャスター・パピヨンがマスターである色丞狂介を麻雀に誘っていたッ!!

「俺が麻雀したくなったからだ。」
「そんなノリで麻雀しちゃ、ダメだろ。ていうか道具とかどうするんだ。俺金ないぞ?」
「その点は心配する必要はない。お前が真田幸村達を見ている間にスポンサーが見つかった。」
「見てたのかよ……だったらなおさらなんで麻雀なんだ。なんかあっちは打ち解けた空気になってるのになんでこっちは麻雀なんだよ。」
「アイツらは元から同盟組んでるんだから今まで打ち解けてなかったのはただの怠慢だろう。それよりこっちはこっちで麻雀で打ち解けるぞ。」
「時々ほんと辛辣だよな……」

 見も蓋もない言い方にドン引きする狂介だったがパピヨンはお構いなしのようだ。そうこうしているうちに、自分の後ろに誰かが立つ気配を感じ、そして。

「変態さん、麻雀をしましょう。」
「安藤さん!?ていうか変態さん呼びはやめて!?僕は変態仮面になれるだけで僕個人は変態じゃないから!!」









 ■  ■   ■    ■    ■     ■      ■       









「本当にやるのか……?あっちはあんな良い空気だったのに本当に……それにメンバーおかしくないか?」
「そうか?俺はそう思わんが。なあ安藤?」
「そうですね、特におかしくはないと思います。」
「……あー、俺もそうかな。ランサーもそうだろ?」
「そう……ね。」
「私も、そう思う。」

 そんなこんなあって冬木ハイアットホテル最上階。
 貸しきったは良いもののどこの誰が作ったかわからない陣地に寝るわけにもいかないのでみんなの共有スペースという名の贅沢すぎる空き地と化したそこには四組の主従がいた。

 全く気乗りしないが連れてこられた色丞狂介となぜかノリノリのキャスター・パピヨン。
 気乗りしないとかそれどころじゃないだろうにまさかの参加の野比のび太とやっぱりなぜかノリノリのアーチャー・安藤まほろ。
 ほぼ二つ返事で参加を表明した高遠いおりとランサー・アリシア・メルキオット。
 そして魔力供給の都合で行動が制約されまくってる美遊・エーデルフェルト。
 以上である。

(明らかに幸村達をハブにしてるよな、これ。)

 人選からしてあからさまなそれに思わず「……これ、親睦会なんだよなあ?」とつっこむ。

「物事には順序ってものがあるだろ?それに……」
「それに?」
「麻雀は四人じゃないとできない。」
「そっちが理由か!」

 あんまりなキャスターにつっこむと同意を求めるように見回す。が、他のマスター達はお構いなしに麻雀の準備を進めていた。

(あれ?これ僕がおかしいの?なにこの空間?)

 しかし狂介、さすがは変態仮面。「ここはこういうノリのパートなんだな」と誰に言うともなく呟く。

「ところで、僕ルールわからないんだけど。」
「安心しろ、ちゃんと一から教えてやる。ちょうどここに簡単なルールブックもあるからな。まずはお前から読んでおけ。それと、全員にボールペンを配っておく。それぞれが重要だと思うところに下線を引いていってくれ。全員の理解につながる。」
「用意いいなあ、やる気満々じゃーーん……?」
「麻雀牌のおまけでついてきていた。抱き合わせ商法だな。さて、まずは牌を出してくれ。そこから使わない牌を幾つか抜く。」
「そういうことか……あ、使わない牌?……この白いのか。」
「いや、それは白という牌だ。春夏秋冬の四種類の牌を抜いてくれ。」
「これか?」
「それは一索。春とか夏とか書いてある牌あるだろ。」
「あ、これかあ!」

 おおなんということか!このような謎空間に、直ぐ様狂介は適応したのだ!ウ~ン、さすがギャグ漫画の出身だ。

「コレって裏返さなくていいのか?」
「ルールを説明するのにそれだとわかりにくいだろ。さて、次にそれぞれ13個ずつ牌を取れ。」
「じゃあとりあえず適当に……」
「全員取ったな?それでは反時計回りに一個取って一個捨てるを繰り返す。それで四つの面子と一つの雀頭を一番早く作れたプレイヤーが勝ちだ。」
「……」
「……キャスター、狂介の頭がパンクしてるっぽいんだけど。」
「面子とか雀頭とかわかんないよ……」
「改めて説明すると難しいな……面子というのは同じ牌を三つか連番で三つ、雀頭というのは同じものを二つだ。」
「……??」
「……よし、大富豪でトランプを三枚一度に出せるような組合わせが面子で二枚一度に出せるような組合わせが雀頭だ。」
「なるほど!」
(それでわかるのか。)
(かえってわかりにくいと思います。)

