※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「赤髪 黒viviに関する情報」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

赤髪 黒viviに関する情報」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 このサイトでは、赤髪 黒viviのキャラクター概要についてまとめている。
 **赤髪とは
 ***赤髪のシャンクス
 ワンピースの物語で最初に登場する海賊団「赤髪海賊団」の船長。
 主人公ルフィが海賊になるきっかけは与えた人物。
 
 身体的特徴:
 赤髪と左目の3本キズに黒いマントを着用。またルフィを助ける為に左腕を失っている。
 
 戦闘スタイル:
 剣術を得意としている。
 過去に何度も最強の剣士ミホークと決闘していることからも、剣術の腕もさることながら、剣もかなりの業物である可能性がある。
 
 年齢:
 39歳(2年後編)
 ルフィの幼年時代に既に赤髪海賊団を結成されている為、四皇の1人ロジャー海賊団の見習い期間は短いと推測される。
 
 **黒viviとは
 ***黒ひげマーシャル・D・ティーチ
 「黒ひげ海賊団」の船長。
 黒ひげとは明かされていないが初登場は146話『夢を見るな! 嘲りの街モックタウン!』。
 
 身体的特徴:
 所々歯が無く巨体。
 
 戦闘スタイル:
 自然系のヤミヤミの実と超人系のグラグラの実の能力者。
 作中ではまだ出ていないがこの他にも能力を隠しているかもしれない。
 
 年齢:
 40歳(2年後編)
 
 ***ネフェルタリ・ビビ
 アラバスタ王国王女で現国王ネフェルタリ・コブラの娘。 
 ビビとは明かされていないが初登場は103話『クジラ』に謎の女「ミスウェンズデー」として登場。
 
 身体的特徴:
 初登場時は髪を束ねてポニーテール。
 ミスウェンズデー時にはオールバックにしていたが、その後は前髪を中分けにしている。 
 
 戦闘スタイル:
 指に糸をつけて刃物を回転し、相手に放つ孔雀(クジャッキー)スラッシャー。
 
 年齢:
 18歳(2年後編)
 
 **男性だけじゃない!女性にも支持されるワケ
 歴史上でただ一人、偉大なる航路(グランドライン)を制覇した「海賊王ゴールド・ロジャー」、富、名声、力のすべてを手に入れた彼は処刑直前に放った言葉が大海賊時代を作りました。
 「俺の財宝か、欲しけりゃくれてやる、探せ!この世の全てをそこに置いてきた」
 
 その言葉は大きなうねりとなり、海賊王の残したひとつなぎの秘宝(ワンピース)をめぐって海賊たちが名を上げていきます。
 東の海の端に位置する、フーシャムラの少年「モンキー・D・ルフィ」は、悪魔の実を食べたことによって体がゴムのように伸びるゴム人間になってしまい、大いなる海賊「シャンクス」と出会ったことで、ルフィは自らも海賊なることを夢見ます。
 
 シャンクスとルフィは海での再会の約束を交わし、ルフィに自分の麦わら帽子を預けて出航していくといきます。
 そしてその十年後、成長したルフィは夢を抱えて海へと漕ぎ出す、というストーリーです。
 
 ルフィを主人公として海洋冒険ロマンがたっぷりの漫画ですが、少年漫画でありながら女性の支持も高いという特徴があります。
 もともと発行部数が多いとという理由もありますが、女性が支持する理由としては様々なものが挙げられます。
 
 純粋に物語としてワクワクする、続きが気になるという以外にも、仲間との強い絆に感動する、夢や希望が詰まっている、仲間の大切さを教えてくれるなど、キャラクター同士のつながりが魅力的だとする理由も多いのです。
 これはルフィだけが強くなるというよりは、仲間との関係性が強化されることで強くなり目標に近づく、「友情・努力・勝利」という少年漫画の王道を崩さずに、横の関係性をはっきりさせていることが大きいと分析する人もいます。
 
 また、連載初期から作り込まれているのも魅力になります。地理的なものや歴史的な作り込みもしっかりしていることで、ワンピースという作品に入り込みやすくなっています。
 
 また、特徴のあるキャラクターは必ず一人は好きなキャラクターを見つけられたり、敵も憎めない感じがするというの人気の理由です。
 
 戦争や差別、悲しい別れなどもありますが、それを乗り越えて夢を実現するために努力し続けるルフィ達の冒険は希望があり、元気付けられます。
 ワンピースはまだまだ続くため、彼らの今後はどのように成長して、どのように結末を迎えるのか楽しめる作品になっています。
 
 **世界中の人に愛される理由
 ワンピースは日本国内だけにとどまらず、世界中で愛されている漫画のひとつです。
 ワンピースが世界中で愛される理由としましては、作中の世界観の広さにあります。
 
 海を舞台とする海賊の物語ですので、あらゆる場所へ冒険の旅をすることになります。
 ですから、漫画の場合は読んでいるだけで、アニメの場合は観ているだけで主人公のルフィと壮大な冒険の旅に出たような気分にさせてくれるのです。
 
