鎮痛剤

読んで字のごとく、痛みを鎮めるための薬剤。
負傷、病気などの痛みを除去または軽減し、精神を安静にさせる効果がある。
その用途から、「ペインキラー(苦痛を殺すもの)」とも。

単一もしくは複数の麻酔成分、麻薬成分を含む素材で作られており、経口摂取や
蒸気吸入などで内服したり、直接塗布するなどして使用する。

形状・効果は様々だが、強力なものはそれだけ副作用も強く、また素材によっては
依存性を持つものも多いため、覚醒薬ほどではないにせよ、一部の薬は購入にあたり
厳しい制限が掛かっている。

冒険者であれば(ある程度煩雑な手続きの後)強力な鎮痛剤も手にする事は可能だろうが、
常用すれば前述の通り精神・肉体依存の中毒を起こす他、使用量を間違えれば臓器などに
重篤な副作用を引き起こし、最悪の場合死に至る。
痛みどころか自身の命まで消してしまわぬよう、使用には細心の注意を払われたし。