 意識を切り替えると、狂介達は大きなリアクションで説明台詞を言っていく。こういうのはハイテンションの方が面白いからね。その間も、ルールブックは狂介からまほろさん、まほろさんからいおり、いおりから美遊へと渡っていく。一回りすると再び狂介の元に戻ってきた。




東東東




「こんな組合わせか?」
「それが面子だ。二つなら雀頭だな。」



一二三

萬索索



「これは?」
「スートが違うからダメだ。一萬を一索に変えれば面子になる。」
「ふーん。」

 狂介はそういうとルールブックに書き込んだ。そして先程と同じように回す。情報の共有は大事なのである。面子を間違えると大変なことになるのだ。

「なんとなくわかってきたかな。じゃあ裏っ返してやってみる?」
「おっし、じゃあ誰が親だ?」
「もしかして親にも決め方とかあるのか?」
「わかってきたか。まずは誰でもいいからサイコロを振れ。」
「え、これ、サイコロ必要なの?」
「……点棒のところ。」
「この骨みたいのか」
「それが点棒だな。黒いものが百点で赤いものが千点、厳密に言うと違うがとりあえずそう思っておけば問題ない。」
「あー、なんか点数制だったかも。それで初期LPはいくつだ?2000?4000?8000?」
「25000だ。」
「「え?」」
「25000だ。とっとと配れ。」
「多くない?」「30000ですよね?」「え、30000?」
「どっち?」
「……どっちでやりたいかによるな。別に25000でも30000大した違いはない。」
「そんな適当な……」
「仕方ないだろローカルルールが多いんだから。俺はオーソドックスなルールを紹介しているだけだ。」
「初期の遊戯王みたいだな……」
(こいつは本当に小一なのか?)

 ちなみに2014年の八月といえば四月のリミットレギュレーション改訂にも関わらず依然として環境にとどまっていた征竜に対して竜の霊廟を制限カードにするなどの措置がとられたために青龍デッキが弱体化したことはご記憶の方も多いだろう。しかし同時にデビル・フランケンが制限解除されたのもこの改訂である。
 別にいおりは決闘者ではないのでそこまでは知らないのだが、まほろさんから回ってきたルールブックに書き込みをしながら(そういえばポケモンカードってまだあるのかな)なんて考えていたりはした。

「じゃあ今回はきりよく30000で。で、次は?」
「次は東風か半莊か全莊か……つまりマッチ数を決める。それぞれ1ラウンド4戦、2ラウンド8戦、4ラウンド16戦だ。俺は東風を推す。」
「私も東風がいいと思います。」
「じゃあ、俺も。」「僕も。」「……私も。」
「というわけで、東風だ。さて話を親決めに戻すぞ。サイコロの和の数だけ振ったやつを一番目にして反時計回りに数えろ。本当は席順とかも決めるが今から裏っ返した牌表にするのは面倒なので省く。」
「わ?」
「足し算の結果のことだよ。」
「お前小学一年生に算数教わるとか恥ずかしくないのかよ。」
「和ね!聞きなれないから!」
「出目はピンゾロか……変なところの運が良いな。ということはお前の下家の安藤が仮親だ。そして仮親が同じようにサイコロを振って親を決める。」
「じゃあ私から。サイコロの出目は……11ですね。あれ?これって……」
「そのまま安藤が親だな。」
「じゃあ、まず山から六組をどけて、二段四枚ずつ……あ。」
「……まだ山を説明していなかったな。それぞれ適当に17牌集めて横一列に並べろ。その上にまた横一列に牌を並べる。そうすると牌の山が四つできるだろう。」
「?……キャ「理由の説明がめんどくさくなってきたから省くがそういうものだということで納得しろ」ええ……」
「狂介さんデッキみたいなもんだよ。」
「とにかく一人四個ずつとっていっきましょう。これで三周目……と。」
「……はい。」
「あ、えーと……美遊?ありがと……これ対面の牌どうやってとれば良いんだ。届かないぞこんなの。」
「それについては。」
「ついては?」
「頑張れ。」
「えぇ……」

 対面の山から牌を取ろうとかわいく頑張るいおりをよそに、のび太は無言でルールブックに書き込みをしていく。ペアを組んでいるまほろさんは隻腕であるため基本的にのび太が書き込みをしていた。



八九一八九一八九一     
         白發中西西
萬萬萬筒筒筒索索索     



「おし!これで上がり!なんか得点高そうなのできたぞ!」
「狂介、残念なお知らせがある。」
「なんだよ、ちゃんと面子も雀頭もあるだろ。」
「どうやらお前は八九一で順子……連番の面子になると思ったようだが、さっき俺の言ったことを覚えてるか?」
「……どのこと?」
「『大富豪でトランプを三枚一度に出せるような組合わせ』……と言った覚えがあるんだが。」
「……あ。」
「それと白發中は一枚ずつ集めても意味はない。同じものを三つ用意しないと面子にはならん。」
「あああああ。」
「仮にそれらがルール上問題なければ役は三色同順に役牌、混老頭といったところか。満貫だな。ハハハ残念。」
「ああああああああ!!!」
「良いリアクションだ。」

