自分用
なおせ
もろちんネタバレ
あまりに内容が酔狂すぎて自身で笑う



錬金術でスターシステム使用時にアーマードソウルズがそもそもスターシステムから外れる為スターシステム自体機能しない点
(死後24時間以内の死体に錬金術で別の魂を移し、生き返らせるわけだけど、そもそも魂を確保した時点でその魂はスターシステムから外れてしまうわけで、その場合アーマードソウルズは全員寿命が半分になっちゃうわけだし身体的特徴とかどうなっちゃうんですかこれ)
↑むしろスターシステムを利用するための機能ではあったが、結果的にスターシステムから外れるのが目的だったのでは?
身体特徴は【魂の融和】が起こらない限り発現させない予定であったけど、数件は融和が発生しているし、逆も行っているでしょう。そもそも根幹的には弱い体を捨てて強い体に移ろうって思想だし。解決では? ←審議中




あとスターシステムから外れることで管理者達が間違いなく気づくのでは?1人や2人ではないし
(そもそもスターシステム以外の者がシステムに触れる時点で気づくんだよなぁ気づかないわけないんだよなぁ
 気づいたときの対処どうしよ・・・普通に軽処罰ってわけにはいかないと思うが・・・)

↑どうしようもねえ~~~気づいてるけど酔狂セーフ





ネルトちゃんの年齢が雷神教の起こりに関わってくるのに、ネルトちゃんの年齢が14歳くらいしかないこと
(そうなると雷神教自体、1年や2年しか存在していないのに、100年くらい前から存在しているような設定になっていること
 そもそも雷神教は影としてはあってがネルトちゃんが出てくるまで公式的な神がイなかったから、雷神教の話出すならどうやってもネルトちゃんが世界政府に入って例のあの事件に出たあとじゃないと使えないなんだよな。
 ネルトちゃんが登場するまで雷神教は噂程度でしかなく、ネルトちゃんが登場する前に雷神教に関わる話がでるのだけど、そこが矛盾してしまうのをどうにかせねば。
 ネルトちゃんの前に雷神居たらいいのでは?)

↑そも新しい問題としてコルトちゃんが雷神教なのに、ネルトちゃんは生まれてすらないから例の時間も起こってない
ンマァ実態もったのが例の事件で、その前から雷神教は制圧していて、それに相応しき神未満の存在がちょぼちょぼ居たっていうのが落としどころですね



カセッタちゃんが産まれた年に対してご主人様達が進みすぎて、実際カセッタちゃんがメイドになる前に出会ってないと
そもそも出会い自体が成立しない問題
(ほら、スターシステムで寿命減らされてるはずだからそうそう長く拘束されているわけにもいかなくなったわけで。
 要するに世代ごとのスパンを長く設定しすぎという話か?)

↑???出会いに関しては調整幅が聞く、でも世代ごとの設定スパンは考え直した方がいい


カセッタちゃんの年代に対してリコリスの年代が同期な為、実質的にリコリスが200歳を超えてしまう問題
(リコリスが拾われた年代とカセッタちゃんが拾われた年代がほぼ同じなのに、実際リッコの方が先に着てるから・・・。
 というかリッコって種火で寿命縮んでなかったっけ?そもそも設定寿命短くなかったっけ?200年も生きれないでしょ確か。)

↑リコリスはカセッタよりも先に屋敷に入ったけど、その時のリコリスが20歳とかでカセッタがその時点で50歳くらいなのでは?そこら辺はリコリスの例の時間の時系列決めないと決まらない。



孤児院の運営方針に対して世界情勢があまりよろしく無いのになぜ世界から補助が出るのか問題
出るわけないでしょ
(冷静に考えりゃ幇助自体はどの時代でも高潔として成立はするだろうけど、それが人間が最強世界ならまだしも周りに脅威がバンバン居る中で孤児院が台頭できるようなことになるか?って話。
 金が無いっていうより弱いものを広範囲で守るのは結構キツイのでは?)

↑結論として言えば宗教が関与すれば出る。天空神教と絡ませていけばいいんじゃないかな。
できればもう1宗教作って1枚噛ませれば完璧。



世界政府の影の問題 5影の行く末が全く決まってない問題
これを進めないと本編の最後が決まらない
(設定が貧弱すぎる)
↑微妙に決まってしまったので本編の最初と最後も微妙に決まった。




全体的に話の構成がブレブレな問題
主に歴史関係がブレるおかげで誰が先にご主人さまに邂逅するのか決めないと本編が進められない
(?)

↑思っていた世代計算が


アンの研究歴が以上に長い、これも200年近く研究していることになるけど実際あのこ200年も生きてない
歴史問題の修正と共に解決するはず
(歴史問題解決すれば・・解決する・・・・はず・・・
 リコリスあたりの問題やね)


エルムの元になった少女の話が歴史に対しての知名度が想定よりもとても低い
歴史的にはだいぶ高くないとまずいのだけど、高い理由が全くない
(絵本になるようなポッピュラーな感じになるって考えるとその現象を目にして、その上めちゃくちゃ効果を上げないと伝説にはならないわけじゃん。
 ある程度口伝で曲げられたとしても、原因はちゃんと作らなきゃいけないから、ミントス家で処理しちゃいけない問題ですね。
 ミントス家で処理する気マンマンだったけど・・・)



ナキアの加入が2世代になってるけど4世代くらいじゃないと歴史問題が解決しない問題
そりゃそうだ
(でも2世代で誰か1人くらいぶっこんどかないと困るんだよなぁ~~~~~~~~~~~~
 かといって今更そこらへんの設定変えるとなぁ~~~~大幅に動くんだよなぁ~~~~全体がなぁ~~~~
 さーてどうしたもんか)


アニスをスターシステムで再現する前に生前設定がガバガバな問題
(そもそもアニスのこと殆ど決まってないやん)



ミリアちゃんがヴァンパイア化したときに噂のひとつくらいはたってもよいのだけど
今度は逆に知名度が低すぎる問題
(いやでもミリアちゃんって人知れずヴァンパイアになったんじゃなかったっけ?
 いや違うな、ヴァンパイアと化した時は誰かに知られたわけじゃないけど、ヴァンパイア化後に引きこもってた時はそこにヴァンパイアが居るって噂になってたはず。
 あれこれ解消してね?OK)



0世代でエルムの話が出るのにそのあとの歴史がめっちゃ伸びる問題
実際この間が100~200年くらいでないと世代的に話が通じないのに実際このままいくと400年くらい悪から誰も話が通じないよ
(100年でもちょっとキツイ気がするけど・・・。んまあどっちにしろ今のままだと長過ぎて出会う前に寿命で死ぬ)




9世代で主人公がカセッタになるのか激かわになるのか決まってないとトウコの残しモノがどうにもならない問題
(世代伸びるならカセッタちゃん、伸びないなら激かわになる)



黄金調印の知名度を上げないとあげないと成立しない問題
たぶんこれは知名度あげなくても成立するので解決済みと見てもよい
(というかどれだけ黄金調印に関して理解しているか、という話。
 錬金術については設定考案中なので仕方ない、時間が解決する)



邪神のうち、錬金術関係だけが異常に強い問題
魔法に対して錬金術の度合いが濃すぎて魔法じゃ錬金術に対応できなくなってしまっている問題
(錬金術って言っとけばなんでも許されると思うなよ!
 というか魔法で再現できるもののレベルが低くて、逆に錬金術で再現できるもののレベルの差が極端すぎる)



ディッカ家との交流云々が4世代からとっているのに、そのあと100年程交流が途絶える問題
というか空白の100年ができる問題
(そのまんま)


アーティファクトダンジョンの数や質があまりにもバラバラすぎて前提条件を満たしていない問題
(なおして)


領土に対して軍事力が強すぎたり弱すぎたりする国が結構ある問題
(これは世界情勢もそうだけど、パワーバランスをもっときっちり設定しないとどうしようもできない。
 歴史的にはどうなんだろうね、軍事力の弱い国ってやはり速攻潰れたんだろうか?そんなことないか)



ドラゴノイドとディノサウロイドがごっちゃになっていて、本編にもある程度関わり合いが出てくるのに設定がほぼ死滅しているおかげでカセッタちゃんの立ち位置が設定的矛盾になってしまう問題
(誰だよハーフのドラゴンって世界的に見ても珍しいっていうか初めてとかいいやがったやつ
 ドラゴノイドがハーフみたいなもんだろ頭死んでるのかお前は
 そもそもドラゴノイドという存在を知らない人間が存在しないはずなんだよなぁ歴史的に
 そうなると絶対ハーフドラゴンは珍しいネって話は出てこないんだよ!)



