エルフの少女で、かつてラスタンド森林に暮らしていた一族の生き残り。
森に起きた惨禍による被害を警告すべく、近隣に住む人間達の村や街を
訪れるも、話半分にあしらわれ、あげく元凶呼ばわりして手を上げる者まで
いた事から、失意の果てに酒場へと流れ着いた。

前述の事情から人間社会に対し半ば諦観の念を抱いており(但し、種族としての
人間には好意的である)酒を飲み管を巻く日々を過ごしていた。
が、ある日森の跡地に起こった更なる災厄の報を聞き奮起。
冒険者たちと共に再びラスタンド森林へと向かい、これを解決した。

その後の消息については不明。
他の緑豊かな場所にて、平穏な暮らしを送っているよう願うばかりである。

+ ...