※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゾンビ


一度死んだ者が何らかの力で蘇り、死体のまま再び動き出したもの。
その様態から「リビングデッド」とも。

ほとんどのゾンビは肉体が腐敗して朽ちかけており、動きも緩慢だが、厄介なのは
既に死体なので致命傷というものが存在しない点である。
頭や心臓を貫いたところで倒れず、脚や胴を断ち切ったところで這い回ってでも襲ってくる。
奴らの動きを止めるには、首を切り落とす他に方法は無い。

耐久力よりもなお恐ろしいのは、ゾンビに食い殺され(あるいは、噛み殺され)た者も
やがてゾンビになるというその増殖性だろう。
墓所やモルグの付近など、死体のある場所から大挙して現れた場合、自警団や練度の低い
警備兵では新たなゾンビを増やすだけであり、村や町全体がゾンビの徘徊する廃墟と化した
例も少なくはない。

他の魔物に比べてゾンビが大きな被害を齎す要因として、ゾンビとなった者の家族の
存在が挙げられる。
彼らにとっては動き回り、人を襲う死体といえども生前愛した家族である。
さらに、ゾンビは何かの単語らしき声を発したり、生活域をなぞるように歩き回るなど、
生前の記憶が残っているかのような行動を取る事もあり、それが余計に攻撃あるいは
然るべき場所(自警団や警備隊)への報告などの対処を躊躇わせることとなる。

だが、ゾンビには人間としての理性や知性などはもはや失われている。
…いかに生きているように振舞おうとも、目の前に居るのは忌わしきアンデッド。
ただ満たされぬ飢え渇きのまま人を襲い、喰らうだけの魔物である。
…あなた自身どころか、残った愛する家族や友人までもゾンビにしたくなければ、
すぐに逃げ出すか――できる覚悟と力があるのなら、首を刎ねる事。


+...
今ではすっかり定番となった「ゾンビに噛まれるとゾンビになる」という設定は、
ジョージ・A・ロメロ監督作のゾンビ映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』による。
他にも不死性や食人欲求、人間としての理性の喪失など、今日におけるアンデッドとしての
ゾンビの性格は、この映画により決定付けられたと言えるだろう。
(それまでの映画におけるゾンビは死霊や使い魔であったり、SFモンスターであった)

現実におけるゾンビのルーツは、ブードゥー教の司祭「ボコ」による奴隷作成の呪術、
或いは毒物「ゾンビパウダー」により仮死状態にした人間を解毒蘇生し、酸欠によって
脳に損傷を受け意志を失った人間を奴隷として使役した事による。

ただし現実と言っても(当然だが)前者は言い伝え、後者は論証の無い単なる仮説である。
実情は共同体における追放者を指したもの、あるいは死者と良く似た他人を誤認したものと
人類学者は現実のゾンビについて存在を全否定している。

なお、アメリカ国防総省では2011年に「地球全体でゾンビによる襲撃が起こった場合」を
想定し、ゾンビの誕生やその倒し方、軍事作戦の遂行、医療施設や発電所などが襲撃された
場合の対処方法など事細かな対策が練られた演習訓練のシナリオを作成している。
これは冗談でも何でもなく、実在の仮想敵国や団体名を記載すると、演習を行う訓練生が
実際の軍事計画と誤解する危険があるため、現実にはありえない「ゾンビ」を採用したのだという。


名前:
コメント: