※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラえもん


【登場作品】
ドラえもん
【スタンス】
対聖杯(脱出)
【立場】
キャスター

 クラススキルが機能しておらず霊体化もできないという異色のサーヴァント。科学技術によって『ひみつ道具』という形で魔法を実現することやマスターがのび太であることから大長編版のドラえもんが近いか。予選中から聖杯の調査を行うも一部のひみつ道具が無力化したことでめぼしい成果を得られず、本選開始後は仲間を集めるために新都に繰り出した。しかし一番最初に出会ったサーヴァントは聖杯狙いのアーチャー(ワイルド・ドッグ)と手柄を立てんと息巻く伊達男(トバルカイン)で、離脱を考えていたところに二騎がNPCに危害を加えようとしたのを見て飛び出したのび太を庇い負傷し、のび太が離脱する時間を稼ぐべく身を呈してアーチャーを足止めし死亡した。
 この聖杯戦争における最初に脱落したサーヴァントであり、異端ながらもキャスターらしく様々な手段をとり得るキャスターであり、対聖杯の要になり得る存在であった。そんなキャスターの死因は二つ。出会うべきでない時に危険な相手と出会ってしまったこと。そしてキャスターのマスターが優しすぎたこと。