 白目を向きながら立ち上がり絶叫する。さすがにうるさすぎるが麻雀ものなのでリアクションが大げさなのは仕方ない。だがキャスターは適当にあしらうと美遊から回ってきたルールブックに目を落とした。書き込みは順調に増えている。目論みどうり情報の共有はうまくいっているようだ。

「ところで役ってなんだ?」
「……それなんだが。説明するのが非常に面倒くさいのでルールブックを回し読みしてくれ。」
「そんな面倒くさいゲームやろうとするなよ……」
「ごたごた言わずにとっとと読め。話はそれからだ。」

 今さらな質問をしてきた狂介にルールブックを渡す。これだけの書き込みだ。状況の理解には役立つであろう。
 一通り最初の書き込みから目を通すと、狂介は下家のまほろさんへと渡した。

「たぶん……チーとポンとカンはわかった。前の番の人が捨てたので三連続になるような面子を作るのがチーで、誰かが捨てたので三個同じ面子を作るのがポン、四個同じのがカンか。」
「お前突然かしこくなったな。」
「そのぐらいルールブック読めばわかるよ。」
「そいつは頼もしい。ところで、じゃあ明カンと暗カン、加カンの違いは?」
「……」
「やっぱりな。」
「キャスター、この面前ツモってなんだ?鳴いていないと役になるのか?。」
「そういうこと。」
「鳴く?」
「チーやポンのことだよ。」
「明カンや加カンも当てはまるみたいです。」
「お前小学生に麻雀のルール教えられて恥ずかしくないのかよ?」
「ふつう混乱するってこんなの!」
「ちなみに鳴く要領で上がるのはロンだ。」

 わいわいとやりながら、それぞれの書き込みは増していく。こういった共同作業は、今後のためになる。

 「ポン……こう?」とまほろさんが切った白をルールブック片手にポンしながら美遊は皆に聞いた。

「そうだ、鳴いた牌はその組み合わせごと右端に見えるようによけろ。」
「鳴いたのは表にするのか……」
「鳴いた牌だけ横向きにするのを忘れるなよ。では美遊、牌を切れ。」
「それいおりちゃんの手番飛んでない?」
「飛ぶぞ。だから鳴かれてばかりだといつまでたってもツモれない。」




西




「キャスター、この東西南北の牌って同じの三つ集めただけじゃダメなんだっけ。」
「うん……ああ、場風と自風のことを話していなかったな。場風はその莊……ラウンドごとのボーナスみたいなものだ。東一局なら東が、南一局なら南が、という風にそれぞれのラウンドの名前と同じ牌が場風になる。」
「今は東三局だから……東?」
「正解だ。次に自風だが、親を東にして順に南、西、北という風に各プレイヤーにボーナスとなる牌が決められる。そう考えておけばとりあえずそれらしい麻雀は打てる。」
「……?」
「方角がおかしいと思うかもしれないが、それはそういうものだと納得しろ。ルールと直接関係ないところまで説明したらキリがないからな。」

 ルールブックを片手に、狂介達の麻雀は続く。じゃらじゃらという音が部屋に木霊する。
 やがて、巡りめぐって、場には緊張感が漂ってきていた。

(そろそろか。)

 パピヨンは狂介の持つルールブックを見る、わざわざ麻雀をした甲斐があったというものだ。

「東四局、オーラスだ。しかしここまで誰も和了れないとはな。」

 どうも皆、麻雀そのものには集中していないようだ。それもそうだろう、これは親睦会、麻雀自体が目的ではない。
 だがそれでも、麻雀は進んでいく。十五順目、テンパった狂介にそれは訪れた。

(上出来だな。)



二二五五五五八八四四六六   
            中 中
萬萬筒筒筒筒筒筒索索索索   



「あ、ツモったぽい。」
「七対子だな。さて、符と飜の計算だが……」
「……」
「ルールブックを読んだならわかっていると思うがこれを理解するのは役を覚えるのより難しい。なので今回は全部俺が計算する。」
「お願いします。」
「といっても七対子は25符2飜なんで計算は楽なんだがな。2400点だ。」
「ていうことは、もしかして優勝?」
「ただ七対子では同じ牌の組み合わせで対子をつくって和了ることはできないので五筒が四枚あるそれでは和了れてないな。ハハハ残念。」
「あああああああああああ。」

 キャスターはほくそえむ。予想以上に、今回の親睦会はうまくいった。こちらの想像以上にいおりや美遊が空気を読めたというのもあるが、やはり一番はのび太の献身的なルールブックへの書き込みだろう。


 『朝の5時頃に、時空が歪むなにかがあった。』  『時間を巻き戻したり止めたりできる人がいるかもしれない。』   『新都にあるファミレスで、アーチャーはクラスの見えない茶色いコートのサーヴァントと話していた。』    『アーチャー達が二人で襲いかかってきて、サーヴァントのドラえもんを殺した。』     『安藤さんとマスターのナノカさんに助けてもらってカレーを食べた。』      『スーパーでアーチャーと茶色いサーヴァントにあったとたんカルナに茶色いサーヴァントが殺された。』       『カルナに安藤さんとアーチャーと真田幸村が戦っていった。』        『アーチャーが大勢の軍隊みたいな男と一緒に襲いかかってきた。』


「少し、見えてきたな。」

 パピヨンは、笑った。



 パピヨンが麻雀による親睦会を提案したのはもちろん単純に麻雀がしたかったからではない。
 その目的は情報交換、それもアーチャーの嫌疑を共犯者の可能性が高い病院組の主従やドク達に悟らせないように調べ、共有するためである。

 この目的を果たすためには、大きく二つの問題があったのだが、それを解決するための方策が麻雀であった。

 一つ目の問題である『のび太への接触』は、他のマスターを巻き込むことで解決を図った。自分達はただでさえ病院組の主従からはマークされているであろう。ならば一対一で話すのは警戒と疑いを招く。それならば限られた相手であっても腹を割って話す方が得策であるとした。
 二つ目の問題である『会話の盗聴盗撮』は、牌の音や話し声による音量での妨害とその内容による欺瞞、そしてルールブックへの筆談で対処した。キャスターが調べ改竄した限り、この陣地はほぼ無力化に成功しそれらの恐れはまずないとはいえ、注意しておくに越したことはない。高性能な集音機が宝具のサーヴァントや透視が可能なサーヴァントがいる可能性もある。それらを考慮して、『そういうのではないふざけた雰囲気』をつくって、筆談による情報交換を選択した。

 そうした配慮をした結果が、今パピヨンの手の中にある。気絶から目覚めたのび太の証言はもちろん、それぞれのマスターから寄せられた情報もなかなかに興味深い。美遊から開示された白いセイバーらしきサーヴァントやいおりから開示されたクラスの見えない猫耳ナチスサーヴァント。そしてこちらが開示した慎二達同盟相手の限定的ながらも量の多い情報。これらは価千金だ。


「ん?電話か。」

 再び東風戦が始まった頃にパピヨンの股間でスマホが振動する。画面を見れば、『ワカメ』の表示。麻雀が始まる前に狂介がかけていた時はまるで繋がっていなかったが、どうやらあちらは無事のようだ。
 狂介の首にスマホを挟ませ通話させる。あとでメールで情報をやり取りしておくべきだろう。こちらは大分新しい情報を得た。

「ーーここからが面白い。」

 通話に気をとられ振り込んだ狂介を見ながら、パピヨンはくつくつと笑いに、笑う。



【深山町、間桐邸近く/2014年8月1日(金)1836】

【アリス・マーガトロイド@東方Project】
[状態]
精神的疲労(微)。
[残存令呪]
3画
[思考・状況]
基本行動方針
幻想郷に戻ることを第一とする。
1.一度自宅に戻る。
2.マージャン?
3.三千人、ね。
4.定期的に赤城の宝具で偵察。
5.できれば冬木大橋を直接調べたい。
6.人形を作りたいけど時間が……
7.聖杯戦争という魔法に興味。結界かあ……
[備考]
●予選中から引き継いだものがあるかは未確定です。
●バーサーカー(ヘラクレス)、キャスター(パピヨン)、キャスター(フドウ)、ルーラー(ミュウイチゴ)、セイバー(アルトリア)、セイバー(テレサ)、ライダー(五代)のステータスを確認しました。
●参加者が三千人いることを考え始めました。
●間桐慎二と色丞狂介とイリヤスフィール・フォン・アインツベルンとクロノ・ハラオウンに疑念を抱きました。
●アインツベルン城の情報を知りました。
●ランサー(カルナ)の情報を入手しました。
●柳洞寺で会談した結果、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、ルーラー以外の情報並びにそれぞれの連絡先を共有しました。主に当事者以外のサーヴァントの情報でありこれには一部の聖杯戦争に関する情報も含まれます。またルーラーに大して言及を避ける暗黙の空気も共有されました。
●自宅は新都にあります。


