【名前】天草士郎(あまくさ しろう)
【性別】男
【年齢】16
【職業】高校生
【服装】純白の学生服、首から十字架をかけている
【身体的特徴】赤い長髪の美少年
【好きなこと・もの】家族、アニメや特撮、フルート、聖書
【嫌いなこと・もの】サブカルチャーを嫌う人、キリスト教を馬鹿にされること
【特技】フルートの演奏
【趣味】日曜朝の特撮鑑賞とミサ
【与えられた特殊能力】仮面ライダーキバへの変身@仮面ライダーキバ/紅渡
支給品であるキバットバット三世を使って仮面ライダーキバに変身する。
フエッスルでフォームチェンジも可能だが、ドガバキフォームにはなれない。あと、タツロットが居ないとエンペラーフォームにもなれない。

【詳細】
キリスト教系の私立高校に通う高校1年生。
日本有数の大企業『天草財閥』の御曹司で、道を歩けば10人中10人が振り返る程の美形だが、重度の特撮オタクという意外な一面を持っている。
これは、天草財閥総裁である父親が年季の入ったオタクだったことからの影響で、本人もかなりオープンにしており、学校の女子からは『そこ(オタクであること)だけが残念』と評されている。
母親を6歳の時に病気で亡くしており、形見の十字架を常に首から下げている。
【備考】
一人称は『僕』で、物腰柔らかな口調で喋る。
子供の頃の夢は『仮面ライダーになること』。
父親を尊敬している。

|