見た目 名前 性別 攻撃型 必要魂数 アクティブスキル パッシブスキル
劉備 魔術系 210 仁者の涙
任意の敵1人にの魔術ダメージを与え、確率で封印状態にする。
皇者の怒り
任意の敵1人に魔術ダメージを与え、確率で敵に付与されているバフを解除する。
無双(蜀)
オーラスキル。味方の出陣している蜀の武将の物理攻撃と魔術攻撃を増加させる。
堅守(蜀)
オーラスキル。味方の出陣している蜀の武将の物理防御と魔術防御を増加させる。
説明 劉備自身はそれほど強くはないが、注目はパッシブスキルであるオーラスキル。
出陣している蜀武将の各攻撃と防御を増加させるという、限定的ではあるが、最強クラスのパッシブスキルを所持している。
しかもパッシブであるため、強化するだけで効果を発揮できるのも強み。
諸葛亮 魔術系 210 奇門遁甲
敵1人に魔術ダメージを与え、確率で“東南の風”状態にする。
八卦陣
敵一列に魔術ダメージを与え、確率で“東南の風”状態にする。更に次のターンから強力なスキルが発動可能になる。
空城
HPが一定以下になると、敵から攻撃されなくなる。
忠武侯
諸葛亮自身が死亡すると、出陣している蜀の武将が怒り状態になる。怒り状態の武将は、攻撃と速度が大幅に増加する。
説明 スキル“八卦陣”を発動した次のターンから、強力な攻撃スキルは発動可能になる。
そのスキルは“東南の風”状態の敵に大ダメージを与えるというもの。
1ターンを要するものの、かなり強力なスキルなので、獲得したら優先して育てよう。
関羽 物理系 130 武聖十連斬
任意の敵1体に物理ダメージを与える。会心が発生した場合、会心ダメージが増加し、会心発生毎に物理攻撃が増加する。
一刀両断
縦1列の敵に物理ダメージを与える。もし会心が発生した場合、確率で目眩状態にする。
精密
自身の命中が増加する。
列陣
味方全体の列に対する被ダメージが低下する。
説明 会心の鬼。スキル“武聖”で会心が発生すると、物理攻撃も増加し凄まじいダメージを叩き出す。
“一刀両断”も敵縦列を攻撃し、会心が発生すると高確率で目眩状態にする。
兎に角会心が重要なので、符文やペットで会心を高めておきたい。
張飛 物理系 210 地裂撃
敵1人に物理ダメージ。同時に自身の速度を増加し、確率で敵を流血状態にする。また敵のHPが少ない場合、追加のダメージを与える。
当陽の大喝
縦1列へ物理ダメージ。同時に確率で流血、及び目眩状態にする。
血の契
自身のHPが一定以上だと、物理攻撃が増加する。
戦力充実
攻撃目標が流血状態の場合、与えたダメージの一定量分を回復する。
説明 物理攻撃が元々高いが、更には高確率で流血状態にする。流血状態では毎ターン追加ダメージを受ける。
自身の残りHPが多いほど物理攻撃が高まるが、流血状態の敵を攻撃すると回復もこなすためスキがない。
流血状態付与を得意とする武将と一緒に出陣させると、より真価を発揮できる。
趙雲 物理系 60 常山の戦神
敵1人に物理ダメージを与える。
七進七出
任意の敵1人に物理ダメージを与える。もし攻撃目標を倒した場合、追加で敵全体に物理ダメージを与える。この全体攻撃は必ずヒットする。
流浪
攻撃を受けた際、確率でダメージを受けず、同時に受けたダメージの一定量を反射する。
龍胆
味方が会心を受けた際、自身の物理攻撃が増加する。
説明 チュートリアル中のスペシャルガチャで必ず手に入る。序盤のアタッカーの要。
“七進七出”は攻撃した敵を倒すと必中の全体攻撃を行う。これが強力で、ある程度序盤の敵であれば、
この1撃で瞬殺できることも。強力な武将が手に入るまでは、優先して育てておこう。
馬超 物理系 210 騎神
敵1人に物理ダメージを与え、命中を低下させる。同時に自身のHPを回復する。もし攻撃目標が男性武将の場合、ダメージが増加する。
錦衣の激戦
敵全体を挑発する。挑発状態の敵は馬超のみを攻撃し、馬超自身は守備状態になり、受けるダメージの全てが低下する。同時に、敵全体の物理防御を低下させる。
強靭
自身のHPを上昇し、HPが一定以下になるとシールドが自動的に付与される。このスキルは1回の戦闘で1度だけ発動できる。
回馬槍
攻撃を受けた際、確率で反撃し、物理ダメージを与える。
説明 最強クラスの肉盾。敵全体を挑発可能で、自身は強化し全ての攻撃を受け止める。
更には“回馬槍”により高確率で反撃まで行うため、攻守に全くスキがない。
