斧戦・影身


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超タナトスが持つ戦法変化スキル。
斧を装備可能な式姫および傾奇者(副職業も可)のみ使用できる。
効果は以下の通り。


自身の分身が発生し、更に以下の効果を得る。
[利点]通常攻撃と攻撃技使用時、追加ダメージが発生
[欠点」敵から攻撃を受けた時追加ダメージが発生


一撃の威力が劣る代わりに素早さが高い死神系の為に作られたスキルであるが、

利点は恐ろしいほどに通常種の斧とも噛み合っている。

そもそも斧式姫は斧技・瞬歩からの高威力スキル使用により瞬間ダメージを多く稼げる職であるが、
それがこのスキルによって更にダメージが増加する。これだけも非常に強力な性能のスキルであることは分かるであろう。
その代わり欠点として相手の攻撃で追加ダメージを受けてしまう。高威力の全体攻撃を持つ相手の場合は、
HPが高い斧式姫であろうと落とされることもある。
…が、案の定刀技・金剛の構えと刀技・挺身の構えを併用することにより一部の相手以外は欠点をほぼ無視して使用することが出来る。
似たような性能の槍戦・飛翔と比べても非常に高性能なスキルである。槍使いは泣いていい。


主人公も傾奇者がレベル60になると習得する。
斧式姫ほどの火力は出せないが、それでも主人公を火力にする場合は強力なスキルである。
最も火力を出せる武士であれば、副職業にして斧技・瞬歩とこのスキルを併用してダメージを稼ぐこともできる。