※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カズナ



http://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/alia_natura/attach/42/8/37B10224-D2E7-4378-8C3D-535C3F74E09E.JPG


演じる人:大樹

◆名前:カズナ
◆性別:女
◆年齢:???(外見18才)
◆種族:吸血鬼
◆出身:ナーバレル
◆髪型:銀髪のショート
◆目型:吸血鬼の赤い瞳
◆職業:
◆武器:吸血鬼の力
◆服装:画像参照
◆性格:周りを気遣っているつもりで無意識に自分のために行動している。
◆一人称:私
◆二人称:
◆三人称:
その他:
■吸血鬼の力(無属性)
◆光と水、銀が弱点である。 
①血を利用した攻撃
自らの血の魔力を利用し手や空中に様々な形で自由に操ることができる。槍や弾丸状にして敵に飛ばすなど。だが、吸血鬼の弱点に触れると血で作られた物質は消滅する。

②子供の血の人形達
カズナが子供殺しとして殺めてしまった子供たちとほぼ同じ容姿をした彼女を守るために動く人形。
髪と目の色はカズナと同じものに変わっている。
カズナの中で蓄積されている子供たちの臓器にカズナが自らの体に噛みつくことで魔力を流し込み使用することができる。
一個が別々の意志を持っているかのようにバラバラに
動き回る、それぞれがカズナが血で作るような武器を使う。
人形達もまた、吸血鬼の弱点に弱くこの能力を使用する間人形達にかなりのエネルギーを持って行かれるためカズナ自身は体の再生もままならぬほど弱ってしまう。
③ペンダントの防御
性格にはカズナの持ち物であるペンダントに宿った付喪神の能力。
持ち主であるカズナの魔力と呼応するように付喪神も魔力を使用できる。
彼女の作る守りの壁は正面からの攻撃には強いが後ろを守ることはできない。

▶︎episode
アキの義理の姉でルリの偽物の母親である。
吸血鬼ながら人間に憧れていたが、幼い頃そんなつもりはなかったが苦しめてしまった絶望の吸血鬼によって、子供殺しの吸血鬼としての彼女が目覚めさせられてしまい、ベルの町で大量の子供を殺してしまう。
それから、ナーバレル中に指名手配されることとなり
一時期精神的に弱っていたが、魔術師のケゴルドや義理の弟のアキのおかげで明るさをとりもどしていた。

幼いときにアキの死体を見つけて彼がまだ生きていると気づかずに生きた子猫の魂と一つにする、蘇生儀式の材料にしてしまう。アキはカズナの中に寂しさを感じ、弟になることを何の気兼ねもなく引き受けてくれた。

子供殺しの事件以降、たくさんの赤ん坊が捨てられるようになってしまったベルの町で、彼女は赤ん坊を保護して町外れの屋敷に住み、育てている。

赤ん坊が捨てられてはいないか見回りをしていたある日、ルリを発見し、記憶障害である彼女に母親だと思い込まれている。

赤ん坊や、ルリを保護したのは子供達の為なのかそれとも、単なる罪滅ぼしなのかはわからない。 

現在はルリの母親としてベルの町で娘の帰りを待っている。