メモ帳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アサルトライフル/バーストタイプ

トリガーを引くごとに規定数の弾丸を連射するタイプのアサルトライフル。
アサルトライフルとショットガンの中間点のような性質を持つ。

概要

威力上昇のためにフルオート機能を廃したという設定の突撃銃。
なのでトリガーを引きっぱなしだと連射してくれない。
スペック通りの火力を発揮するためには連射間隔ごとに正確にトリガーを引く必要がある。

機能

武器の性質のみ見ると、アサルトライフルとショットガンの悪いところ取りといった印象。
フルオート機能がないため敵群全体に掃射することが難しく、高威力型よりもさらに制圧射撃が困難。
またバースト射撃の威力も同レベル帯のショットガン1発に劣り、1発ごとの攻撃範囲も狭い。
連射弾ということもあり、遠くの敵や空中敵に全弾ヒットさせることはかなり困難。

その代わり武器としての純粋な性能は押しなべて高い。
同レベル帯のアサルトライフル通常型と同等の装弾数・継続火力に、高威力型に迫る威力・射程を併せ持つ。
バースト射撃中でも照準を動かすことは可能なので、掃射なども一応可能。
しかしそのためには正確な間隔でトリガーを引きながら、かなり高速で照準を振る必要がある。
単体の目標に対してはショットガン以上に正確なエイミングも求められる、総じて上級者向けの機種。

歴史

初出は「3」。アサルトライフル全体では比較的最近の形式。
初出時からラインナップは変わらず、初期型のAF14-B3、拡散性の高いAF19X-B3、最終形のAF21-B43丁のみ。
4.1でレンジャー全武装の後期種が強化され、バーストタイプ最終形のB4もその恩恵にあずかった。
ただ最終形でもAF21の発展形なので、インフェルノで通用する武器とはいいがたい。
テクニカルな性質を持ちながら中盤どまりという変わった機種。