またHPが一定以下になるとシールドまで張ってしまうという完璧さブリ。
手に入った場合は、誰よりも最優先で育成しよう。
黄忠 物理系 210 神箭
敵1人に物理ダメージ。神速状態が重複しているほど、威力が上がる。
神速
敵前列へ物理ダメージ。攻撃毎に神速状態になる。
絶迅
毎ターン開始時、確率で神速状態になる。
後手必勝
攻撃を受けた際、確率で神速状態になる。
説明 韓当に近いが、黄忠はスキルにより神速状態をより維持できるようになっている。
AUTOバトルではなく、手動でバトルを行い、
いざという時に神速が重複した“神箭”を発動したいところ。
魏延 物理系 130 反骨
任意の敵1人に物理ダメージを与える。
義憤
任意の敵1人に物理ダメージを与え、確率で流血状態にする。スキル後、味方全体の会心が増加する。
猛撃
自身の物理攻撃が増加する。
強靭
自身の物理突過が増加する。
説明 “義憤”はスキル後に味方全体の会心が増加するので、会心攻撃が強力な関羽と相性が良い。
また確率で流血状態にもするので、于禁と一緒に出陣させるのも悪くない。
黄舞蝶 物理系 130 夢蝶
敵全体に物理ダメージ。敵が幻蝶状態の場合、追加ダメージ。
幻蝶
敵1人に物理ダメージ。確率で幻蝶状態にする。
蝶舞
自身の全ての攻撃時、確率で敵を幻蝶状態にする。
女傑
男性武将へ与えるダメージが増加する。
説明 彼女のみが付与できる“幻蝶”といった状態異常。
敵がこの状態異常になっていると、追加で大ダメージを与えることができる。
パッシブにより確率で全ての攻撃で幻蝶状態にできるのもポイント。
糜夫人 魔術系 70 保護の陣
味方前列に物理ダメージを吸収するシールドを付与する。
薄葬
敵1人に魔術ダメージを与える。同時に確率で昏睡状態にする。
鼓舞
味方全体の回避を増加させる。
女将
男性武将に対するダメージが増加する。
説明 “薄葬”では高確率で敵を昏睡状態にする。
昏睡状態時は被ダメージが増加するので、強力な攻撃で追撃したい。
“保護の陣”は味方前列にシールドを付与するので、アタッカーの生存率が上がる。
鮑三娘 魔術系 70 風追い斬
敵1人に魔術ダメージを与える。
攻療一体
敵全体に魔術ダメージを与える。敵のHPが一定以下になった場合、味方全体のHPを回復する。
閃光
自身の回避が増加する。
立場逆転
男性武将に対して与えるダメージが増加する。
説明 敵全体を攻撃し、敵のHPが一定以下になるのが条件ではあるが、
攻撃と同時に味方全体を回復できる。条件付きとは言え、
味方全体を回復できる武将は少ないので、やや貴重な存在ではある。
関鳳 物理系 70 炎月撃
敵1人に物理ダメージを与え、確率で物理防御を低下させる。
破鎧刀
敵一列に物理ダメージを与え、確率で物理/魔術防御を低下させる。
女傑
男性武将に対するダメージが増加する。
節烈
自身の物理攻撃が増加する。
説明 確率ではあるが、敵の各防御を低下させることができる=純粋に味方全体の火力が上がる、なので重要度は高い。
スキルレベルを上げて、各防御を低下させる確率を高めよう。
関銀屏 物理系 130 鏡月
ランダムの味方1人と一緒に攻撃し、物理ダメージを与える。同時に確率で封印状態にする。
影月
敵1人に物理ダメージを与え、同時に爆弾を仕掛ける。爆弾は数ターン後に爆発し、物理ダメージを与える。もし爆弾を解除すると、その解除した武将に対して物理ダメージを与える。
烈月
自身の男性から受けるダメージが低下する。
流月
敵から攻撃を受けた際、確率でダメージを受けない。
説明 “鏡月”は一緒に攻撃する味方を選ぶことができないものの、高物理攻撃武将と共に攻撃できれば高火力。
“影月”は遅延して爆発する爆弾を仕掛ける。威力は高く、もしその爆弾を解除すると、
その解除した武将にダメージを与えるため、容易には解除もできない徹底ぶり。
黄月英 魔術系 130 看破
任意の敵1人に魔術ダメージを与え、確率で沈黙状態にする。
逆手
任意の敵1人に魔術ダメージを与え、確率で追放状態にする。
神算
味方全体の魔術攻撃を増加させる。
智略
自身の男性武将から受けるダメージを低下させる。
説明 確率だが、各種状態異常を付与できるのはポイント。しかし、黄月英の真価は“神算”にある。
国に関係なく、味方全体の魔術攻撃を増加させるので、主君が魔術型であったり、
強力な魔術攻撃武将を出陣させている場合は、黄月英も出陣させよう。