※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼロ



◆演じる人:もやし
◆名前:エアリス・カルロ・デラ・キュクロス・ゼロ・クローディア
◆性別:男
◆年齢:?
◆種族:? *1
◆出身:ナーバレル魔国
◆髪型:(髪型というより頭部の見た目:犬のような獣骨の頭部に羊のような曲がった角)
◆目型:眼窩の奥に黄色い光が宿る
◆職業:魔法使い
◆武器:錫杖
◆服装:赤黒い毛皮のローブ/黒のジャケット/白のシャツ/灰色のウェストコート/ループタイ/革靴
◆性格:優しい/心配性/世話焼き
◆一人称:僕/私
◆二人称:君/貴様
◆三人称:あの人/彼
その他: *2
■3つの変身形態を持つ。
●1つ目は《人型》。幻術で作り出した仮の姿で、地上界で生活する際はほとんどがこの姿。
●2つ目は《幽霊型》。人の目に触れてはいけない仕事をする時などに使う霊的な形態。外見は獣骨の頭部に靄の身体を持っている。
●3つ目は《怪物型》。本来の姿。赤黒い体毛に覆われた大きな四足獣。獣骨の頭部、闘牛のような逞しい骨格、猛々しい鬣、黒々とした蹄、真紅の毛がフサフサとした長い尻尾が特徴的。
■腕の良い魔法使いで様々な魔法の研究を行っている。得意な魔法というものが決まってある訳ではないが、浄化・封印系の魔法は苦手。
■名前がとても長い。名乗る際は後半の二つを取って「ゼロ・クローディア」と名乗ることが多い。親しい者には「エアリス」と呼ばれる。偉い魔法使い達はエアリスのことを「影の仔(カゲノコ)」と呼ぶ。
■既婚者で、ナーバレル魔国の町外れに妻の「セシリア・クローディア」と2人で暮らしている。

ーネタバレ注意ー
●種族に関しての設定はまだ。

●ロケルニヤを訪れた際に偶然立ち会った奴隷オークションでセシリアという赤毛の少女を競り落す。
治療困難な難病を患っている物珍しさと好みの外見という理由で高額の金を出し購入。
触れたその瞬間に魔法使いとしての資質を見出したエアリスは彼女を奴隷として家に置くのではなく将来的な嫁として彼女を家に置くことにした。

●治療困難と言われた難病を長い生命の中で培った知識と魔法で難病の治療に成功する。医師や偉い魔法使いから治療方法の公表を依頼されるも拒否し、一切の情報も公表していない。その事あってか医師、偉い魔法使いから嫌われている。