※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


古代ビスコニア戦争史序文
+...
目次

改正版-序文

イニステール北部
後悔の絶壁ー愛は悲しみを残し
カオ・ノルドー紳士と売春の都市

イニステール南部
グレイブランド-女神の永遠の寝床
ブナの森-自然と一致する幸せな調和

イニステール東部
願いの川-美学の閃きは川に沿って

叶えられた願い
+...
それほど遠くない昔、エズナ付近に一人の男が住んでいた。ある日、男は夢の中で空に向かって枝を伸ばす美しい木を見た。そして夢から覚めたとき、自分の前に美しい模様の茶色の岩が置かれているのを目にした。男はその石で夢で見た木を刻もうと誓った。だが、岩はあまりにも固く、男は頭に描いた木を表現することができなかった。だが深い森の中で男は諦めず石を刻んだ。(後略) - クレセントスローン王立図書館蔵書<叶えられた願い>の中より抜粋。司書オリンガ婦人から蔵書位置を聞くことができます。 -

夜の一族
+...
セイパとメラデイルを始祖とするセム族は、夜に溶け込み歴史の表と裏の全てを凝視することにした。最後の王が倒れた後、我が種族は王の復讐以外にこの土地で何も残さないと決めた。我々は記録すらしない。記憶するのみである。だがそれだけが我々の種族に残された物なのだろうか。セリパとメラデイルのみが何か残した物があるかもしれないと主張した。元老院は彼らを追放し、記憶術師たちはセム族に対する記憶を「追放された」とのみ記憶させた。だが我々は消えることはない。セム族は記憶術を覚えることはできなかったが記録を残した。皆が認めず闇の中に埋もれた話まで全て記録した。
我々はセム族である。夜に溶け込み全てを観察する。
  • セミゼル、セミオン、セミュニン

女神の子、イリオン
+...
ツインクラウンの支配者、女神の息子イリオン。試練の迷宮を否定し、自分自身で運命を作り上げし者。クレセントスローンの王座に世襲の制度は無い。全ての国王は迷宮が生きたまま吐きだした者たちだ。イリオンは目に見えない神話が約束する不確定な未来よりも自分の手に握られた剣を信じた。
彼は自分とその子孫たちこそ黄金の時代を築く指導者だと信じていた。その信念の元、太陽を覆う満月が南下し始めた。ローズエンドは降伏し、サリウム王国は炎上した。新しくマリアノープルとエズナとして生まれた二つの都市は彼に二つの王冠を被せた。ツインクラウンが誕生した瞬間だった。

旅人のためのマリアノープル案内書
+...
王妃の冠、マリアノープル案内書

ヌイア大陸一の大都市であり、ツインクラウンの第二の首都にいらっしゃったアナタを歓迎いたします!
  • 都市を支配する御三家のそれぞれ異なる情趣を味わってください。
  • マリアンという名を持つ女性には失礼無きように心がけてください。この都市で皇太子妃の候補者が名乗る名前です。
  • 都市最高の施設!
  • 日中に大学で他の大陸言語を教える教師に会えるでしょう。