※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




ラグナレック



 黙示録の獣。
 地獄の奥に封印されている終端を招く獣。

 昔その圧倒的な力を備えた獣を恐れた上級魔族達は、その獣を討伐しようとしたが、獣は上級悪魔など虫けらの如く蹴散らし捕食した。魔界は針が進むより早く崩壊の道を歩んだ。

 しかし此処で一つ転機が起こる。
 とある魔族の知恵と機転により獣の弱体化に成功。獣は「体」と「心」と「知恵」を分けられ、地獄の奥へと封印された。全てはこれで上手くいくと思われたが…それだけでは終わらなかった。

 分散され封印されても尚、獣から出る瘴気によって地獄の闇達が活性化、頻繁に暴れまわるようになってしまった。そこで地獄に門を作り、その闇達の出入りを防いだ。
 そして、その門を守る3人の門番も置いた。




■鎖-CHAIN-
 その実、それぞれのケルベロスの鎖の先には分断されたラグナレックの「体」「心」「知恵」が封印されている。

  • 「体」…ドゥレン
  • 「心」…ヘイリー
  • 「知恵」…エルシェド

となっている。ケルベロスの身に付けている黒い鎖はその封印の媒体であり、地獄の底に眠るラグナレックとリンクしている。







添付ファイル