※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【登場作品】
こどものじかん
【スタンス】
聖杯狙い
【立場】
マスター

 魔術的な素養は皆無だが願いの強さで参戦したタイプ。本聖杯戦争では唯一のアサシンである千手扉間を召喚し主従間での温度差はあるものの共に聖杯獲得のために行動する。予選の時から一貫して病院を拠点に選び穏健なスタンスの参加者からの攻撃を避け負傷したマスターの追い打ちをかけられる体制を構築すると、りん自体は入院患者を装うことで主従でステルスを目論んだ。この方針は扉間が病院に来た日野茜&ランサー(真田幸村)とマイケル・スコフィールド&アーチャー(ワイルド・ドッグ)がに接触してからも堅持され、彼女は本選開始より丸半日誰にもマスターと気づかれることは無く、非力なマスターの動きとしてはまずまずといったところ。しかし扉間から聖杯戦争への覚悟を問われたことで激昂したのをきっかけにこの安定した状況は崩れることとなる。彼女の母親への思いとその為ならば犠牲を厭わない姿勢に扉間はうちは一族と同じものを感じ彼女を本格的に危険視し始め、りんを気絶させると独断専行を強めた。まず手始めに病院で死亡した三谷亘の腕をもぎ取り、ついでキャスター(兵部京介)の誘いに乗りランサー(カルナ)追撃に加担、この戦いで魔力消耗から気絶し、一時的に主従揃って完璧に無防備な状態に陥る。そしてこのせいで扉間はワイルド・ドッグに暗殺されかけ彼女自身もそのとばっちりで冬木市外に転院という形で出されそうになった。もちろん場外になれば脱落である。危うく病院で寝てただけで誰とも出会わずに脱落しかけたが、しかしこれは扉間がすんでで止めることで回避した。美遊・エーデルフェルト&バーサーカー(小野寺ユウスケ)に拘束されるというおまけ付きで。彼女が気絶から目覚めた時には既にその優位の全てが崩れさっていた。病院からホテルへと拠点が移されたことでもはや彼女はただの無力な小学生に過ぎず、かろうじてできたことは初期から同盟を組んでいたのに顔を合わせることのなかった茜と語らうだけ。それもりんが黒鳥苺(黒鳥千代子の分身)を些細なことから突き飛ばして打ち所が悪く殺してしまったことで無に帰す。この一件でついに彼女の闇は表面化し、最期は美遊に唆される形で自殺した。
 小学三年生という最も精神的に危うい時期からの参戦、サーヴァントが愛の一族であるうちは一族を知り尽くした千手扉間、彼女を愛してくれる人も彼女が愛したいと思える人も彼女が大切にしたい人も彼女を大切に思ってくれる人もいない環境、そして聖杯戦争という殺意の肯定。その全てが組み合わさり彼女が内に抱える闇が表に出ることで彼女と彼女に纏わる死が引き起こされた。実際には人を殺していないとはいえ、彼女が事故とはいえ人を殺したと思い込みまたそれを扉間も信じたことで二十組中八組もの大同盟である冬木ハイアットホテルの同盟はこれから二時間足らずで崩壊することとなる。これは彼女のせいだけではもちろんないのだが、もし彼女がもっと早く、そして深く茜のような人間と交友関係を持てていれば彼女の闇はもう少しはマシな形で湧き出ていたであろう。それこそアサシンのマスターという立場からは悪手だが、茜と直接会話し行動を共にしていれば、少なくともりんが「黒くなる」前にひと呼吸置くことができたはずだ。とはいえそれができなければしようともしないほどに凝り固まっていなければそもそも聖杯戦争等に参加しなかっただろうが。彼女に足りなかったのは魔力でも聖杯戦争のビジョンでもない。人への思いやりであり、そして他ならぬ自分を大事にする自己肯定である。