人間の歴史

正史?年:人間誕生。
     生物界の底辺

正史?年:ドラゴンの大戦争が始まり人間にとっての冬の時代が始まる。
     人間はドラゴン達の戦争に巻き込まれる形でどんどん数が減る。

正史?年:ドラゴン戦争から逃げ延びてきたドラゴンと接触。
     人間の文化レベルが飛躍的に上がる。
     この時に人間は魔法をドラゴンから学んだと言われている。

正史?年:人間も文化的な生活を始める。

正史?年:ドラゴン大戦争の集結。
     生物の中で頂点であったドラゴンの数が著しく減った為、パワーバランスが崩れはじめる。
     人間はドラゴンの死骸や戦争に巻き込まれた魔物の死骸を利用した道具を生み出し自衛レベルが飛躍的に向上。
     魔法も独自進化を初め、徐々に底辺の存在から上がっていく。

正史?年:魔法文化が停滞期に入る。
     さらにある程度の安全を確立できるようになったことから文化レベルの停滞期を迎える。
     人の数はどんどん増えていった。
     生存圏の確立と食料確保に必死だった。

正史?年:生物の頂点であったドラゴンが竜神族と戦争開始。
     しかし戦争は早期にドラゴン側の降伏により終結。
     ドラゴンは竜神族と同盟を結び、生物としての頂点を降りることとなった。

正史?年:エルフの怒りを買った為に竜神族が滅ぶ。
     突然のエルフという種族が台頭し、またしてもパワーバランスがガバガバになるかと思われたが、エルフ族はすぐに姿を消す。
     これによりエルフという気まぐれな神が居るという伝説が始まる。

正史?年:竜神族の生き残りが人間と接触。
     竜神により停滞期が終わり、新たな魔法や文化が形成されていく。
     程なくして竜神は消え、伝説だけが残る。

正史?年:リザードマン達と生活圏が被り初め、小さな諍いが大きくなり









ネタバレ正史