※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【audio-technica ATH-CKS1100】情報量の多い丁寧な仕上がり


オーディオテクニカ ハイレゾ対応カナルイヤホンaudio-technica SOLID BASS ATH-CKS1100


レビュー記事 【カナル型イヤホン audio-technica ATH-CKS1100 レビュー】個人的にこれはおすすめだ。情報量の多い丁寧に深掘りされた低音、低音に負けずに自然な仕上がりで尖りの少ない中高音。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆
価格帯 20000円~30000円
高域 A 突き抜け感のある気持ちいい音。
中域 B 歪みのない自然な音。
低域 A 重低音までパワフル。
リズム A 熱量を感じる。
遮音性 B 普通。
音漏れ B 普通。
備考
評価は価格帯におけるおおよその相対評価です。

特徴・付属品

この価格帯でここまでのイヤホンを仕上げてきたオーディオテクニカに素直に感嘆する。 ハイレゾ対応で低音重視のモデルという触れ込みだが、世に出回る低音重視のブーミーな感じや重厚さを重視した味付けとは異なり、音を掘り下げて重低音の源泉に近づいているような、湧き上がるような力強さのある味付け。

低音モデルでは低音が音場を支配して中高音の音色を潰したり変化させたり引っ張ったり、天井を知覚してしまったりという弊害が多々見られるが、このオーディオテクニカの低音はそうした我欲に満ちた音ではなく、曲全体に下からエネルギーを与えるマグマのような層となっている。音楽空間全体に地熱を与える、そんな目立たないが力強い下支えする低音だ。

そのおかげで音楽全体が活力溢れる、エネルギッシュなスタイルになっており、とくにロックナンバーとの相性がよい。 たとえばnano.RIPE「ツマビクヒトリ」。 この曲はパーカッションと重厚な音の支えの中を透明感のあるボーカルが流れていくスタイル。 しかも曲のところどころでスピード感が増したり、逆に演奏が鳴り止んで透明感を出したりと味付けの面白みが多い曲だが、それに見事に追随するのは素晴らしい。

低音は弾みと輪郭感があり、しかも籠もることがなくクリア。 そのためともすれば暗くなりがちなこの曲の導入部分などパーカッションが目立つ箇所を躍動感ある活きのいい疾走感に溢れたものにしていて、スピード感とアタック感がきれいに出ている。

重低音は重く静かに唸る感じで曲全体を下方向から熱気を持って支えていて、音場の広さの表現にも貢献している。 そして中高音はこうした低音の情報量に負けない、一貫性のある響きで、透明感がありながらも尖りの少ない暖かみのある音。 低音部のマグマのようなエネルギッシュな味付けと相まって、全体として熱量のあるあたたかさがある活力に満ちた音楽空間を実現していて、パッションに溢れている。

全体としてドンシャリ傾向ではあるが、バランス感覚に優れた味付けと言える。

総評

細かいところではケーブルが着脱式なのだが、なぜかコネクタは独自仕様なのが空気を読めていないなと思えるが、ほとんど文句をつけようのない出来に仕上がっているイヤホンだ。

この価格帯では文句なくおすすめできる製品の一つ。

オーディオテクニカ ハイレゾ対応カナルイヤホンaudio-technica SOLID BASS ATH-CKS1100


audio-sound.hatenablog.jp