アーマードソウルズ


錬金術師国家の秘密兵器。
初めてのお披露目から暴れまわり、たくさんの功績を残した。

錬金術師達の言う疑似スターシステムによって作られた軍事生体兵器個体達。
彼らは錬金術師からは「カセッタ(器)」と呼ばれ、人々からは「ミゼラブル(可哀想)」と呼ばれた。


  • 発端
戦争が始まり、自国の軍事力の甘さを痛感した錬金術国家は日に日に消耗していく戦局を打破するため、国政錬金術師令を出す。
「戦争で使えそうな発案をしたものには国が補助、場合によっては国主導でそれの開発に取り組む」というものだった。
これを錬金術師たちは喜び、戦争の兵器として使用されると知りながらいくつもの案を国に提出した。
その中の1つとして出てきたのが「スターシステムを利用した魂の融和計画」
あまりにもやることが非人道的で有るため、国としての採用は当然されなかったが
内容が錬金術師達の目指す所、「永遠に生きる」と「神になる」の両方をクリアする夢のような計画であった。
錬金術にとって、目的の為ならば全ては過程に過ぎない。
国家はこれを秘密裏に採用することを決定、秘密兵器製造と錬金術の悲願を果たすための非人道的な実験が始まった。

主導者はこれを発案した錬金術師とそれを成すのに必要な悪魔。
身寄りのない奴隷や金に困っている奴隷などを集め、実験と称して殺害。
その後、死体の体裁を整え、その死体に入っていた魂ではない魂を注入。
成功すればそれは人間を超えた力を、失敗すれば死体が死体に還るという、倫理もへったくれもあったもんじゃない実験を敢行。

王国側は安価で、強く、換えの効く兵器を
錬金術師側は黄金調印に則った、「自身の魂を他の体に入れ替えれるならば、無限の命を得られる。」「新たな肉体を得た時、その体が元の体よりも強靭ならば、確実に神に近づくことができる」という実験を。
双方の利害が一致した結果、倫理感をガン無視した無慈悲な生体兵器を作る実験と称し王国に飼われた何人もの奴隷が命を奪われた。

実験の成功率はあまりよろしくなく、20~200人に1人くらいの確立で生体兵器が生み出されていった。
結果1万人を超える人間が犠牲となり、後に凄惨な失敗例は、人間が内側から弾け飛び、はじけ飛んで尚数時間、肉が動き続けた(生き続けた)という。


被験体成功リスト
No.1 少女の魂 少女 程なくして死亡
No.2 少女の魂 少女 程なくして死亡
No.3 少女の魂 少女 生存 以下研究員兼実験体として参加
No.4 狸族の魂 少年 成功、後特性発現で死亡
No.5 狸族の魂 少女 成功 
No.6 影の魂 少年 成功 特性発現により行方不明
No.7 悪魔の魂 少年 成功 記憶が対消滅した模様 戦場にて行方不明
No.8 人狼の魂 少年 成功 戦場にて死亡
No.9 人狼の魂 少年 成功
No.10 猫族の魂 少女 成功 戦場にて死亡
No.11 植物族の魂 少女 成功
No.12 鳥人族の魂 少年 成功 戦場にて死亡
No.13 鳥人族の魂 少女 成功 戦場にて死亡
No.14 鬼族の魂 少年 成功
No.15 鬼族の魂 中年 成功
No.16 鳥人族の魂 少女 成功
No.17 人狼の魂 青年 成功 戦場にて死亡
No.18 
No.19
No.20
No.21
No.22 古代人の魂 青年 成功 しかし動ける体ではなく、数時間後に爆発し、破滅。
No.23
No.24
No.25
No.26
No.27
No.28
No.29 
No.30 人工物の魂 少年 成功 機械化
No.31
No.32
No.33
No.34
No.35
No.36
No.37
No.38
No.39
No.40
No.41
No.42
No.43
No.44 火竜の魂 成功 青年 戦場にて死亡
No.45
No.46
N0.47
No.48
No.49
No.50
No.51
No.52
No.53
No.54
No.55
No.56
No.57 風竜の魂 10歳の少女 成功 捕獲され行方不明
No.58
No.59
No.60
No.61
No.62 植物族の魂 失敗 肉体は失敗したものの、種子を残し、種子から発芽。後に転生に成功。