ニコ生

緑/川/光/と諏訪部順一のデ/ィ/ズ/ニーっコらぢお 2017/5/5配信
実写映画『美/女/と/野/獣』のプロモーションにて。ユ/ア/ン・マ/ク/レ/ガーの吹替声優である/ 森 / 川 / 智 / 之/ 対し、
本作では同氏がユ/ア/ン/演じるルミエールの吹き替えは担当していないことを知りながら「歌がうたえたらルミエールやれたのに」。
その後、自分に当てはまる項目にチェックをするというコーナーで「弱い者には強気に出る」という質問のところで
森川が「これ諏訪部チェックしといたほうがいいんじゃないの?」と冗談っぽく応戦。
諏訪部は「これ見て誤解する人がいると困るから」と全否定するが、「僕のことそう思ってたんですか?」などのジョークで
切り返せないあたりその自覚がありそうだ。

ブログ&ツイッター


プリライUOプチ炎上事件
オレンジ色がメインカラーのキャラを演じる諏訪部がライブ時のUOに関して言及
twitter

ぼやかした言い回しのせいでUO勢がUO歓迎されてると曲解し、プリライでUO焚きまくる宣言
画像※垢主への凸は厳禁

点灯派vs非点灯派の地獄絵図に

プチ炎上してるのを察した諏訪部が言い訳を始める
twitter

ドッキリ事件
8月28日のブログにて
9.11テロを想起させる画像を掲載し「ちょっとドッキリ(笑)」
不謹慎との指摘があったのか、後日全く違う文章に変更 「驚きました でも、見間違えで本当に本当によかった」
文章変更させられたのが気に入らないらしく、8月29日に個人の表現にケチを付けるなといわんばかりの文章を載せる

ggrks事件
10月20日のブログにて、ファミリーコンピュータロボットについての記事を書くがそれについてコメント欄で質問した信者に対し、
翌日の記事で「自分で調べろ」と発言
いつもコメ数を増やそうと必死で、誘い受けな記事ばかり書いているブだがそれに応えて書き込んでくれた自分の信者に「ググレカス」発言する最低ぶりを見せつけた
これには信者もさすがに引いたらしく、以降ブログのコメ数が半減。なおコメントNo.56の縦読みコメは必見

跡部曲リクエスト問題
何かのイベントで歌うので、「跡部の曲で、一曲だけ好きなのを選んで下さい」と諏訪部→信者が悩んだ末、“リクエスト”する
諏訪部「勘違いされている方がいらっしゃるようですが、これは“リクエスト”では無く“アンケート”です」
→信者「勘違い!?」「リクエストみたく書き方したのはそっち!」「誤解じゃ無くて“勘違い”扱い!?」
諏訪ブの「勘違い」発言についてファンスレで内輪揉めが勃発
→後日諏訪ブは「勘違い~」の部分を削除。謝罪するどころか、無かったことにしようと証拠隠滅

レポート禁止問題
前談;
 テニフェスにおいてキャスト全員で歌う場面においてマイクを独占
 最終公演のラスト、青学メンバー以外はステージから退場した場面で空気を読まず、諏訪ブだけ最後までステージに残る
 最終公演の時、舞台上で倒れ込み頭を強打。(諏訪ブが独断でやった演出)ブログにて生々しい傷をアップ
後日、そのことを記したフェス観覧客のブログに対してツイッターで文句をつける
どこでどう曲がってしまったのか?間違った情報をブログとかに書かれている方がいらっしゃるようなので…
誤情報は早急に修整してくださいィィィ~ッ!!(笑)
イベントレポとか書くのお好きな方は御注意頂けるとありがたいです。
私的御感想は「記録」ではありませぬよ。

当たり前のようにケータイやらパソコンがある世代の方たちは、やはり警戒感が薄いような気がします。
イメージして下さい。危ない目をした知らないオッサンが留守中の自分の家に入って来て、
机の中にしまっておいた日記帳を読んでニヤニヤしている・・・。
ブログとかって極端に言うとそういうもの。
少なくとも、自分のこと応援して下さっている方々にはこういうトラブルに巻き込まれて欲しくないので・・・。

しかし、ドッキリ事件の時には
結局のところは、それが「報道」でない限り、個人の表現の範疇にあるものならば、それは当人の主義や、主張であるわけで。
優等生的な、当たり障りの無いことばかりでは、世の中面白くないと思うのだけれど…
とブログに記しており、ブの底の浅さを露呈している

ラジオ

◆あまつきラジオで、のっけから「アフレコで体力ない時にラジオなんて無理。
 ぶっちゃけアフレコの後にラジオ撮るのやめよう?DJCDに収録するようなクオリティは出せません」と駄々をこねる。
 相方のY氏に「無理って言わない。もうすぐ終わるから」と宥められる。

◆以前の(ラジオの相方)T橋氏が乙研やめる前後にS村氏とラジオやることになって(編注※ゼロサムのことと思われる)
 「ぼくは本当に(ラジオ一緒にやるんなら)キミ(S村氏)みたいな人があうと思う」と力説していた。