歯科の疾患の中で最近急増してきたといわれる顎関節症


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

顎関節症とは、顎(あご)の関節を中心としてその周囲に起こる障害の総称です。口を大きく開けようとしても、こわばって開かなかったり、シール機口の開閉時にカクンと音がしたり、関節や筋肉が痛むといった症状が継続する場合には、顎関節症の可能性があります。

MICRO-NX®マイクロ・モーターBL-800A

顎関節症の原因には色々ありますが、噛み合わせが悪く、歯科ドレープ無理して噛んでいた。歯を治療したが、噛み合わせが正しくなっていなかった。歯ぎしりやくいしばりの癖がある、等など・・。原因の多くはストレス、精神的な緊張だともいわれます。

ストレスから歯ぎしりをしたり、歯科用・家庭用蒸留水器歯を食いしばったりと、あごの筋肉を緊張させ、悪い習慣が続くことで、顎関節症が起きやすいのです。歯科医院での診察では、奥歯がすり減っていないかも確認します。歯でお悩みがありましたら、神戸三宮インプラントセンターにお気軽にご相談くださいね。

関連記事:歯周病(ライフスタイルの改善)