【間桐慎二@Fate/stay night 】
[状態]
疲労(小)。
[残存令呪]
3画
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯を手に入れる。何を願うかは後から決める。
1.マージャン?
2:あのルーラー、かなり軽いな。
3:ライダー(孫悟空)は許さない。
4:間桐家で陣地作成を行うと思っていたがアインツベルン城も悪くない。
5:会場と冬木市の差異に興味。新都に行ったら色々と調べてみるのも一興。
[備考]
●孫悟空のクラスとステータスを確認しました。
クラス・ライダー、筋力B耐久B敏捷B+魔力D幸運A
このステータスは全てキャスター(兵部京介)のヒュプノによる幻覚です。
●キャスター(パピヨン)、バーサーカー(ヘラクレス)、アーチャー(赤城)、ルーラー(イチゴ)、セイバー(アルトリア)、セイバー(テレサ)、ライダー(五代)のステータスを確認しました。
●この聖杯戦争を『冬木の聖杯戦争を魔術で再現した冬木とは別の聖杯戦争』だと認識しています。
●キャスター(パピヨン)とイリヤへの好感度が下がっています。
●マスターの人数が三千人、もしくはマスター千五百人サーヴァント千五百人程度だと思っています。
●アリスに不信感を抱きました。
●遠坂凛が自分の知っている遠坂凛ではないと気づきました。
●アインツベルン城の情報を知りました。
●ランサー(カルナ)の情報を入手しました。
●柳洞寺で会談した結果、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、ルーラー以外の情報並びにそれぞれの連絡先を共有しました。主に当事者以外のサーヴァントの情報でありこれには一部の聖杯戦争に関する情報も含まれます。またルーラーに大して言及を避ける暗黙の空気も共有されました。



【新都・冬木ハイアットホテル/2014年8月1日(金)1836】

【美遊・エーデルフェルト@Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ】
[状態]
私服、疲労(微)、アサシン(千手扉間)、アーチャー(安藤まほろ)、ランサー(アリシア・メルキオット)、ランサー(真田幸村)へ魔力供給(サファイア)、覚悟完了。
[装備]
カレイドサファイア@Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
[残存令呪]
2画
[思考・状況]
基本行動方針
イリヤに自分の存在を知らせずに優勝させる。
1:誰が相手であろうと、絶対にイリヤは殺させない
2:イリヤなら、聖杯をしっかり使ってくれるはず。
3:対カルナの同盟に潜り込み内側から崩す……勝手に崩れそうだけど。
[備考]
●予選期間中に視界共有を修得しました。
しかしバーサーカーの千里眼が強力すぎるため長時間継続して視界共有を行うと激しい頭痛に見舞われます。
また美遊が視界共有によって取得できる情報は視覚の一部のみです。バーサーカーには見えているものが美遊には見えないということが起こり得ます。
●セイバー(テレサ)の基本ステータス、ランサー(真田幸村)の基本ステータス、一部スキルを確認しました。
●月海原学園初等部の生徒という立場が与えられています。
●自宅は蝉菜マンション、両親は海外出張中という設定になっています。
また、定期的に生活費が振り込まれ、家政婦のNPCが来るようです。
●バーサーカー(小野寺ユウスケ)の能力及び来歴について詳細に把握しました。
五代雄介についても記録をメモしていますが五代が参加しているとは思っていません。
●冬木市の地方紙に真田幸村の名前と一二行のインタビュー記事が乗っています。他の新聞にも載っているかもしれません。
●ランサー(カルナ)の真名、ステータス、スキル、宝具を確認しました。
●ランサー&イリヤ組と情報交換しました。少なくとももう一人のイリヤの存在を知りました。
●アーチャー(まほろ)、アーチャー(ワイルド・ドッグ)、ランサー(アリシア)、キャスター(パピヨン)、アサシン(千手扉間)、ドクのステータスを確認しました。
●ホテルにいる主従達と情報交換を耳にしました。
●美遊・エーデルフェルトからサファイアを介して魔力供給を受けています。美遊から15メートル以内で実体化することでサファイアの匙加減で魔力を供給されます。
●野比のび太、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、美遊・エーデルフェルト、高遠いおり&ランサー(アリシア・メルキオット)間で情報交換を行いました。


