健康づくりの取り組みを進める「高齢者保健福祉月間」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大阪府では9月を「高齢者保健福祉月間」としています。
高齢者の福祉について関心や理解を深めるとともに、高齢者自身が生活の向上に努める意欲を高めるきっかけとなるように、様々な催しや関連行事を行うことで高齢者の社会参加を促進するのがねらいだそうです。

平成28年の「老人の日・老人週間」標語(内閣府、厚生労働省他)は、歯科用小型溶接機(クラスBタイプ)『みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会』と定められました。
月間目標のひとつが『高齢者の生きがい・健康づくり、介護予防への取り組みを進めよう。』です。

厚生労働省の資料によると、残っている歯の数は、歯科通販昔に比べるとすべての年代で増えているものの、年齢層が上がるにつれて入れ歯の使用者の割合が大きくなるとのことです。

歯科抜歯用ルートエレベーター(ペン式ハンドル)(1本入)

85才ぐらいを超えると、部分入れ歯だけでなく総入れ歯を使う方も多くなります。
入れ歯がぴったりと合っていれば元々の歯と同じ程度に噛むことが出来ますが、歯がない状態が何年も続くことで歯根があった部分の骨が徐々に減っていき、隙間が出来て入れ歯が合わなくなってしまいます。

そのため必要に応じて歯科医院での入れ歯の調整が必要になり、ぴったり合うように調整しても、高速ハンドピースまた少しずつ骨が減っていってしまうことでお口の中の状態が常に変化するため、暫くすると合わなくなることが多いです。

また、入れ歯では食べ物を噛む感覚がつかみにくく、総入れ歯で口の粘膜を覆ってしまうと温度も感じづらくなります。

ご自身の歯をいつまでもキープして美味しく食事をするために、毎日きちんと歯磨きなどのケアを行い、定期的に歯科医院で健診も受けることが大事です。
おりしも季節は「食欲の秋」。健やかな歯で食事を楽しみたいところですね。
関連記事 親知らずが引き起こすトラブルについて