スキルの習得


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スキルとは、ある特定の専門分野における知識や経験、身につけた特殊技術のことです。剣や槍、弓矢などの武器の扱い方から、魔法の知識や行使、歴史の知識や言語学、鍛冶、調理、礼儀作法など、さまざまなスキルがあります。
スキルのレベルが高いほど、その分野について深く学び、熟練していることになり、スキルに対応した行動の判定をおこなう際にボーナスを得られ、スキルによっては特殊な行動が可能になるものもあります。
成功判定をおこなう際、目的の行動に関連したスキルを習得している場合、能力値にスキルレベルの3分の1(端数繰り上げ)の値だけボーナスを得られます。

スキルは「経験値」を消費して習得します。それぞれのスキルには易/並/難の3段階で難易度があり、習得に必要な経験値が異なります。
キャラクター作成時には、経験値50点を使ってスキルを習得することができます。

スキル修正/経験値表
スキルレベル 修正値 経験値(累積値)
難易度:易 難易度:並 難易度:難
1 +1 5 10 20
2 10(15) 20(30) 40(60)
3 15(30) 30(60) 60(120)
4 +2 25(55) 50(110) 100(220)
5 30(85) 60(170) 120(340)
6 35(120) 70(240) 140(480)
7 +3 45(165) 90(330) 180(660)
8 50(215) 100(430) 200(860)
9 55(270) 110(540) 220(1080)
10 +4 70(340) 140(680) 260(1340)

例)キャラクターAの目の前には、何かの植物が生えています。この植物が何であるのかと判別するためには、【知力】による判定に成功する必要があります。
Aの知力は12で、〈植物学〉のスキルを3レベルで習得しています。
植物についての知識を表す行為判定なので、知力に〈植物学〉のスキル修正がボーナスとして加えられ、判定の目標値は13になりました。
Aのプレイヤーは、3D6で13以下を出せば、その植物についての知識を持っていたことになります。


名前:
コメント: