MMMのメリット・デメリット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本はMMDと同じですが、MMMにはサイズ描写に便利な点がたくさんあります。

●MMMのメリット
  • 視界深度の調整(設定→前面0.1以下にする)により、ギリギリまでポリ欠けせずにカメラを近づけられる
  • モデルのサイズをエフェクトをかけたまま簡単に縮小・巨大化できる(ただし物理演算が崩れる)
  • 上記により、あらかじめモデルのサイズをいじらなくても、ほぼそのままモデルが使える
  • カメラがモデルから離れるほど大きく動き、近づくほど少しずつ動くので位置の調整が容易
  • 距離に関係なくカメラの首振り動作ができる
  • アクセサリの移動がしやすい
  • ボーンがより直感的に操作でき、ポーズが作りやすい
  • エフェクトの調整がしやすい
  • 自動バックアップで突然エラーになったり消えても安心

●MMMのデメリット
  • 一部エフェクトが使用できない(主にシェーダ)
  • セルフシャドウに癖がある(エフェクトで解消できる)
  • MMDとの操作性の違い

これらの例が全てではありませんし、MMDに比べデメリットもありますが、
MMMはサイズ調整・カメラ操作の都合でサイズ描写に向いているといえます。
操作がより直感的なので、これからMMD始めようかな、という方にもオススメできます。