味方ユニット > ディートヘルム

加入条件

四章

ステータス/称号

種族 LV 基本攻撃 装備武器 属性 COST 物理 地脈 冷却 火炎 電撃 神聖 暗黒
人間 20 素手 重弓 暗黒 14 -- -2 軽弱 +1 微減 -- -- -3 弱点 +2 軽減
25 16 -- -2 軽弱 +1 微減 -- -- -3 弱点 +3 強減
40 18 -- -2 軽弱 +1 微減 -- -- -3 弱点 +3 強減
55 21 -- -2 軽弱 +1 微減 -- -- -3 弱点 +3 強減
70 24 -- -2 軽弱 +1 微減 -- -- -3 弱点 +3 強減
80 28 -- -2 軽弱 +2 軽減 -- -- -3 弱点 +5 無効
90 32 -- -2 軽弱 +2 軽減 -- -- -3 弱点 +5 無効
99 37 -- -2 軽弱 +2 軽減 -- -- -3 弱点 +5 無効

条件 称号 HP SP FS 命中 回避 物攻 物防 魔攻 魔防 敏捷 移動 CP COST 備考
初期 水闘獣針団長 52 25 35 15 0 22 13 0 8 11 7 3 27 14 LV20
LV25 弩巧名人 +5 +5 +2 +2 +1 +1 +6 +2 「精神統一Ⅰ」「長距離徹甲撃」習得
LV40 弩巧狙撃士 +3 +3 +5 +1 +2 +1 +1 +8 +2 「精神統一Ⅱ」「身代わり」「対空迎撃Ⅱ」「貫通Ⅰ」習得
LV55 狙撃水軍 +5 +5 +2 +2 +1 +2 +10 +3 「潜水」「精神統一Ⅲ」「長距離閃貫撃」習得
LV70 天駆の狙撃士 +3 +3 +5 +1 +12 +3 「二回行動」「対空迎撃Ⅲ」「貫通Ⅱ」習得
LV80 冷撃王 +5 +1 +1 +1 +14 +4 「魔物殺し」習得
LV90 愛されし狙撃士 +3 +3 +2 +20 +4 「貫通Ⅲ」習得
LV99 弩巧を極めし神傑 +10 +10 +3 +3 +2 +2 +1 +3 +5

スキル

条件 名称 CP 効果
初期 鍛梁師 6 特殊:『祭祀マスの修復』『探索』『開錠』『発掘』が可能
再行動 15 特殊:行動終了後、20%の確率で再行動が可能
対空迎撃Ⅰ 3 戦闘:飛行の敵に有効 命中と痛打+5 攻撃+3
長距離射撃 3 必殺:射程1-4 命中-10 敏捷-2 SP3消費
六章 ☆鍛梁の機軸射撃 10 必殺:無属性 射程1-4 命中+20 物攻+15 両者SP9 アヴァロ隣接
LV25 精神統一Ⅰ 3 戦闘:常時、自分の命中が10%上昇
長距離徹甲撃 8 必殺:射程1-4 命中-10 物攻+4 敏捷-3 SP5消費
LV40 精神統一Ⅱ 7 戦闘:常時、自分の命中が20%上昇
身代わり 10 特殊:隣接する味方が射撃されたときに身代わりで戦闘する
対空迎撃Ⅱ 6 戦闘:飛行の敵に有効 命中と痛打+10 攻撃+6
貫通Ⅰ 6 戦闘:確率10%で敵の防御力を半分にした状態でダメージ
LV55 潜水 3 移動:迷宮内の『水上』『水中』マスを移動することが可能
精神統一Ⅲ 14 戦闘:常時、自分の命中が30%上昇
長距離閃貫撃 13 必殺:射程1-4 命中-5 物攻+8 敏捷-4 痛打+10 SP7消費
LV70 二回行動 30 特殊:行動終了後、必ず再行動が可能
対空迎撃Ⅲ 9 戦闘:飛行の敵に有効 命中と痛打+15 攻撃+9
貫通Ⅱ 15 戦闘:確率15%で敵の防御力を半分にした状態でダメージ
LV80 魔物殺し 10 戦闘:『一般』『鬼』『巨人』『魔獣』に対して攻撃+10
LV90 貫通Ⅲ 24 戦闘:確率20%で敵の防御力を半分にした状態でダメージ

特徴

主人公アヴァロの師匠で葉巻が似合うナイスミドル。自身が取り仕切る商団の団長であり、何気に既婚者で子供までいる。
近接型のアヴァロに対して、物理間接アタッカー。物理限定だが防御も高い。魔法防御なんて言葉は存在しない。
スペックは悪くないのだが、間接特化ユニットの宿命として、二回行動を覚えるまではガンガン攻めていけないため扱いが難しい。
物攻物防などはアヴァロより高いので、拳装備で前進攻撃する運用も悪くない。
なんにせよアヴァロ以外に『鍛梁師』スキルを使える貴重なユニットである。探索はお任せ。
戦闘力は、二回行動を覚えるまでは護衛役につけた近接ユニットの『身代わり』するためにある、と思っていいだろう。

アヴァロと異なり、移動関係のスキルはあまり覚えてくれない。
なので、必要に応じて耐熱や土流などを付与してやるといいだろう。

「身代わり」はミケユやロズリーヌ等、物防の低い魔法職と並べて運用することで真価を発揮する。
発動率も100%とまさに後衛の壁。射程9の超射程砲撃ももう怖くない。
加えて射程も魔法より長いため魔法職の後方に並べても攻撃が届く。
鍛梁師スキルで走り回らせるだけでは少し勿体ないくらい、なかなか有能なおじさんである。