よく噛むことは免疫力をアップしがんの予防に繋がります


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歯が健康な人はものが良く噛めますので食べ物を小さく噛み砕く事が出来、消化や吸収の為の胃腸の負担がかなり減ります。

胃腸が丈夫だからといって良く噛まなくても大丈夫と思うのは大間違いです。
ご存じのように胃液は強力な酸で、各歯科機器の部品・部件胃の中の食べ物を胃液や消化酵素で急速に分解していきます。

この時に食べ物が十分に小さく噛み砕かれている状態であれば、歯科技工用真空成型器食べ物は胃の中で速やかに消化されて省庁に送られますので、胃壁が酸にさらされる時間はごく短い時間で済みます。

食べ物が良く噛み砕かれていなくて消化吸収の負担がかかると、小腸も大きなダメージを受けて消化機能が弱まってしまいます。

患者モニタCMS7000二重NIBP圧力保護システム内臓

小腸の中には無数のひだがあり、長さは日本人では6~7メートルもあるといわれています。
そのひだの表面に免疫機能を備えた細胞がぎっしりと詰まっており、身体にとって有害な病原菌や化学物質を排除してくれます。

つまり、小腸は身体全体にとって大切な免疫器官であり、そこがダメージを受けると全身の免疫に影響が及びます。

このようによく噛まずに飲み込むと胃腸に負担をかけ、外科用インスツルメント免疫力が低下することに繋がります。
免疫力が低下すると風邪をひきやすくなったり、がん細胞の繁殖を許してしまうことにも繋がり、全身が大変危険な状態になってしまいます。

吹田市のまつもと歯科では、皆さんが健康な歯でしっかり噛めるように、定期的に検診に来て頂く事をお勧めしています。
関連記事 健康づくりの取り組みを進める「高齢者保健福祉月間」