カン・ハヌル「失踪ノワールM」で悲しみと狂気が共存する殺人鬼に変身


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カン・ハヌルがゾッとする連続殺人犯の演技で注目を浴びた。

カン・ハヌルは28日韓国で放送されたOCN「失踪ノワールM DVD」で、死刑囚のイ・ジョンスを熱演した。イ・ジョンスは尊属を殺害した死刑囚で、元FBIの天才刑事キル・スヒョン(キム・ガンウ)と緻密な頭脳対決を繰り広げた。

イ・ジョンスがキル・スヒョンに7つのヒントが書かれた紙を渡し、失踪した人が誰なのか突き止めたら、彼がいる場所を教えてあげる、というゲームを提案し、2人の頭脳対決は始まった。

このドラマでカン・ハヌルは狂気と嘲弄が混じったゾッとする表情を見せるが、チャン・スニョンという女性の遺体を見ると涙を流した。彼が連続殺人を犯した理由は、知られていない彼の過去と関連があることを見せてくれる場面だ。韓国ドラマDVDミセン-未生-」でチャン・ベッキを熱演したカン・ハヌルは、今回は狂気と悲しみが共存するゾッとする連続殺人鬼を演じ、もう一度存在感をアピールした。


1_1