フリント


黒曜石、ジャスパー、カルセドニー、チャート(堆積岩の一種)などの硬い鉱物や
宝石などの材質で作られ、鋼片に打ち付けて火花を発するために使用する道具。
その性質から「火打ち石」という呼称も広く用いられている。

火を自在に操る魔法使いにしてみれば、この道具はまさしく火遊びにしか
見えないものかもしれない。
が、古今東西の旅人にとってフリントとは灯りを点し、煮炊きをし、そして
暖を取るために火を起こす最初の火種として、常に懐にあった心強い命綱である。
冒険に慣れたとて初心を疎かにせず、一つは道具袋の中に入れておこう。

ちなみによく誤解されているが、フリントの原理としては前述の通り硬い素材を鋼に打ち付け、
鋼が剥離する事で火花を起こしているものであり、フリント同士を打ち合わせたところで
火花は発生しない。
(互いの硬度に開きがあれば、低温の火花は少しくらい散るかもしれないが…)


+ ...

+ ...