このページは盛大なネタバレを含みます。



下に行くほど過去、上に行くほどAutumn maid lifeに近いです。






















そして季節は巡る。



Summer maid life

戦争で全てを亡くし、武の道に生きる少女、コルト。
ある日、彼女の所属する傭兵部隊はある錬金術師に雇われることとなる。
傭兵部隊は平和な農村を治める小貴族を襲撃する。
彼女の失われた夏が、今始まる。

主人公:コルト
メイド:ティスア、カセッタ、リコリス、アン、ハナ、(エルム)、(リン)

ほのぼので書く、つもり。
コルトちゃんが数年は本当に青春を取り戻すような、ふざけたような話
終わりの方法を考えてない。
コルトはアンに保存されるので若い状態で死ななければならない、というかアンが殺してもいい。
そもそも普通に戦争後処理でミントス家にが襲撃されてコルトちゃん、ハナちゃんが死んで終わるんじゃないですかね?
主戦力がカセッタしか居ないからコレ
ティスアは元々守る気無いし、リコリスは守る力はもう無いし戦えるのはコルトちゃんだけじゃん
エルムは傍観を決め込むし、当然アンはコルトを殺す側に働くし、ミントスはちょうど現界してるんじゃねえかな
そうなるとティスアも不在になるから、実質空き巣を狙われて終わる感じになるな
でもそれ納得いくか・・・?ミントス君普通に怒らない?
そうなるとコルトちゃん1人で勝手に出ていって、それにハナがついていって、アンはそれを利用して
全員結果的に死ぬ形になるか
死にに行く奴はミントスは止めねえな・・・
身勝手なメイド達の終わり的には一番妥当な気がする。



Spring maid life

戦乱の渦中にあるフンデルバルト王国。
戦火に紛れて、復讐の魔の手がカセッタに降り注ぐ。
そしていつか戦争も終わり・・・また新たな闘争が始まる。
新たな命が芽吹く春。

主人公:アン、(ティスア)vsミリア、リコリス、エルムvsナキア、カセッタ
メイド:ティスア、カセッタ、ナキア、リコリス、エルム、ミリア +(弟子)


2作目予定
弟子を主人公とし、アン陣営、ミリア陣営、ナキア陣営の3つから選んで好きな陣営についてもらう
陣営を選んで、陣営勝利ルート、負けルート、裏切りルートの3つに進む
正史は「弟子なんて居なかった」ルート
この話はイオちゃんに持っていく
アンルートは勝っても負けても裏切っても「お前は利用されただけだよ」って話
ミリア勝利は「これでカセッタは死なない、生贄となるのはお前だ」
負けは「これではアンの好き放題になってしまう・・・しょうがないからできるやつに頼むぞ」
裏切りは「ふざけるんじゃないわよ!魔界をなめるんじゃねえ!」
ナキア勝利は「アンの好き放題にはさせれない。私達じゃ今はこれが精一杯」
負けは「ナキアが協力してくれれば、もしかしたら全部解決していたのかもね」
裏切りは「そうね、それがきっと、本当に正しい選択だわ。その道を行きなさい、邪魔はしないわ。」
みたいな話になりそう
イオちゃんの話は未来の方で。
あくまでこの話は布石を敷く話で、内部抗争の陣取りゲーム。
秩序人間vs混沌人間vs悪魔という構図




Winter maid life

寒空の下、少女たちはただ空を見上げる。
またこの季節がやってきたのだ。
夕闇の空に、少女たちは何を見る―――

主人公:(土)、(カセッタ)
メイド:ティスア、カセッタ、ナキア、(エルムの前の女の子)、(二食目のサイファ)、(羊の女)、()

二色のサイファが運命の書を焼きに行く話。
基本はほのぼの。
ナキア召喚に関する話、アン誕生の布石が打たれる回
あとはほのぼのとする。してくれ。
二色のメガネがカセッタに託され、それがリコリスに渡る。
二食君が重たい人生を送っているのをお茶会で救う話。
また別枠でエルムの前進となったモノの偶然起きたメテオストライクを止める話も同時進行



Autumn maid life

人間とは得てして理解しがたい。
人間とはとても儚く、とても矮小な生き物。
人間とはこんなにも・・・意味が分からない。

主人公:ティット
メイド:(婆)、ティット、(にゃん)、(子鬼の女)、(青い髪の人間)、()

死ぬほどほのぼのする。
青髪の一族に関する話と、種族の話をする
にゃんが後のリコリスに関わる、孤児院に関する、世界の話をする。
特に争いも起きず、優しい世界が延々に続く。


Summer maid life

「貴族にでもなるか。」
まさかこんなクソみたいな発想が実現してしまうとは・・・。
いやしかし、ご主人様として過ごすのは悪く無いぞ?
よっしゃ!そうなりゃ奴隷でも買い漁るか!