【高遠いおり@一年生になっちゃったら】
[状態]
魔力消費(極大)、衰弱(小)、精神的疲労(中)、まだまだ寝なくていい。
[装備]
貴重品の入ったランドセル。
[残存霊呪]
2画
[思考・状況]
基本行動方針
死にたくないし死なせたくない。
1.両面待ちしたいけどダメみたい。
2.アイツ(謎の猫耳サーヴァント(シュレディンガー准尉))、タクシー代払わなかったな。
3.いつか、ランサーに自分の『こと』を話す。
4.バーサーカーのマスター(イリヤ)が生きてて一安心。
[備考]
●所持金はタンス預金程度。
●ランサーの名前がアリシア・メルキオットであること以外は世界大戦の英雄だということしか知りません。もちろん出身世界が違うことには気づいてません。
●ランサー(幸村)、バーサーカー(サイト)、アサシン(扉間)、バーサーカー(ヘラクレス)のステータスと一部スキル、宝具を確認しました。
●シュレディンガー准尉のステータスを確認しました。
●ライダー(少佐)と同盟「枢軸」を組みました。再度同盟について話します。
●ランサーから英霊・アリシアの情報の一部を聞きました。
●アーチャー(まほろ)、アーチャー(ワイルド・ドッグ)、キャスター(パピヨン)、バーサーカー(小野寺ユウスケ)、ドクのステータスを確認しました。
●ホテルにいる主従達と情報交換しました。
●野比のび太、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、美遊・エーデルフェルト、高遠いおり&ランサー(アリシア・メルキオット)間で情報交換を行いました。


【アリシア・メルキオット@戦場のヴァルキュリア】
[状態]
筋力(5)/E、
耐久(5)/E+、
敏捷(10)/D+、
魔力(7)/C+、
幸運(50)/A、
宝具(0)/B
実体化、カジュアルな服装、全身の至るところを骨折・打撲、疲労(微)、魔力消費(大)、魔力不足によりステータス低下、美遊(サファイア)から魔力供給、宝具使用不可。
[思考・状況]
基本行動方針
まだ良くイオリのことを知らないけれど、マスターを生きて元の世界に帰す。
1:シュレディンガー准尉とそのマスター(少佐)とドク、アーチャー(ワイルド・ドッグ)、マイケル・スコフィールドを特に警戒。
2:ランサー(真田幸村)とアサシン(千手扉間)も油断できない。
3:『今度』はイオリのことを知りたい。
4.他の主従から反感を買わないように立ち回る。
[備考]
●マスターの本名が高遠いおりだと思っています。また六歳の女の子だと思っています。
●バーサーカー(ヘラクレス)に半端な攻撃(Bランク以下?)は通用しないことを悟りました。
●傷を若干治癒しました。
●現代の家電が使えるようになりました。
●いおりに英霊・アリシア・ギュンターについて一部の情報を話しました。
●ホテルにいる主従達と情報交換しました。
●野比のび太、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、美遊・エーデルフェルト、高遠いおり&ランサー(アリシア・メルキオット)間で情報交換を行いました。


【色丞狂介@究極!!変態仮面】
[状態]
疲労(中)、精神的疲労(大)。
[残存令呪]
1画
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯戦争を止める。悪人をお仕置きする。
1.アーチャー(ワイルド・ドッグ)は、ドク達ともグル……?
2.もうホテルで陣地作成したり核金作ったりしてもらう。
3.下北沢のサーヴァント(サイト)は死んだのか。
[備考]
●核金×2、愛子ちゃんのパンティ、ワイルド・ドッグの服と携帯電話所持。
●予選期間中にサイトの魂食いの情報を得ました。東京会場でニャースを見た場合、サイトの姿や声を知る可能性があります。
●孫悟空のクラスとステータスを確認しました。
クラス・ランサー、筋力C耐久C敏捷A+魔力B幸運C
このステータスは全てキャスター(兵部京介)のヒュプノによる幻覚です。
●キャスター(フドウ)、バーサーカー(ヘラクレス)、アーチャー(赤城)、ルーラー(ミュウイチゴ)、アーチャー(まほろ)、アーチャー(ワイルド・ドック)、ランサー(真田幸村)、ランサー(カルナ)、シュレディンガー准尉、ランサー(アリシア)、バーサーカー(小野寺ユウスケ)、ドクのステータスを把握しました。
●ホテルにいる主従達と情報交換しました。
●マイケル&アーチャー、茜&ランサー、アサシン、ドク&少佐に不信を抱きました。
●野比のび太、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、美遊・エーデルフェルト、高遠いおり&ランサー(アリシア・メルキオット)間で情報交換を行いました。

【キャスター(パピヨン)@武装錬金】
[状態]
筋力(20)/D、
耐久(30)/C-、
敏捷(30)/C、
魔力(40)/B、
幸運(50)/A、
宝具(40)/B
実体化したり霊体化したり。
[思考・状況]
基本行動方針
せっかくなんで聖杯戦争を楽しむ。
1.こっからが本番だ。
2.ホテル最上階で陣地作成。なんなら特殊核金も。
3.このホテル温泉あるのか。
[備考]
●予選期間中にサイトの魂食いの情報を得ました。東京会場でニュースを見た場合、サイトの姿や声を知る可能性があります。
●気分で実体化したりします。
●孫悟空が孫悟空でないことを見破っています。
●マスターが補導されたのを孫悟空による罠と考えています。
●アーチャー(まほろ)に興味があります。
●ホテルにいる主従達と情報交換しました。
●ホテル最上階のイサコと兵部京介の魔術工房を乗っ取りました。どのようなことが起こるかは不明です。
●野比のび太、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、美遊・エーデルフェルト、高遠いおり&ランサー(アリシア・メルキオット)間で情報交換を行いました。


