プレイログ

1ターンの流れを実際にゲームのプレイログとして説明します。

ゲーム開始

  • 互いに6つのライフと、5つのマナを持ちます。
    • これらはカードの効果等以外では、基本的に増えることはありません。

  • アタッカー、ディフェンダーを決めます。
    • アタッカーはパワー値、ディフェンダーはガード値を扱います。
    • アタッカー、ディフェンダーはチェンジ時に入れ替わります。
    • 今回はAがアタッカー、Bがディフェンダーとします。

  • 山札からカードを3枚引きます。
    • これが手札(モンスター)となります。
    • さらに予めマジックカード5枚を手札として持っておきます。

スタンバイ時

  • アタッカー→ディフェンダーの順にモンスターを裏側で場に出します。
    • この時点では互いにどんなモンスターを出したのか分かりません。

サモン時

  • 場に出したカードを表向きに(サモン)させます。
    • この時点で互いにどんなモンスターを出したのか分かります。

Aのカード

サーベルドラゴン
コスト:3/森/ドラゴン/P:3400
能力なし

Bのカード

Bレンジャー・ホーネード
コスト:2/風/インセクト、Bレンジャー/G:1800
特殊能力:ビー・バレット
このカードのパワー値、ガード値は自分の手札のマジックカードの数×400上がる。

バトル開始時

  • 属性を比べ、有利不利を決めます。
    • 具体的には有利な属性の値を200上げ、不利な属性の値を200下げます。
    • 森属性は風属性に弱いので以下のようになります。

Aのカード

サーベルドラゴン
コスト:3/森/ドラゴン/P:3400


コスト:3/森/ドラゴン/P:3200


Bのカード

Bレンジャー・ホーネード
コスト:2/風/インセクト、Bレンジャー/G:1800


コスト:2/風/インセクト、Bレンジャー/G:2000

  • 最終的に値の大きいほうの勝ちですが、現時点ではAのサーベルドラゴンが勝っています。
  • しかし、BのBレンジャー・ホーネードには特殊能力があります。

特殊能力:ビー・バレット
このカードのパワー値、ガード値は自分の手札のマジックカードの数×400上がる。

  • 上の説明にあるように、値を自分の手札のマジックカードの数×400上げることができます。
  • Bのマジックカードは5枚なので、以下のようになります。


Bのカード

Bレンジャー・ホーネード
コスト:2/風/インセクト、Bレンジャー/G:2000


コスト:2/風/インセクト、Bレンジャー/G:4000

  • Bの値が上回りました。

バトル中

  • アタッカー→ディフェンダー→アタッカー…の順にモンスターの能力やマジックカードを使用します。
    • 互いに使用しない状態が続いたらバトル時へと移ります。

Aのカード

サーベルドラゴン
コスト:3/森/ドラゴン/P:3200
能力なし

Bのカード

Bレンジャー・ホーネード
コスト:2/風/インセクト、Bレンジャー/G:4000
特殊能力:ビー・バレット
このカードのパワー値、ガード値は自分の手札のマジックカードの数×400上がる。


  • アタッカーのAから行動します。ここでAはマジックカードを使いました。

ノームの土
発動条件:バトル中、自分のモンスターが森属性
自分のモンスターのパワー値・ガード値を1000上げる。

  • 上の説明にあるように森属性の値を1000上げます。
  • サーベルドラゴンは森属性なので以下のようになります。

Aのカード

サーベルドラゴン
コスト:3/森/ドラゴン/P:3200


コスト:3/森/ドラゴン/P:4200

  • 次はBの番ですが、Bは何も使用しないこととします。
  • Aも使用しなかったため、バトル時へと移ります。

バトル時

  • アタッカーとディフェンダーのモンスターの値を比べ、高い方を勝者とします。

Aのカード

サーベルドラゴン
コスト:3/森/ドラゴン/P:4200
能力なし

Bのカード

Bレンジャー・ホーネード
コスト:2/風/インセクト、Bレンジャー/G:4000
特殊能力:ビー・バレット
このカードのパワー値、ガード値は自分の手札のマジックカードの数×400上がる。

  • この場合サーベルドラゴンの値の方が高いので、Aを勝者とします。

バトル終了時

  • 勝ったモンスターを勝者ゾーンへ、負けたモンスターを敗者ゾーンへ置きます。
    • この場合サーベルドラゴンは勝者ゾーン、Bレンジャー・ホーネードは敗者ゾーンへ置かれます。

  • 敗者はライフを1つ失います。
    • これでライフが0になったプレーヤーをゲームの敗者とします。

チェンジ時

  • 互いに手札(モンスター)の枚数が3枚になるように山札からカードを引きます。

  • その後アタッカーとディフェンダーを入れ替えて、スタンバイ時へ戻ります。
    • ここまでが1ターンです。

このように、

モンスターを出す。


モンスターの値を能力やマジック等で交互に変動させる。


最終的に値が大きい方が勝ち。

を繰り返して、相手のライフを先に0にしたほうが勝ちです。