※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダガー


主に刺突を目的とした両刃の短剣。
正確には広く短剣全般を指す言葉であり、形状も一定のものではないが、
概ね1フィート余りの長さを持ち、両刃を備えた短剣と考えてよい。

より細かい分類としては鎧を貫き通す事に特化したスティレット、
逆に防御を主体とするマン・ゴーシュやパリイング・ダガー、
更には武器破壊を目的とするソードブレイカー等が挙げられる。

+...
綴り dagger
歴史 11世紀~現代
分布地域 全世界
全長 20cm~30cm
重量 0.2kg程度

語源はラテン語のダキア(Dacia)で、古代ローマの属州である
ダキア地方の住民が使用していた武器に由来する。

日本国内(特にマスメディア)においては「ダガーナイフ」という
呼称が一般化しているが、ナイフは汎用の短い切断具全般を指して言う
単語であり、対してダガーとは「ダガーという形状の短剣」を示す
言葉のため、重複となる。
(例えばサーベル・ソード、パイク・スピアーと呼ぶようなもの)
よってこの場合、単にダガーと呼ぶのが正しい呼称である。


+...
名前:
コメント: