ペイント > パターン一覧表

  • 編集者各位:ページ編集時は「編集中!」の文字を貼るのを忘れずに!!

パターン

概要

  • パターンはペイントの上書きとなる。パターンのON/OFFが選べ、ONにしてると選択したパターンが優先される。
    • 元々ペイントで色を弄っていたりしても、その色は消えずにパターンOFFにすれば表示されるようになっている。
  • HG とついているレアリティの高いパターンのみ、色の塗替えが可能。
    • 色変え可能なパターンは追加でパターンカラー設定が表示される。色塗りは通常のペイントと同じ。
  • 詳しい説明はペイントページ参照のこと。
図:4色迷彩HGによる色変更例

種類

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
色変え 特徴 おすすめ
マップ
4色
迷彩HG
☆☆☆ 200 アメリカ陸軍のM81迷彩(ウッドランド迷彩)が元だと思われる.ミリタリーファッション柄としても有名.ヨーロッパの針葉樹林帯での効果を期待して開発された.植生地帯で使用する. 山岳地帯
4色
迷彩01
40 × 山岳地帯
4色
迷彩02
40 × 墜落跡地
熱帯砂漠
4色
迷彩03
40 × 港湾基地
無人都市
スプリッター
迷彩01
40 × 幻惑迷彩(ダズル迷彩)の一つで,フェリス迷彩とも呼ばれる「見えにくくする」ことが目的では無く,敵に 輪郭・大きさ・速度・進行方向・距離 を誤認させることが主目的となる.故にカモフラージュしにくい船舶や航空機に塗装されることが多い. 港湾基地
無人都市
草原
迷彩01
40 × ワルシャワ条約機構迷彩 .旧東ドイツ軍等の共産圏で幅広く使われていた.
豹紋01 40 × レオパルドパターンとしてしられる.
1970年代初期からザイール(現・コンゴ民主共和国)のモブツ大統領警護隊の迷彩に使われていた.草原での迷彩効果もさることながら,畏敬の念の抱かせるヒョウの毛皮をモチーフにしていることから威圧的な示威効果も持ち合わせる.
墜落跡地
熱帯砂漠
多色斑点
迷彩01
40 × オーストラリア軍のAUSCAMと呼ばれる DCPUパターン .米軍ダックハンターに影響を受けている.オーストラリアの地形の航空写真を元に開発された.オーストラリア全域の熱帯ジャングルや乾性低木林で効果を発揮する.
ウサギやコアラ模様が可愛いため,ファッション柄としても用いられることがある.
まだら
迷彩01
40 × 不明.しいてあげるならフランス軍のデザートカモやアメリカ陸軍のコーヒーステイン迷彩,ロシア軍の迷彩が近いか.
雪上
迷彩01
40 × ロシア等で使用される雪上迷彩.真っ白だと逆に目立つため適度に汚れている.
霜降り
迷彩01
40 × 第二次世界大戦後半(ノルマンディー作戦移行)のドイツ国防軍機甲部隊に使用された有名な迷彩パターン.待ち伏せ迷彩(独:Hinterhalt-Tarnung,英:Ambush pattern)と呼ばれる.斑点部分はドットとディスクパターンがあるが ドットパターンは主にDiamler-Benzの工場から出荷された戦車(パンター五号戦車等)用いられた.
フレクター
迷彩01
40 × 現用ドイツ軍のフレクターパターン迷彩.フレックターンとも呼ばれる斑点系迷彩.冷戦期の西ドイツで開発され,東西ドイツ統一後のドイツ連邦軍でも使用されている.近くで見るとドットパターン,遠くで見ると分断迷彩に見えるよう設計されている.Flecktarn(独)は英語でMottle(まだら・斑点模様)の意味. 山岳地帯
砂漠
迷彩01
40 × 現用ドイツ軍やデンマーク軍が使用している砂漠用迷彩を参考にしたと思われる.01は日中、02は夕刻、03は夜間を意識した配色になっている.
砂漠
迷彩02
40 ×
砂漠
迷彩03
40 ×
まだら
斑点
迷彩01
40 × WW2において44年型迷彩服(M44)に採用され,ドイツ武装親衛隊(SS)が使用していた.一般的にはピーパターン迷彩と呼ばれる.
「ピー:pea」とはエンドウ豆のことで,小さな斑点が特徴.
スプリンター
迷彩01
40 × 1920年代の独逸軍で開発された「Splittertarnmuster」と呼ばれる戦闘服用の迷彩パターン.一般的には英訳された「スプリンター迷彩」と呼ばれる.艦艇用のダズル迷彩と同様の設計思想のため,直線的なポリゴン状のパターンで設計されている.幻惑効果に加えてカモフラージュ効果を併せ持つように雨のようなランダムなダッシュパターンが加えられている.
スプリンター迷彩01は「Splittertarn 31 pattern」として有名.
スプリンター
迷彩02
40 ×
デジタル
ドット
迷彩01
40 × 近年主流になりつつあるデジタル迷彩.
コンピューターを用いて想定される戦場の 普遍的な風景の色彩パターンを解析 し,平均的に合致するパターンをデジタル合成してデザインすることで「近くで見たら不自然でも遠めに見てしまえば周りと溶け込んでしまう」迷彩パターンがデジタル迷彩である.
日本の自衛隊もこの2色構成デジタル迷彩を使っている戦車がある.それらを参考にしたと思われる.
01は砂漠、02は都市、03は夜間や宙域を意識した配色になっている.
墜落跡地
熱帯砂漠
デジタル
ドット
迷彩02
40 × 港湾基地
無人都市
デジタル
ドット
迷彩03
40 × 港湾基地
無人都市
市街地
迷彩01
40 × アメリカ海兵隊が1990年台に試験的に開発した迷彩.「アーバンテリアン」や「Tパターン」とも言われる.その名の通り市街地戦向け迷彩だが,試験段階止まりで実戦投入はされなかった. 港湾基地
無人都市
市街地
迷彩02
40 × 港湾基地
無人都市
樹皮柄
迷彩
01
× TREBARK迷彩として広くしられてる民間狩猟用迷彩.木の幹を模したいわゆるリアルツリーと呼ばれるタイプの草分けとも言える柄で,80年代後期~90年代前半にファッションアイテムとしても大ヒットした.映画「ケープフィアー」でロバート・デニーロが最後の復讐するシーンで着ていた迷彩としても有名.
樹皮柄
迷彩
02
×
樹皮柄
迷彩
03
×


