※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【Blue Ever Blue Model 1200】独特の情報量の多い音が特徴


Blue Ever Blue Model 1200 (Blue)


レビュー記事 【カナル型イヤホン Blue Ever Blue Model 1200 レビュー】中低音に厚みがあり、楽器の表情もよく伝える。ETLによる空間表現はよい。見た目に高級感もあり。

おすすめ度 ☆☆☆★★
価格帯 10000円~15000円
高域 B のびやか。
中域 B 情報量多めで空間表現よし。
低域 B 存在感あり。
リズム B 臨場感は高い。
遮音性 B 普通。
音漏れ B シャリ音が漏れる。
備考 ETLという独自の高音質技術を用いる。
評価は価格帯におけるおおよその相対評価です。

特徴・付属品

梨地仕上げで高級感のあるフォルムが美しいカナル型イヤホン。 角度が付けられたイヤーピースとサポートリングと呼ばれるイヤーフックで装着感もなかなかによい。 環境音は若干聞こえ、遮音性はそこそこといったところ。 音漏れは案外大きいので音量には注意。 音質的にはETLモジュールによる広さと開放感のある音場が特徴。

総評

下位機種のModel 900の倍にあたる2基のETLモジュールを組み込んでおり、その影響が厚みと広がりのある中低音域に出ているようだ。 味付けとしては比較的フラットでバランスもよかったModel 900と比べると、姉妹機のModel 1001に近づいた印象で、ややボーカルが埋もれがちになるところはあり。 どちらかというとライブハウスのようなボーカルと楽器が近い音楽空間に近いイメージで、広い音場と相まって没入感を重視したスタイルと言える。

下位機種のModel 900とは音の色味がだいぶ違うので、上位下位という単純な関係でなく、棲み分けができている。

個人的にはModel 900の音質のほうが好みだが、迫力でいえばこちらが勝るところで、甲乙付けがたい。

Blue Ever Blue Model 1200 (Blue)


my-inventory.hatenablog.jp