【アーチャー(安藤まほろ)@まほろまてぃっく】
[状態]
筋力(39)/B
耐久(27)/D
敏捷(49)/A
魔力(20)/B
幸運(150)/A++
宝具(40)/B
実体化、右腕喪失(処置済)、霊核損耗(微)、魔力消費(大)、美遊(サファイア)から魔力供給、巨乳化、???
[思考・状況]
基本行動方針
マスター第一。
1.もう一人のアーチャー(ワイルド・ドッグ)を告発する。
2.変態仮面達とドクに恩義。ただしドクとそのマスターはアーチャー(ワイルド・ドッグ)と繋がっている可能性が濃厚なので警戒。
[備考]
●自宅内のガレージを中心に鳴子を仕掛けました。
●ナノカ・フランカの左腕(令呪二画付)をクーラーボックスに入れて所持しています。
●ホテルにいる主従達と情報交換しました。
●マイケル&アーチャー、茜&ランサー、アサシン、ドク&少佐に不信を抱きました。
●野比のび太、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、美遊・エーデルフェルト、高遠いおり&ランサー(アリシア・メルキオット)間で情報交換を行いました。


【野比のび太@ドラえもん】
[状態]
さいなん報知器、軽傷(主に打撲、処置済み)、ひみつ道具破損
[残存令呪]
3画
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯戦争を止めて家に帰る。
1.アーチャー(ワイルド・ドッグ)のことをみんなに教える。
[備考]
●ドラえもんの四次元ポケットを持っています。
●野比のび太、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)、美遊・エーデルフェルト、高遠いおり&ランサー(アリシア・メルキオット)間で情報交換を行いました。


【アサシン(千手扉間)@NARUTO】
[状態]
筋力(15)/C、
耐久(15)/C、
敏捷(25)/A+、
魔力(5)/B、
幸運(5)/E、
宝具(0)/EX
実体化、変化、気配感知、美遊(サファイア)から魔力供給、疲労(微)、魔力不足(極大)、魔力不足により宝具使用不可、魔力不足によりスキルに支障、魔力不足により全パラメーター半減、飛雷針の術の発動不可のため敏捷が+分アップしない。
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯を用いて木の葉に恒久的な発展と平和を。
1.こやつらについて考え直さねばならんな。
2:ワイルド・ドッグからスーパーでの出来事について聞き出す。
3.あのサーヴァント(ルナ)、万華鏡写輪眼に九尾の人柱力、まさか……
4.ランサー(カルナ)のマスターはーー。
5.三つの問題は一先ず後回しでよいだろう。
6.魂喰いの罪を擦り付ける相手は慎重に選定するがそれはそれとして早く魂喰いしないと。
7.穢土転生の準備を進める。
8.他の組の情報収集に務める。ランサー達は諦めた。
9.バーサーカー(ヘラクレス)は現在は泳がせる。
10.逃げたサーヴァント(サイト)が気になる。死んだか?
11.聖杯を入手できなかった場合のことを考え、聖杯を託すに足る者を探す。まずはランサーのマスター(日野茜)。
12.マスター(九重りん)の願いにうちはの影を感じて……?
[備考]
●予選期間中に他の組の情報を入手していたかもしれません。
ただし情報を持っていてもサーヴァントの真名は含まれません。
●影分身が魂喰いを行ないましたが、戦闘でほぼ使いきりました。その罪はバーサーカー(サイト)に擦り付けられるものと判断しています。
●ランサー(アリシア)の真名を悟ったかどうかは後の書き手さんにお任せします。
●バーサーカー(ヘラクレス)に半端な攻撃(Bランク以下?)は通用しないことを悟りました。
●バーサーカーの石斧に飛雷針の術のマーキングをしました。
●聖杯戦争への認識を改めました。普段より方針が変更しやすくなっています。
●ランサー・真田幸村達とアーチャー・ワイルド・ドッグ達とフワッとした同盟を結びました。期限は8月8日です。またランサーのマスターがヒノアカネだと認識しました。
●九重りん、ワイルド・ドッグ、アーチャー(安藤まほろ)、色丞狂介&キャスター(パピヨン)への印象が悪化しました。
●三谷亘の令呪二画付の肉塊が封印された巻物を九重りんの私物に紛れ込ませました。
●ランサー(カルナ)の戦闘を目撃しました。
●イリヤ(kl)の髪の毛を入手しました。日野茜の病室に保管されています。
●ルナをサーヴァントと、うず目を万華鏡写輪眼と、妖力を九尾のチャクラと誤認しました。
●美遊に対カルナの同盟について嘘をつかない範囲で婉曲的な説明をしました。やたらと「これから更なる同盟相手を増やすために活動していた同盟相手と情報交換するために冬木ハイアットホテルに行く」ということをアピールしました。
●ホテルマンの一部を幻術の影響下に置きました。
●美遊・エーデルフェルトからサファイアを介して魔力供給を受けています。美遊から15メートル以内で実体化することでサファイアの匙加減で魔力を供給されます。

