冒険者


何らかの目的――対価や名誉、あるいは冒険それ自体を楽しみとする――のため、
危険・困難を伴う行動や旅に挑戦する者達の総称。
狭義には人々から(主に危険・困難を伴う)依頼を受け、それを解決する事で
対価を得て生活している者が、職業として自称ないし他称される言葉である。

冒険者として名声を高める者も多いが、他に職業を持ち、副業的に冒険者業を
営んでいる者も珍しくない。
確かに依頼解決によって得られる報酬は一般の職業と比べても高く、武器と
体一つあれば誰にでも一攫千金が狙える道である。
しかし裏を返せば極めて博打的な、不安定な収入源と言うことであり、依頼が
なければ当然1Gたりとも懐には入らず、怪我や病に倒れても、その間の保証は
全くない。

このような労苦を理解せず、幼き日に憧れた英雄譚・大冒険だけを夢見て剣を
取り、現実の赤貧に耐えられずに道半ばで挫折する若者が後を絶たない。

但し、これはあくまでも己の身ひとつで、右も左も分からずただ飛び出した
無鉄砲な者に限った話。
もし貴方がそれなりに大きな街に暮らしているか、付近にそうした街があり、
そこで冒険者ギルドに登録するのならば話は別だ。
ギルドへ加入し登録証が発行されれば、通称でなく正式な職業として「冒険者」と
公的に認可される。
自分の足で依頼人を探さずとも、安全な日常のお手伝いから手応えのある魔物退治まで、
日々あらゆる依頼がギルドを通じクエストという形で紹介されるのである。
(詳しくはギルドクエストの書を参照)

ただ、あまりにも腕が未熟だったり人格に問題がある場合はギルドから除名され、
更には回状により他の街のギルドへ加入する事も叶わなくなるだろう。
めくるめく冒険に胸躍らせて家を飛び出す前に、自身の力量とよく相談を……。


+ ...