「雲が描いた月明かり」パク・ボゴム&キム・ユジョン、本格的な宮中ラブストーリーの始まり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パク・ボゴム、キム・ユジョンの切ない宮中ラブストーリーがはじまった。

30日、韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「雲が描いた月明かり DVD」第4話ではホン・ラオン(キム・ユジョン) が本格的に世子イ・ヨン(パク・ボゴム) の内官として働く姿が描かれた。

イ・ヨンはホン・ラオンに正体を明かしたが、変わらずホン・ラオンと親しい友人でいたいと言った。しかしホン・ラオンは地位が高すぎるイ・ヨンに気兼ねをした。

イ・ヨンはわざとホン・ラオンを自身のそばで働かせ、以前のように過ごしたいと言った。イ・ヨンは袞竜袍を着させるホン・ラオンに「2人でいる時は友人として僕に接してほしい。いや、接しなさい」と命じた。罰を受けるだろうと思ったホン・ラオンはときめいた。

001_05_0