真庭狂犬

【作品名】刀語(真庭語含む)
【ジャンル】小説
【名前】真庭狂犬
【属性】真庭忍軍十二頭領 伝染の狂犬
【殺人数】2010人以上
【長所】相手(女性限定)の記憶、経験ごと身体を乗っ取れる忍法『狂犬発動』
【短所】忍者としては仲間想い過ぎる
【備考】状況に応じて身体を乗っ取りながら何百年も生きており、
    その間に乗っ取った身体は「1000や2000じゃきかない」とのこと(詳細な数は不明なので2000人以上とする)
    刀語六話で別の身体を乗っ取った際、元の身体の持ち主の意識が戻った描写はないため、
    前の身体を捨てて別の身体に移ると元の身体は死ぬと思われる
    (倒された時の状況から考えて、身体を乗っ取った状態で狂犬のみが死んだ場合は除く)
    また、真庭語で追手の忍者10人を全滅させていると思われるため、合計で2010人以上

vol.1