「ブルンデルレ プレミアム・ロブスト」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ブルンデルレ プレミアム・ロブスト」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-*シガーレビュー(レビュアー:Y)
+*シガーレビュー(レビュアー:S)
 ブルンデルレ プレミアム・ロブスト
 1本1100円。127㎜。喫煙時間45分。
 
 ・トップ
 軽やかなナッティーな甘みが喫味の主体を務め、湿気に濡れたウッドのしっとりとした味わい、非常に軽やかでマイルドな沃土のアロマも孕んでいる。
 ダビドフ・ファミリー系統や、アップマンのトップに感じられるライトな喫感。
 
 ・トップ・ボトム~プレ・ミドル
 喫味に、より透き通ったスムースな感覚をみる。
 しっかりと湿度を孕んだ土の風味には天然の甘味を感じ、極めて朝の時間帯にマッチする。
 紫煙は極シルキーだかやや細く儚い印象。
 瑞々しい森林浴のアロマ、ナッツの繊細なほの甘さ、口腔に残る適度な酸味も心地良い。
 遠くにパイナップルのような甘酸っぱさがある、新鮮なスウィートサワー・プロフィール。
 
 ・ミドル
 フレッシュな杉の木皮のエアー感、浅薄な湿土の芳香、柔らかな木由来の酸味、余韻に柑橘の風味。
 
 ・ミドル・ボトム
 灰は比較的脆く、2㎝程度で自然と折れる。
 舌先に疼くような香ばしい酸味。
 やや刷毛で舌上を塗られるような喫味に違和感があるものの、マイルドかつサワーな喫感に不愉快さは一切感じられない。
 
 ・プレ・ラスト
 舌先にぴりっと感じる程度のやや強かな酸味、樹木由来の渋味も強まる。
 香りは潤い豊かな草木香。
 苦味より渋味がゆっくりと燃焼を経て伝わってくる。
 苦味とコクの追走が足りないからか、少し物足りない。
 全体の均衡が崩れ始めた印象、不協和音的に生じる雑味感、強く燃やすと、それらがより明瞭に感じられる。
 
 ・ラスト
 この辺りで少なくとも多少の旨味がやって来るかと思ったけど、喫味はずっとアストランジェント。
 木の渋味と酸味がここから一層強まる。
 若干やってきた木皮系統の煮出したような旨味を酸味・渋味が掻き消す。
 
 うーん、改善は見られないようなので、ここで終わり、残り4㎝を残して終了する。
 後味にも酸味が残り、尚早を感じる一本。