※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

兵部京介


【登場作品】
絶対可憐チルドレン The Unlimited 兵部京介
【スタンス】
聖杯狙い
【立場】
キャスター

 多彩なスキルと闇社会での経験を活かして裏表を問わず活動できるキャスター。天沢勇子のサーヴァントとして召喚に応じ、魔術師でないのに魔術師らしい主従が生まれた。本選開始後はさっそく自宅を拠点化し次いで冬木ハイアットホテルも一部拠点化。その後接近してきた狂介&キャスター組と慎二&キャスター組をスキルを活かして遠ざける。その後は冬木大橋に移動し現地を調査。イサコと合流し自宅へと戻る。ここでの会議によりイサコは兵部を病院へ向かわせることを決定、危険性を感じるも押しきられる形でこれに承諾する。こうして乗り気でないものの病院へ移動したことで彼の聖杯戦争は激変した。病院に多数のサーヴァントを確認しこれに接近している最中にランサー(カルナ)の戦闘を目撃。その戦力を脅威とした彼は病院の主従に対カルナの一時的な同盟を提案する。これは受け入れられ先行してカルナとの戦闘を開始していたところにアサシン(扉間)が増援として到着、カルナのマスター・イリヤスフィールをあと一歩のところまで追い詰めた。しかし快進撃もここまで、扉間の離脱と共に兵部も離脱、自宅へと戻るが、この間にイリヤスフィール達と原作で親しい美遊&バーサーカーが合流してしまう。ここで美遊は兵部を重大な脅威と認識し令呪の使用も厭わずにイサコ宅にいた兵部達を襲撃。自身の生命維持も超能力に頼る彼にとって超能力無効化能力を持つ小野寺はまさしく天敵であり、体勢の崩れた彼らはそのまま押しきられることとなり死亡した。
 主従としての総合的なスペックは高く優勝に最も近いサーヴァントではあったが、マスターとサーヴァントでできることが被っていたり超能力を封じられると致命的に弱体化するなど隙もあった。とは言え超能力が使えなくなる事態は通常考えられないのだが、この聖杯戦争には超能力無効化能力を持つサーヴァントが二騎いるという彼にとっては悪夢としか言いようのない戦場であり、また彼らのスタンス的にどちらとも衝突が避けられないものであった。本来はそういったリスクを軽減するために他主従との同盟を目指したり情報収集を進めてはいたのだが、彼の行動をサポートしたりストップをかけられる人間がいない状況では万全な働きはできず、にも関わらず軽率に動きすぎたのが死に繋がったと言えるだろう。