カセッタ

http://www.uchinokomato.me/chara/show/47600
本名:カセッタ
ドラゴン幼女。ロリババア。
100歳超。138cm

魔力:C+
魔術:B
体力:C
力:C+
胸:A
知識:C
運:D
勘:C
技能:防御適正B
   回復能力B
   能力反射C


のじゃロリババア
年齢を数えるのをだいぶ早い段階で辞めているので正確な数字はわかってない。
最年長者

人間の形をしたドラゴン。最強種族というだけあって、能力がとても高い。
過去にどこぞの国の将軍と戦い、勝利したことがある程。
ローザ・ディッカの訓練相手をよくしている

長いことメイドをやっているが、メイドとしての能力は低い。
サボリ魔で基本的にフラフラ遊んでいるため、仕事はほとんどしない。
本人はサボっていることがバレていないと思っている。

実際はどちらかというと用心棒として置かれているので許されている。
勝手にフラフラと村に降りて遊んで帰ってくるため、村に異常がないかなどを視察する役目もある。
領地を守る番犬。


.
.
.



.
.
.

スーパーネタバレ。致命的
真名、タグ名共に無し。
スターシステムの土台にされた存在で、カセッタという名前はアーマードソウルズの総称。
ミゼラブル・カセッタが被験体の通称で、意味は「かわいそうな」「いれもの(箱)」
カセッタは製作者側が、ミゼラブルは民衆が、アーマードソウルズは研究名
スターシステム看破の為の実験で作られた存在なので、スターシステムからは逸脱しており、その魂が救われることはない。
ある意味不滅の存在でもある。
カセッタちゃんは特例で、普通はベースとなった肉体と、合成先の魂が喧嘩して食い合うことになり大体は両方消滅or片方が存在、という形を取るのだが
相性が良かったのか融和という形で1つの魂となっており、お互いの記憶を引き継ぎ、お互いの体の特徴を引き継ぐという結果になった。
ルール2に反する特例となったので、とても貴重な被験体。

故にアンに見張られていて、とても手厚い歓迎をされている。

Autumn maid life時点ではナキアの「悪魔の契約」、アンの「黄金調印」、リコリスの「炎獄(種火)」、スターシステムの「魔眼」と4つも呪いを持っている。
全盛期は更に「死刻・執行」を持っており桜花の紋章が5枚と最多記録
Summer maid lifeかSpring maid lifeで消えてるけど。
作中で一番守ってもらっているのでは?

なおカセッタちゃん自体はスターシステムの魔眼とリコリスの種火くらいで、他の呪いについては知らない。
長寿種なのもあるが、そもそもスターシステムから外れてしまっているのでルール的には永遠を生きることができる。

彼女の目的はアーマードソウルズの関係者を終わらせること。
自身は生き残りたいわけではないが、ナキアとリコリスの願いによって生きている。