魚人族がエルフや天使族に対して無知すぎる問題
(なんで魚人だけエルフや天使のこと知らないんですかね・・・
 いくら水の民だからセーフって言っても気づかないワケがないんだよな
 というか普通に考えてそれは影響出るよな出るな出ないわけないな・・・
 大地震があるに決まってるな・・・海中はあまり影響無いにしても気づかないわけがねえ)





異界の扉の数が一定数でない為どれだけでも脅威を詰める問題
というより異界の扉のコスト問題
(扉開きっぱなしじゃない?大丈夫?
 というか開ける数決めた方が良いのでは
 あと開いたヤツが勝ちみたいなことになってんのはよくない
 というか歴史に残るな普通に考えりゃ
 それは・・・影響が結構でるぞ・・)


イオちゃんの話で度々素養値の話が出るのに、全キャラ素養値概算すら行って居ないため
どう考えても一部が素養値の限界値を超えている気がする問題
(まず素養地の概算から始めろって話だけど、ものすごくめんどくさい。
 具体的にはイオちゃんとニショクあたりは素養値超えてると思うし、コルトなんかも設定上のアレが低いから素養値低くなるはず。逆にリンとかは素養値が高くなるけど、高い中の低い者として扱われる。
 素養地の現界を超えていなければ高くても低くても良いが、素養値の現界を超えているものはちょっとシステムもクソも・・・って話になってしまうので治すべきだとは思うけど
 ある程度キャラや設定が固まってから一括して直してしまって良い気もする。)


よくよく考えるとトッコの格闘値が低い問題
(そもそもニンジャとして育成されてるのに魔法に疎いというのもだいぶアレなのに、格闘術まで低いというのはなぜ。
 諜報部とはいえ暗殺もちょこちょこあるし、諜報でも護身術としての格闘術を幼い頃から教えない理由がない。
 しかしそうなると奴隷として捕まったのはともかく、魔物程度には負けないのでは・・・?)
↑そもそもお前の作ってるゲームのバランスがおかしいだけでは?
 回復魔法が存在しないわけだし、どの魔物も1撃で倒せるような設計にするのが正解であって、前提を忘れているだけでは。
↑↑でもそれ考えるとリコリスよりも弱いっていうのは設定負けじゃないの。
  死線くぐってるとはいえ、リコリスのは完全に戦法抜きのゴリ押し魔法なわけだし、戦術的にはトッコが勝つのが自然。


設定を増やしすぎて他の設定に抵触しまくってる問題
(大きめな設定は早い段階で固めたつもりだったけど、結局後付設定が増えすぎて初期設定の数倍になってしまった。
 時間が解決する気もするけど時間が無いなら解決しない。)
↑未来の自分に期待しろ。毎秒更新しろ。


コンプレッサーやエンハウンサーというジャンル分けをした癖に境界線がめちゃくちゃ曖昧な問題
(んにゃぴ・・・)



ネネッタが設定上「異界の鍵」っぽいのにどう考えてもSAN値に影響された現地民のフリしかしてない問題
(そもそもSAN値が通ったとして、異界の鍵としての資格が足りない気がする。
 異界の鍵の話するとお話が長くなってしまうし、もう現地発狂民として処理してしまった方がいい気がする。
 そも「異界の鍵」で「因果持ち」で「天性値が高く」て「レアスキル鉱山」で「SAN値0」で「幻視持ち」って設定盛りすぎて行動させる前にケアしないとどのシステムにも抵触する・・・。
 ミントスと同類の許可持ちならせめて同伴つけないと設定的に強すぎる。)
↑ネネッタ、設定上「異界の鍵」の出来損ないとして処理することになったので解決。
 異界の鍵としての性質や機能は備えているけれど、精神値に報われず無事落ちこぼれ。
 ただどのみち早めに処理したほうがいいのは間違いない。



ルクリシアの設定が嫁として勝ちすぎていて妖狐ちゃんが全く報われない問題
(勝ち目なくない?なくない?ダメでしょ)
↑どのみちあの人死ぬ気しかないんだし気にしなくてもいいのでは。
 生きようという意気揚々な(激ウマギャグ)が感じられない。




「因果回避」に対して攻撃を当てれた場合、因果相手に攻撃を当てれたことは「因果」足り得るのでは?
(そうなってしまうと無実の罪で因果属性がついてしまう)
↑問題点は「呪い:因果」がついたことよりも「執行:因果履行」が行われた際にダメージを食らうかどうかでは?
 因果回避に攻撃を当てただけでは特に因果律の積載が無いので履行自体は成功するが、ダメージ自体はくらわない。
 呪いである因果の抜け道として残した方がいいでは




ルクリシアのお得意魔法であるアルカイックマジックの裁定がむちゃくちゃのまま問題
(中身が決まってないのもあるけど、決まってる部分だけでもすでにシステムに抵触している上に限界値を越えているのはいかがなものか。
 あと結局アルカイック・ブレスは別にそこまで万能じゃないんだしあそこまで傍若無人にさせてしまうのはダメなのでは。