放送終了「幽霊を見る刑事チョヨン2」幽霊よりも強烈だった捜査チームの活躍…シーズン3もありますか?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幽霊を見る刑事チョヨン2 DVD」が恐怖よりも強烈な捜査チームの活躍を描き、幕を閉じた。

 

18日、韓国でOCNホラー捜査劇「幽霊を見る刑事チョヨン2」最終話が放送された。都市伝説の後ろに隠されたミステリー事件を解決していく捜査劇でオ・ジホが幽霊が見える刑事“ユン・チョヨン”役を、Secretのヒョソンが女子高生の幽霊“ハン・ナヨン”役を、ハ・ヨンジュがチョヨンの新しいパートナー“チョン・ハユン”役を演じ、共演した。

 

 

最終話では歪んだ正義を信奉して残酷な悪を行う巨大組織サラン会とそれに立ち向かうチョヨン、特戦チームの捜査過程が描かれた。格安DVD

 


0f3dc30ed
 
サラン会は裁判を通じて凶悪犯たちを無罪放免にした後、彼らを拉致して処刑する団体であり、弁護士のハン・ギュヒョク(ヨ・ヒョンス)が率いていた。しかし、ハン・ギュヒョクではなくナム・ミンス(ソン・ジョンホ)検事がハン・ギュヒョクとは違う路線で密かにサラン会の悪行をリードしていることが分かった。無実な人まで殺したナム・ミンスの悪行に濡れ衣を着せられたハン・ギュヒョクは逃走した。しかし、チョヨンとナヨンは妹の病室を訪れた彼を見つけた。実は、彼はすでに死んだ幽霊であった。チョヨンとナヨンはそのような事実を知らない彼に知らせた。ハン・ギュヒョクはナム・ミンスにすでに殺害されていた。

 

ハン・ギュヒョクはナム・ミンスが間違った信念に囚われ、すでに犯罪を起こした犯罪者だけでなく潜在的な犯罪者まで殺そうとしていると知らせた。検事ナム・ミンスは特戦チームを率いるカン・ギヨン(チュ・ジンモ)まで銃で殺そうとしたが、カン・ギヨンは防弾ベストを着ており、彼の悪行を証明できる証言まで録音して反撃に出た。結局サラン会の実体が明らかになり、窮地に立たされたナム・ミンスは逃走した。ナム・ミンスは投降を拒否し、「僕一人が消えるからってすべてが終わると思うか? この腐った国が変わらない限り、絶対に終わらない。結局新しいサラン会がまた出てくるから」と叫び、悲劇的な死を迎えた。

 

 

同日、サラン会を撲滅した後にチョヨンとナヨンが交わす会話は意味深であった。正義についてチョヨンは「正義? 大したことない。犯した罪の分、罰を与えることだ。お金や権力に関係なく法律を執行することだ。そんな基本的なものが守られていないからサラン会が出てきたんだ」と伝えた。その時、サラン会を率いていたハン・ギュヒョクの幽霊が現れ「ユン刑事が話した正義が守られることを願う」と伝え、消えていった。最終話で社会の「正義」に関する話題を強烈に投げかけたのだ。

 

 

最後のシーンは捜査チームのメンバー全員が出動の命を受け、威風堂々にと現場に向かって悪を取り除く場面で飾った。もちろん、幽霊のナヨンも一緒だった。ナヨンも犯人探しで活躍し、堂々と捜査チームのメンバーとなったのだ。

 

 

幽霊を見る刑事チョヨン2 DVD」はゾッとする幽霊たちの事情やミステリーを解決する捜査チームの活躍を興味深く描き、新しい面白みを与えた。彼らの活躍がシーズン3につながるのか、ファンの期待が集まっている。