【九重りん@こどものじかん】
[状態]
精神的ショック(大)、手足に火傷(ほぼ完治)、覚悟?
[装備]
着替え、名前のストラップ
[残存令呪]
3画
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯戦争で優勝を目指す。
0.???
1.強くなりたい。
2 アサシンへ(千手扉間)の魔力供給がつらい。
[備考]
●予選で入院期間が長かったためか引き続き入院しています。


【ランサー(真田幸村)@戦国BASARAシリーズ】
[状態]
筋力(40)/B、
耐久(40)/B、
敏捷(30)/C、
魔力(30)/C、
幸運(30)/C、
宝具(40)/B、
疲労(大)、魔力消費(大)、骨にひびと内蔵にダメージ、ダメージ(大)、美遊(サファイア)から魔力供給、安堵と屈辱と無力感、そして茜への責任感。
[思考・状況]
基本行動方針
強敵たちと熱く、燃え滾る戦を!!だが‥‥
1:アーチャー(ワイルド・ドッグ)の汚名を灌ぎたい。
2:ドクに恩義。
3:ますたぁ(茜)に聖杯戦争について伝えたが……どうしてこうなった。
4:ますたぁへの申し訳なさと不甲斐ない自分への苛立ち。
5:俺は……
6:せいばぁ(テレサ)、ばあさあかぁ(小野寺ユウスケ)との再戦を考えていたが……?
[備考]
●ランサー(アリシア)のクラスをアーチャーと誤認してたことに気づきました。
●ランサー(アリシア)の真名を悟ったかどうかは後の書き手さんにお任せします。
●アサシン(千手扉間)を忍のサーヴァントだと考えています。
●冬木市にランサーの噂が立ちました。『アイドルの関係者』、『映画の撮影』、『歌舞伎』、『うるさい』、『真田』といった単語やそれに関連した尾ひれのついた噂が広まり始めています。地方紙で報じられています。
●ランサー(カルナ)の戦闘を目撃しました。
●アサシン(千手扉間)への警戒心が薄れました。
●爆破予告を知りました。
●ランサー・カルナの真名を把握しました。
●ホテルにいる主従達と情報交換をしました。
●アーチャー(まほろ)、狂介&キャスターに不信を抱きました。

【日野茜@アイドルマスターシンデレラガールズ】
[状態]
体調不良、頭にタンコブ(応急処置済)、???
[残存令呪]
2画
[思考・状況]
基本行動方針
聖杯戦争はサーヴァント同士の格闘技!だと思ってたけどマスターも頑張らないと!!
1 .聖杯戦争という企画を頑張る!
2.アーチャー(ワイルド・ドッグ)さんの誤解を解く。
3.アサシンさん(扉間)がとってきた映像をアップロードする……視聴者参加型なのかなやっぱり。
[備考]
●予選期間中他のマスター、サーヴァントと出会うことはありませんでした。
●月海原学園高等部の生徒という立場が与えられています。
所持金は高校生相応の額となっています。
●自宅は深山町のどこかです。
●セイバー(テレサ)、バーサーカー(小野寺ユウスケ)の基本ステータスを確認しました。
●気が動転していたため、ランサー(アリシア)、バーサーカー(サイト)、バーサーカー(ヘラクレス)のステータスを確認できていないかもしれません。
●冬木市にアイドル・日野茜の噂が立ちました。『アイドル』、『撮影』、『外人』などの単語やそれに関連した尾ひれのついた噂が拡がりはじめています。
●病院の特別病床に入院しました。病室のある階に立ち入るにはガードマンのいる階段を通るか専用のIDカードをエレベーターにタッチする必要があります。
●聖杯戦争を番組の企画だと考えたり考えなかったりしました。とりあえず今後自分が常にカメラに撮られていると考え視聴率が取れるように行動します。
●ランサー(カルナ)の戦闘を目撃しました。
●スマホにアサシン(千手扉間)が病院を出てから帰ってくるまでの映像があります。写っているのはランサー(カルナ)、ランサーのマスターのイリヤ、キャスター(兵部京介)です。
●爆破予告を知りました。
●病室のベッドの下にアーチャー(ワイルド・ドッグ)が仕掛けた爆弾を発見しました。数名の病院関係者がこの事を知っています。
●ホテルにいる主従達と情報交換をしました。