実は増えている!? 日本の「性感染症」事情


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本で普通に生活している限り、性感染症にかかるリスクは低いと思っていませんか? しかし実は、日本での性感染症の発症数は、決して少なくありません。病気によっては、近年、患者が増加しているものもあるほど。

 

今回は、多くの人が考えている以上に深刻な日本の性感染症事情について、詳しくお伝えします。研磨用ポイント

 

○「梅毒」は5年間で5倍以上に!

 

性感染症とは、主にセックスやオーラルセックスといった性行為によって感染する病気のこと。「STD」(Sexually Transmitted Diseases)もしくは「STI」(Sexually Transmitted Infection)と呼ばれることもあります。歯面清掃用ハンド ピース

 

性感染症は、かつては「性病」と呼ばれ、性風俗を利用した男性や海外で無防備な性行為をした人がかかる病気というイメージがありました。しかし近年では、一般の若者や女性の間での感染が増加していて、問題になっています。

 

厚生労働省は、代表的な性感染症の報告数を公表していますが、そのなかでも「梅毒」の報告数が2010年以降、急増していることがわかります。2016年の報告数は、2017年3月時点の概数で4,559人。この数字は、2011年の報告数の約5.5倍です。

 

梅毒以外では、「淋菌感染症」「性器クラミジア感染症」「性器ヘルペスウイルス感染症」「尖圭コンジローマ」が、増加傾向ではないとはいえ、ここ5年ほどはほぼ横ばい状態。また、発症するとエイズを引き起こす「HIV感染症」の新規の報告数も、2007年から2015年までの毎年、年間1,000件を超すという状況が続いています。

 

http://athena.osakazine.net/e643114.html