アップデート履歴

  • 2019/01/17:新規追加.
  • 2019/01/31:「雪上迷彩」追加.
  • 2019/02/14:「霜降り迷彩」「フレクター迷彩」追加.
  • 2019/02/28:「砂漠迷彩」追加.
  • 2019/03/07:「まだら斑点迷彩」追加.
  • 2019/03/21:「スプリンター迷彩」追加.
  • 2019/04/04:「デジタルドット迷彩」追加.
  • 2019/05/02:「樹皮柄迷彩」追加.

コメント欄


過去ログ 1

  • 編集者の方へ:いつも編集作業ありがとうございます.「改行」は文脈内容的に段落をつけたいときのみご使用ください.「見た目を整えるための改行」は利用者の環境(画面横幅や利用フォント)によってかわってきますので意味がありません.私の環境では改行がガタガタになっていたため,表内の不必要な改行は削除致しました.ご了承ください. - 伏流 (2019-05-03 04:11:43)
  • 「樹皮柄迷彩」追加. - 伏流 (2019-05-02 16:22:34)
    • 「必要DP」欄を削除. - 伏流 (2019-05-02 16:25:35)
  • 「霜降り迷彩」の子細がわかったので記述を追加.「フレクター迷彩」の解説が間違っていたため修正. - 伏流 (2019-04-08 16:06:18)
    • カモ画像について,本家サイトにあがっているものはそちらの高精細画像に差し替え.廃止された「image2プラグイン」を「imageプラグイン」に差替. - 伏流 (2019-04-08 16:18:00)
  • keasemoさんもミリタリーに造詣が深いようですね.パターンの追加および説明ありがとうございました.旧ウィキの説明等も含めて追記致しました.なお,アクセス環境によって画面横幅は変わりますので,改行コマンドは細かく入れなくて大丈夫だと思います. - 伏流 (2019-04-04 22:57:25)
    • かじった程度なので…追加説明ありがとうございます。改行は少なめにしときます。 - keasemo (2019-04-05 19:56:24)
  • 「マーク&パターン」ページから分割しました.元ページはペイント/マーク一覧表に名前を変更しました.こちらのページは新規作成しましたので古い編集履歴を閲覧したい場合にはペイント/マーク一覧表を参照のこと. - 伏流 (2019-02-16 23:09:58)
  • 霜降り迷彩01、フレクター 迷彩01 を画像とともに追加. - pikachusuzuki (2019-02-15 02:29:28)
  • 雪上迷彩01のパターン画像を追加. - pikachusuzuki (2019-02-01 18:39:58)
  • マークとパターンの画像をアップしました. - pikachusuzuki (2019-01-19 21:41:32)
  • マークとパターンの画像は、順次アップする予定です. - pikachusuzuki (2019-01-18 05:37:46)
  • セカンドwikiのデカール、スキンのページから備考・元ネタの転記完了. - pikachusuzuki (2019-01-18 05:18:57)
  • test - pikachusuzuki (2019-01-18 04:30:49)
最新の20件を表示しています.全てのコメントを見る