 限りなく現実から遠い世界へと誘ってくれる世界観ですので、現実社会で疲れきった人たちの心を癒してくれるのです。
 現実社会で疲れているのは日本国民に限ったことではありません。
 
 世界各国の人たち皆が現実社会で疲れながら生活しているのです。
 ですから、疲れた心を癒してくれるオアシス的な存在なのです。
 
 登場するキャラクターが多いことも愛される理由のひとつでしょう。
 まず、ルフィの仲間が個性的です。どのキャラクターもしっかりと個性を持っていて、背景が丁寧に描かれています。
 
 ですから感情移入しやすいのです。そして、ルフィが旅をしていく道中で様々なキャラクターと出会い別れていきます。
 冒険の中で出会うキャラクターも僅かな登場時間であったとしても、強烈な個性を残していきます。
 
 そして、ルフィの仲間と同様に、しっかりとキャラクターの背景が描かれています。
 ですから、同じようなキャラクターというものが登場しないのです。
 
 唯一無二の存在として描かれています。このキャラクターの描写も全世界共通で受け入れられる手法と言えるでしょう。
 キャラクター描写がしっかりとしている漫画やアニメはどの国でも愛される傾向にあるのです。
 
 これだけ丁寧なキャラクター描写をしていますので、それぞれのキャラクターに固定ファンが数多く存在します。
 実際に国外ではワンピースのキャラクターのコスプレがかなり流行っているのです。
 
 これが人気の証拠です。
 それだけ思い入れがあるということになります。
 
 思い入れがしやすい点はキャラクターの描写が丁寧であることだけでなく、キャラクター名が覚えやすいということもあります。
 日本固有の名前ではなく、どの国でも通用しそうな名前がキャラクターに与えられています。
 
 ですから、なおのこと感情移入しやすいのです。
 物語も笑いもあり感動もありといった緩急つけたストーリー構成となっているため、飽きることなく読むことができ、観ることが出来るのです。
 
 このような理由から、ワンピースは世界中で愛されているのです。
 
 **映画で一番の人気作品は?
 2000年から2016年までの間、合計13作品のワンピースの映画が世間に公開されました。
 東映アニメフェアの作品として上映されたり原作者である尾田栄一郎が製作総指揮を務めたり等それぞれの作品にはそれぞれの特徴と魅力を持っているうえに視聴したファンの印象の差もあるため、一番の人気作品を決めるのは難しいところがあります。
 
 しかしあえて一番の人気作品を挙げるなら、2008年に公開された9作品目「ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」が一押しです。
+
+#video(https://www.youtube.com/watch?v=OAlfN-VbGJI)
 
 第32回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したこの映画は原作リメイク作品です。
 個性的なキャラクターが数多いワンピースのなかでもトップクラスの人気を誇るトニートニー・チョッパーが主人公のルフィが率いる麦わらの一味の仲間になるきっかけとなった「ドラム王国編」が基になっています。
 
 当然アニメでも「ドラム王国編」は制作されていますが、「エピソードオブチョッパー」では新鮮なアレンジとオリジナル要素が追加されているので既にアニメと原作で「ドラム王国編」楽しんだファンでも満足できる内容です。
 
 映画ならではのアレンジとオリジナル要素は3つあります。
 
 1つは原作のストーリーでは乗船していたネフェルタリ・ビビとカルーのかわりにニコ・ロビンやフランキーが麦わらの一味になっている事、もう1つが映画オリジナルキャラクターであるワポルの兄のムッシュールが登場している事、そして最後の1つが麦わら一味のスペックが最新である事です。
 
 例えば原作では「ドラム王国編」で乗船していた船はゴーイングメリー号でしたが、「エピソードチョッパー」ではサウザンドサニー号になっています。
 
 またルフィがギア3まで使えており、原作では考えられなかった戦闘の演出に目が奪われてしまいます。
 演出と言えばキャラクターたちも忘れてはいけません。
 
 原作ではまだ仲間になっていないニコ・ロビンやフランキーがいる影響にも期待が高まりますが、新しい敵であるムッシュールがもたらす脅威をどう退けるかも気になるところです。
 
 ムッシュールもまた悪魔の実の能力者で、毒キノコの能力を与える「ノコノコの実」の能力者であります。
 火に弱いものの、分身を生成する事もできるうえに身体能力も高い厄介な敵です。
 
 しかし「エピソードチョッパー」の人気の理由は感動のストーリーに尽きます。
 一人ぼっちのチョッパーを救った不器用な医者の生き様と遺産である冬の桜は「何度見ても泣いた」と多くのファンが言うように心を揺さぶり、涙を誘います。