※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BCI371XL+370XL6MPインク とは

キャノンのインクジェットプリンターで
6色セットの大容量タイプのインクで

年賀状作りなんかでは
大量にインクを使う場合などには活躍してくれる

BCI371XL+370XL6MPは
6色パックということとXLサイズでお得な価格になっています

メーカー推進の純正インクは
高いです 例えばこちら純正参考価格

もうなくなったのって感じることもありますし
使用期間が空くと

インクタンクの中身の液が
蒸発しているのではと疑うほどです

ではこのインク
なぜ高いのでしょう

メーカーにとっては
プリンター本体以上に利益の源泉だからです

メーカーはもちろん
その子会社や

卸店
販売店や量販店など

その裾野は長いのです
1本180円だろうと思うものが

1本1,000円以上しています

その価格部分を解消してくれるのが
互換インクです


BCI371XL+370XL6MP互換インク


現在調査中

なぜ純正インクが数千円するのに
互換インクは安くなるのでしょう

これはまず
メーカーではない業者なので人件費が安くつきます

やはり所帯が大きければロスも増えます
そしてメーカーではないので

人気機種だけ作ればいいので
採算がとれないものはカットも自由です

ただ
メーカーではないので

本当の品質は?です
また

修理が必要な場合
互換インクの使用によりメーカーから

何か指導や
ペナルティーがあるかもしれません

このあたりは
自己責任ということでリスク管理が必要です

純正インクメーカーと
互換インクメーカーや
詰め替えインクメーカーとの

裁判が起こることもあります
消費者として動向は見守らなくてはならないですね


BCI371XL+370XL6MP詰め替えインク


詰め替えインクは純正インク以外で
一番安い筆頭です

カートリッジに自分で液を挿入するので
若干面倒なところもありますが

液体を買うということで
激安なんです


BCI371XL+370XL6MPインクのまとめ


純正インク、互換、詰め替え以外に

リサイクルインクというのがあります
このタイプは

詰め替えインクは液を購入して
自分で注入するのですが

リサイクルインクは
純正の空のインクタンクを業者が集め

洗浄や欠陥部品を替え
液を注入し

再生品として販売するものです
人件費が結構かかるのでしょうか

価格は激安とはいい難いですね


BCI371XL+370XL6MPインクは

価格だけでいけば
詰め替えと互換インクが有利です

メーカーではない業者が製造しているので
後は好みというか自己責任でリスク管理をどこまでかとういうことでしょうか


関連