主人公:ミントス
メイド:(婆)、(魔)、ティット、(五影の男)、(娼館の魔獣)

世界政府の話をする
魔法のシステム的な話をする
ミントスのバックラインの派生の話をする



Twilight of the god's

「なんだここは・・・?」
次回!俺死す!よろしくな!

主人公:ミントス
メイド:出ない。

メイドなんて目じゃない、ミントスの積み上げてきたものの話。
なぜミントスは貴族なのに王国から煙たがられているのか
なぜミントスは錬金術のおエライさんと懇意なのか
なぜミントスは世界政府に出入りしているのか
なぜミントスは竜神の存在を知っているのか
全部ミントス絡みの話


おかしい、意思の疎通が・・・
とれ・・とれたわ。なんだこれ。
えーと、はい、ここは違う所。
タバコ・・・あるわ、まあいいか。
時間・・・進んでねえ。壊れたか?
マンガか?ライトノベルか?とうとう死んだか?
あ、どもっす・・・
不安、不安、不安か、まああるな。
いやでもそう変わらないな?現実は現実か。
で、結局ここは何処だ?フンデルバルト・・・海峡か?いや陸地だわここ
いやわけわかんねえ。窓ねえし。いやあるけどガラスじゃねえ外見えねえ。
外、でるか、外見るか、うん、外だな外。医者にも言われたし。
そ~~~とだけど、森だな森。
うん・・・森と山だな・・・クソ田舎ってレベルじゃないなここ・・・
というか・・・なんだ、文明レベルが低い。低い・・・・・
とりあえずタバコ吸うか・・・・
      • どこだここ?!
あーわけがわからん。
わからん。なんだ。だれか説明しろ。
え、うそん。まじで?説明してくれんの?まじで本当に意味がわからんが説明は欲しい。
いやうん。素直に頼む。
えぇ~・・・しっろ・・・どこここ・・・何もないクソ田舎から何も無いクソにかわった・・・。
うわ~頭に声が響くってこういうのか~鬱で死んでたときにも似たような体験したわ~
え、で、なに。あーなるほど、死んでないのね。そうよね俺最近は自殺しようとしてないもんな。
うんうん、つまり異世界とか神様とか・・・あーはいはい。
前期くらいに似たようなアニメあったわ。わかるわかる。つまり俺主人公?
やったじゃん。まじかーうれし~くないな。うん。あ、でも仕事しなくていいのか嬉しいわ。
いやダメだわどうやって飯食うんだ?というか寝床もねえな。ついにホームレスか俺も。
いや・・・うん・・・脳の処理が追いつかない・・・うん・・・
そうか、呼び出されたなら俺に役割があるんだな?なんだ?なにをしたらいい?特殊能力なに?
え?無い?あ、そう。無い。無いんだ。クソゲーか???
え、役割もねえの?え?クソ?俺ですら仕事場に行けばクソみたいな仕事っていう役割あんのに?
無駄に呼び出されたの?マジで?
いやそりゃさ、冒険はしたいけど未開の地だし。おもしろそうだし。
でも不安要素有りすぎないかいくらなんでも。まあクソみたいな生活よりかは・・・マシ・・・いやどっこいどっこいか?
未知の地に対するワクワクに対して不安がデカすぎて素直に楽しめねえ・・・
はい、愚痴に対して知識で対抗してこないでくださーい頭に知識がどんどんなんだよこの世界!!!
あーはいはい。あらすじはわかった。
あーなるほど、希望したら戻れるわけね。
とりあえず様子見するか・・・
あ、もどった。マイホーム糞田舎。いやマイホームはここまで糞田舎じゃなかった。
あおお・・・そういえば居たな君たち・・・
えー、あー、はいはい。うん。うん?あ、魔法?いいね
いいね魔法、うん、見せて見せて。うおあーすげーライターかよすごい
え、まじで?ライター?あるよ?これ
違う違う魔法違う科学。オンカガク。
わっかんないかーわっかんないよな~クソ田舎っぽいもんなぁ~
魔法教えてくれ~ついでに住ませてくれ。
俺でもできるかなこれ。というか自衛手段居るなこれ。
      • そもそもお前らなんなんだ?あ、はい。あーなるほど。召喚したやつは死んだと。
で、俺が残ったと。あーなるほど。で、望みを叶えてほしいと?
あーうんうん、なんとなくわかった。うん。無理無理。
え?無理じゃない?魔力量?なんだそれ?
あー・・・はいはい、OK了解した。
      • わけわかんねえ!でもわくわくする!ゆるした!!
どうでもいいけど明らかに違う言葉喋ってんのが笑う。
あ、飯?飯、うん、食べる。
実家かここは?実家かもしれない。やっぱクソ田舎ってマイホームだわ。
      • まずい。まずい・・・。
ギリ食べれないこともない・・・ギリ・・・
食文化的な問題かもしれねえこれ・・・微妙に帰りたくなってきた・・・。