【名前】天草 時春(あまくさ ときはる)
【性別】男
【年齢】56
【職業】天草財閥総裁兼筆頭株主
【服装】純白のスーツ
【身体的特徴】白髪交じりの髪、口ひげ
【好きなこと・もの】死んだ妻、士郎とゆたか、サブカルチャー全般、聖書
【嫌いなこと・もの】イスラム教徒、アンチサブカルチャー主義者
【特技】旧約・新約両聖書の丸暗記
【趣味】おニャン子クラブのレコードを聞きながらのティータイム
【与えられた特殊能力】仮面ライダーダークキバへの変身@仮面ライダーキバ/先代キング・紅音也・登大牙
支給品であるキバットバット二世を使用することで仮面ライダーダークキバに変身する。
ただし、ウェイクアップフエッスルは2回しか吹けず、シールフエッスルの使用は不可能。
【詳細】天草士郎ゆたか兄妹の父親にして、日本有数の企業グループ『天草財閥』の総裁。
一見すると気難しい人物のようだが、その実態は小学生の時『仮面ライダー』を見て以来からのベテランオタクで、自身の会社を使って近年の『クールジャパン』ブームを生み出した張本人。
妻を亡くして以来、士郎とゆたか(特にゆたか)を溺愛しており、『ゆたかと顔を合わせるとゆたかのスカートの中に顔を突っ込んでパンツの匂いを嗅ぐ』といういささか危ない一面がある。
敬虔なクリスチャンでもあり、士郎達をキリスト教系の学校に入れたのもそのため。
おニャン子クラブの楽曲が妻との思い出の曲。
【備考】
平成ライダーより昭和ライダーが好きなので、キバに関してはあまり詳しくない。
英国式のティータイムが日課だが、猫舌なのでホットティーではなく、アイスティーを好む。

|