キマイラ


獅子の頭に蛇の尻尾、等幾つかの動物もしくは魔物が組み合わさって出来上がっている怪物。
突然変異として自然発生する他に魔術での作成も可能とも言われる。


+...
元々はヒッタイトにおいて季節を司る神聖な獣とされており、頭である獅子が春、胴体の山羊は夏、
尾となる蛇が冬を象徴していた。
それがギリシャに伝わるとその性質は改変され、神話の中でテュポーンとエキドナから生まれた
怪物として位置づけられた。
毒蛇の尾を持ち、獅子の頭からはしばしば山を燃え上がらせるほどの凄まじい火炎を吐く。
最期はペガサスを駆る英雄ベレロフォーンにより、鉛の塊を装着した槍を口へ投げ込まれ、自身の火炎で
溶けた鉛に喉を塞がれて窒息死した。


古代ギリシャ語で「牡山羊」を意味するその名は現代の生物学に受け継がれ、同一個体に異なった
遺伝情報を持つもの、あるいは由来の異なる複数の部分から構成されるものを指し「キメラ生物」
「キメラ分子」などと呼称される。


名前:
コメント: