この世界に関するひどいネタバレ

システム


・神について
本物の神は万能
世界を太陽という形で見守っている。
太陽が出ていない時間でも星々を通して見守ってるので安心してね。
自身の存在が公になるのは嫌だが、個人がかじる程度にもとめてくるのは好き。
竜神は文化の発展が早すぎ、気づくのが早すぎたので滅ぼした。
神の存在に確証的に近づければご褒美として願いを叶えてくれる。



・エルフについて
神が作った神の代行者。
神の名の元に万能を持つ者。
システムへのアクセス権限をもっており、それぞれ役割を持つが、1人で役割全てをこなすだけの能力を持つ。
主に世界の調整の為に存在しているが、運を振りまく女神だったり、世界を脅かす魔物だったり結構酔狂なことに使われている。
4人程自我を持ち動いているが、残り9人は世界樹の元で人形のように動いている。
概念のようなもので、形をあまり持たないような状態のものは世界樹の元にたくさんいる。



・能力の出生率
種族ランクについて
基本的に高い能力値同士をかけ合わせれば高い能力値が生まれることが高い。
最初はランクDしか存在せず、物事に特化したものがCへと昇華し、それを引き継ぐ形で増えていった。
ランクD同士でも0%に近いような数値でSランクが生まれることもある。
「前提となる親の能力値の合計値がxランク」→「xランクから優先ランクを元に確立の抽選」→「割り振られた能力値を参照し、特殊能力の確立で抽選」
→「合計の能力値と特殊能力値を足して、決められたランクから勘のランクを抽選」→「全ての能力値を足して合計値の少ない方で運の確立を抽選」→「運のランクで特殊能力の再抽選」
という形になる、だいぶてきとーこいてる気がするけど。


・スターシステムについて
神が作った魂の再利用循環システム。
星の数だけ魂の数があり、地上から観測できる星の数だけ生命が居る。
なお世界の技術的に全ての星を観測することは不可能で、人が観測している範囲は僅か。
大きく、光る星になるほど地上での能力値も高い。
これはスターシステムが本人の所有物や総合戦闘能力などを加味して発光させるため。
流れ星や星がひときわ輝く時はその人の宿命が来る日
スターシステムの管理者は「水瓶」


・サンドスロットシステム・ランドメーカー
地上の土地を左右するシステム。
海の比率を多くしたり、山を高くしたり低くしたり、そういったことができる。
ついでに地上の植物やある程度の生き物の数もある程度調整している。基本的には触ってないけど。
管理者は現在は「双子」。しかし魔王はこのシステムのことを忘れてやいないか・・・?

・生死システム
地上における生命の全体数を管理している。
少なければ増やし、多ければ減らす。
これは種族分けされるような生物が対象で、魔族や人間の数を調整している。
魔界の生物数も管理しており、魔界の調整は人間界に比べて激しいので魔界では調整は天災のようなもの。
増やす生の管理者は「天秤」、減らす死の管理者は「人馬」


・魔法システム
魔法に関するシステムを統括するもの。
呪文がどれだけ広まっているか、正しい詠唱が出てきているか、などはこちらが査定する
占いなどで判明する結果はここから参照している。
管理者は属性ごとに居る。水「羊」、錬金「金牛」、火「蟹」、風「獅子」、土「乙女」


・幸運、勘システム
幸運は本人の望むモノ、望む展開になるかどうか。
勘は本人が知りたい情報を与えるひどいシステム。
基本的に発動せず、まったくどうでもいいようなタイミングで発現されるこれもちゃんとしたシステム。
世界を掻き乱す、下克上システムとして構成されたものの、結果的に必要性がなくなり形骸化したもの。
管理者は「山羊」。
スキルシステムの管理もこいつらだったと思う
スキル

  • ダブルアップシステム
いわゆるランクをすっ飛ばすシステム。
実力や素養値では超えられないランクや、人間という規格では到底出力できないようなものを可能にするシステム。
基本的に「幸運値」の強制発動であり、意図的に行われる幸運システム。
本来「想定されていた出力」に不足するため、その「想定近くくらいまでスッパ抜きする」ためのシステムであり、想定を超える出力は出ない。
初歩的なモノとして、ダブルアップファイアをよく出しているが、これは本来もっともっと高位の魔法であり、人間が使う際のダウンサイジングで初歩的な魔法にまで落ちてるだけ。

普段常に行われている幸運値の抽選をダブルアップシステムによって強制的に成功値が出るまで振り直しさせる。
これが吉と出るか凶と出るかはその人次第。
運値の低い人間がこれをやると運の負債が出来てしまい、しまいには理想に飲み込まれることとなる。



・海底、もうひとつの国家、失われた都
海の底に沈む、魔界、地上界とは別との場所。
異界の鍵について管理しており、魔界、地上界以外への扉の管理している。
主に開けられたら閉めているだけ。
管理者は「天蠍」



・精神システム
いわゆるSAN値
特殊な精神性、メタ的に言えば発狂や精神に起因する特殊能力に関しての管理をしている。
具体的にSAN値システムが定められているのはこのシステムのせい。
しかしこれもほぼ形骸化しているもので、悪用されることも少ないため出番が無い。
管理者は「魚」